GJ > 競馬ニュース > 地方競馬がJRA以上の躍進!? 
NEW

地方競馬がJRA以上の躍進!? ネット投票の恩恵を受け狙うは地方所属馬初のクラシック制覇?

【この記事のキーワード】, ,
keibamiho.jpg

 地方競馬の売上躍進が著しい。一時は競馬事業の廃止を検討する自治体も珍しくなかったが、近年は売上を大幅に伸ばしている競馬場も少なくない。

 佐賀競馬は2013年度から黒字経営を続けており、昨年10月には前年の同月比106.4%増の約88億円を記録。開催日数が増えるどころか、2日減っていることを考えれば驚異的な数字だ。収支は4年連続で黒字の見通しがたっているという。

 また2015年度ながらも、大井競馬場も総売上は約1111億7281万円と前年比111%を達成している。さらに昨年末に開催された東京大賞典レース単体の売上が37億3269万5200円で、この日の総売上は61億9493万3590円を記録。昨年、川崎競馬場が更新した地方競馬上の1日の売上レコード(JBC競走/48億7402万2850円)を塗り替えてみせた。こちらも16年度の総売上額が前年を上回る可能性が高いだろう。

 昨年のJRA年間総売上は前年比103.4%で2兆6708億8026万1600円。2011年に東日本大震災の影響もあり落ち込んだものの、その後は年を追うごとに回復している。ただ、額はJRAよりも劣るものの、この地方競馬の売行きの伸び幅は無視できるものではない。

地方競馬がJRA以上の躍進!? ネット投票の恩恵を受け狙うは地方所属馬初のクラシック制覇?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  3. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  4. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  7. 武豊クラシック有力お手馬「回避」も大役に気合! 皐月賞馬と涙を呑んだ30余年前の日本ダービー…偉大なホースマンの「花道」を飾れるか
  8. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  9. 古豪ディープボンド「新パートナー」と阪神大賞典へ! ゴールドシップに並ぶ大記録狙うも、立ちはだかるのは「元主戦」の和田竜二!?
  10. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!