GJ > 競馬ニュース > 米最高峰の舞台に立った隻眼馬  > 2ページ目
NEW

競馬版『無限の住人』!? 米最高峰の舞台に立った「独眼竜」馬に熱視線も、意外と多い「隻眼の強豪」

【この記事のキーワード】, ,

 キョウエイレアは、入厩後の事故により左目の視力を失った。だが、そのハンデを物ともせずに1984年の高松宮杯(当時、G2)で優勝するなど、34戦9勝をあげている。その姿から「独眼竜」とも呼ばれ人気を博した。

 デビュー後、ウォーキングマシンでの調整中に右目をぶつけて失明したのはルーベンスメモリーだ。隻眼なれども、着実に成績を積み重ね6歳時にはOPクラスにまで上り詰めている。だがOPの壁に跳ね返され、その後は勝利を上げられず、翌年に引退。現役時の主戦騎手は柴田善臣騎手が務め、2005年の年間100勝目を同馬で飾った。その時の勝利インタビューで、「自分の100勝より、この馬の1勝を大事にしたい」と話したことは、いまだにファンの中で語り草となっている。

 ハート模様のアイパッチが縫い付けられているメンコがトレードマークとなり、人気を得たのはニシノチャーミーだ。06年7月のデビュー戦、8月の函館2歳S(G3)を連勝。今後が期待されたものの、その年の秋に放牧先で左目を負傷し、眼球摘出の憂き目に遭ってしまう。それでも現役を諦めることなく、桜花賞(G1)、キーンランドC(G3)に出走するなど活躍した。

 ケンタッキーダービーに出走した隻眼馬のパッチが、今後続けて開催されるプリークネスステークス(G1)、ベルモントステークス(G1)らに出走するかはまだ不明だ。だができることならば、パッチが漫画『無限の住人』(講談社)の主人公・万次さながらに、レースで縦横無尽に暴れる姿を見てみたいものだ。

競馬版『無限の住人』!? 米最高峰の舞台に立った「独眼竜」馬に熱視線も、意外と多い「隻眼の強豪」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【小倉大賞典】10万馬券を演出した今村聖奈と分かれた明暗…「106戦1勝」の同期に訪れた試練の時
  2. C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」G1の舞台で超大物誕生の予感? 圧倒的な強さに陣営は米クラシックも視野…気になるのは「鞍上問題」の行方か
  3. 【フェブラリーS】「馬に申し訳ないです」騎手が謝罪の大敗もノーカン?人気急落だからこそ侮れない… 勝率「1.9%」でもアノ馬の激走に要警戒
  4. 【フェブラリーS】ハイペース追走ウィルソンテソーロ「完敗」で初G1制覇持ち越し…今年重賞で「オール圏外」松山弘平には厳しい声も
  5. 「再生回数340万超」話題沸騰の武豊×蛯名正義コンビが好素材で白星! 期待される「あの超大物」に続く活躍
  6. 武豊「ノーステッキ」でドウデュースの再現!? 格の違い見せた「久しぶりにこの馬らしい走り」…大本命の川田将雅は力負けの馬券圏外
  7. 【フェブラリーS】三冠馬の主戦はなぜ「最低人気馬」を選択したのか?「何だか勘違いされてる方いるみたい」渦中の調教師が憶測に反論
  8. 【フェブラリーS】なぜ川田将雅の代打が「リーディング50位騎手」なのか…最後のG1迎える名伯楽が託した「ロードカナロアの背中を知る」男
  9. 「天才ジョッキー」再登場も幻の1着!? 大波乱フェブラリーSの裏で珍事が発生…“シルヴァーソニック級”神騎乗に驚きの声
  10. あの「人気競馬YouTuber」がフェブラリーSで超高額配当ゲット!? 「払戻いってくるね」わずか1分40秒足らずで平均年収に近い金額もまさかの結末