GJ > 競馬ニュース > 武豊ウィーク
NEW

「武豊ウィークのスタートです」武豊騎手が巻き返しを宣言!有言実行の重賞4連勝へ、まずは浦和記念(G2)で「大記録達成」の圧勝劇!

【この記事のキーワード】, ,
takeyutaka0904.jpg

 この秋、どこか精彩を欠いている天才騎手が”悪い流れ”を振り払うために、高らかと「反撃」を誓った。

 22日、JRAの武豊騎手が『週刊大衆』(双葉社)で連載している自身のコラムを更新。「この秋、一つくらいは……と密かに燃えていたG1レースで、まだ爪痕さえ残すことができないまま」と秋G1で結果が出ていない悔しさを露わにしている。

 確かに「これぞ、天才・武豊」と呼び声高かった今春の大活躍に比べると、この秋は一息。

 アウォーディーでJBCクラシックを勝利したものの、今秋のG1制覇はそれだけ。スプリンターズSを皮切りに開幕した秋のG1戦線でも、気を吐いたのはエアスピネルの菊花賞3着だけで、大きな期待が集まったエイシンヒカリの天皇賞・秋では12着に大敗している。

 挙句の果てに先週のマイルCS(G1)では、抜群の手応えで迎えた勝負所で落馬寸前の不利。本人が「転倒しなくて良かったよ」と述べたように、大きな事故に繋がらなかったのは何よりだが、結果の求められるG1で”踏んだり蹴ったり”の状況が続いている。

 対して、この春はキタサンブラックで天皇賞(G1)を勝ち、フランスのイスパーン賞(G1)をエイシンヒカリで歴史的な圧勝劇を演じると、コパノリッキーでかしわ記念(G1)と帝王賞(G1)を制覇。

「武豊ウィークのスタートです」武豊騎手が巻き返しを宣言!有言実行の重賞4連勝へ、まずは浦和記念(G2)で「大記録達成」の圧勝劇!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  4. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  5. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  8. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  9. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  10. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野