GJ > 競馬ニュース > エイシンヒカリVSモーリス「最終決戦」
NEW

武豊エイシンヒカリVSムーアモーリス「最終決戦」は香港C! 世代を牽引したスター2頭のラストランは激戦必至!

【この記事のキーワード】, ,
tennoushouakimo-risu.jpg天皇賞を制したモーリス(競馬つらつらより)

 先月の天皇賞・秋(G1)を圧倒的な強さで勝利したモーリス(牡5 美浦・堀厩舎)が、12月11日に開催される香港C(シャティン 2000m)の招待を受託。ラストランで国内外中距離G1連覇を狙う。

 鞍上は引き続き英の名手・R.ムーア。抜群の折り合いで同馬を「2階級王者」に導いたベストパートナー。昨年の香港マイルでも同騎手で完勝しており、一切の不安はない。

 今回の参戦によって、国内の注目度はより大きなものとなることは確実。なぜなら、昨年この香港Cを制したエイシンヒカリ(牡5 栗東・坂口厩舎)も同レースに出走する可能性が高いからだ。

 今年仏・イスパーン賞を完勝したエイシンヒカリは、国際的にも高い評価を受けた。しかし前走の天皇賞では、モーリスが中距離王に輝くのをはるか後方で見届ける12着惨敗。現5歳世代を代表する逃げ馬が、中距離王となったモーリスにリベンジを果たすのか注目だ。

 エイシンヒカリは昨年、この香港Cで見事な逃げを披露しG1初制覇。国内では伸び悩みを語る声も多い中、香港の強豪を相手に余裕の逃げ切り勝ちは多くのファンと関係者を驚かせた。鞍上は、これまで8戦に騎乗した武豊騎手だろう。

武豊エイシンヒカリVSムーアモーリス「最終決戦」は香港C! 世代を牽引したスター2頭のラストランは激戦必至!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 新種牡馬サートゥルナーリア産駒「超大物候補」がいきなりデビュー!?「名牝シーザリオ伝説」新章へ…注目2歳馬ピックアップ
  2. 【日本ダービー】武豊「35回目挑戦」で初のコンビ継続! シンボリクリスエスとも意外な接点…「連対率100%」はシュガークンに追い風か
  3. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  4. オークス「本命」は去年から決めてました! キャプテン渡辺「大穴はこれだ!!」神の馬券術による極選穴馬【徒然なる神のくず競馬トーク】
  5. JRA「3歳賞金王」はジャンタルマンタル、ジャスティンミラノにあらず!? 日本不在の“裏”賞金王の存在と、新種牡馬サートゥルナーリアが1強にならない異変
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  7. J.モレイラ「短期免許」条件クリアに暗雲…「スムーズな競馬ができなかった」マスクトディーヴァで痛恨の取りこぼし、残るチャンスはあと「2回」
  8. 【オークス(G1)予想】ステレンボッシュから魂の6点勝負! 5年連続10番人気以下が激走レースで「極上穴馬」指名
  9. JRAジャパンC(G1)「史上最高」アーモンドアイ参戦もまさかの低レベル!? コントレイル、デアリングタクトでもない…… 下馬評1番人気はあの馬
  10. オークス(G1)は左回りの連対率100%のあの娘から! 気になる“特製もんじゃ”と前走・桜花賞組?【UMAJOモモのオイシイ競馬】