GJ > 競馬ニュース > 田辺「記者に逆ギレ」!?
NEW

JRA田辺裕信「記者に逆ギレ」!? 「中山大スランプ」でイライラ爆発、東京開催はもっと期待薄か

【この記事のキーワード】
JRA田辺裕信「記者に逆ギレ」!? 「中山大スランプ」でイライラ爆発、東京開催はもっと期待薄かの画像1

 JRAきっての”中山巧者”がスランプに陥っている。

 20日、中山競馬場で行われたAJCC(G2)で、2番人気に支持されていたジェネラーレウーノ(牡4歳、美浦・矢野英一厩舎)。騎乗する田辺裕信騎手が中山競馬場を得意としていることもあり、圧倒的な支持を獲得した「フィエールマン×C.ルメール騎手」の対抗筆頭として名が上がっていた。

「ですが、いざレースが始まってみると2番手から消極的な競馬で4着。1000m通過が62.2秒というスローペースから、最後の直線で切れ味勝負に持ち込まれ馬券圏外に終わっています。

 陣営は戦前に『瞬発力勝負だと分が悪い』と語っていたものの、田辺騎手が自ら積極的に動こうとはしなかったためか、現場からは『無理に抑え込み過ぎ』『切れるタイプではないのだからもっと早めに行かないと……』と厳しい声が相次いでいましたよ」(競馬記者)

 ファンの期待を裏切る結果に終わってしまった田辺騎手。これまで田辺騎手は、一昨年84勝中47勝、昨年は85勝中31勝をあげるなど、中山競馬場を得意としていた。だが、今年は少々事情が変わっているようだ。

JRA田辺裕信「記者に逆ギレ」!? 「中山大スランプ」でイライラ爆発、東京開催はもっと期待薄かのページです。GJは、競馬、の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着
  2. 菊花賞を前に「無念のリタイア」から約2年…イクイノックス&ドウデュース世代の「元クラシック候補」が待望の復帰!
  3. 「コンビ復活」C.ルメールと負けられない戦い!ジャスティンミラノ、ダノンデサイルに引けを取らない素質馬が登場
  4. C.ルメール「恒例のアレ」でリーディング争いも一休み? 酷暑予想の新潟参戦もノーザンファームがバックアップ
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  7. D.レーン「緊急登板」で宝塚記念に参戦濃厚! 3連勝中のパートナーにダービー馬以上の手応えも…武豊ドウデュースに「思わぬ難敵」登場か
  8. レイデオロ「期待の星」が今週末デビュー!晩成かそれとも早熟か…2年目の巻き返しへ勝負の夏
  9. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  10. C.ルメール「定位置」返り咲きは時間の問題?川田将雅を圧倒した5月の快進撃… 「コンビ4戦4勝」ジャスティンパレスと宝塚記念参戦!