GJ > 競馬ニュース > 丸山元気「初日本ダービー」
NEW

JRA丸山元気「初日本ダービー」に感激! アドマイヤアルバ騎乗を呼び込んだ「バイオリズム」

【この記事のキーワード】, ,
JRA丸山元気「初日本ダービー」に感激! アドマイヤアルバ騎乗を呼び込んだ「バイオリズム」の画像1

 2018年の1回新潟開催(4/28〜5/20)のリーディングジョッキーは、12勝を挙げた美浦の丸山元気騎手。2010年、2016年に続いて3度目。5/20現在、全国リーディング12位で31勝を挙げており、昨年の年間勝利数は29勝なので、半年も経たずにすでに上回っている。絶好調だ。

 かつて2年目の2010年92勝、2011年72勝を挙げるなど活躍していた丸山騎手だが、このところは年間30勝前後。騎乗数はそれなりに確保できているが、エージェント制が普通となっている昨今、良い馬は外国人ジョッキーやリーディング上位の騎手に渡るため、そこで勝ち星を積んでいくのはキツイことだろう。

「ところが、本人は我々の見方とは少し違っているようです。以前、丸山騎手は『あの頃(2010、2011年)は出来過ぎで、恵まれた結果でした。いつもそこと比較されるんですが、このところの自分の成績が今の自分なんです』と語っています。なので本人は近年の30勝台とあの2年とを比較することは無いようです。ただ、年間50勝を目標にしているので、そこに到達できていない自分に苛立ちはある。しかし今は、根本厩舎に野中悠太郎騎手、そして、藤田菜七子騎手が所属となり、先輩ジョッキーとして厩舎を盛り立てていて、昨年は2年目以降の成績ではワーストの勝利数でしたが、腐ることなく今年は積極的に乗りに行っていますね」(競馬記者)

 勝ち星が増えれば騎乗依頼も増えるのは自然なことであり、そんなバイオリズムの好転は、新潟大賞典で11番人気のナスノセイカンを3着に持ってきて、万馬券を演出したことなどに繋がって行く。

 新潟リーディングが決定となったときの丸山騎手の談話で、「まだまだ勝てるレースもありましたが、いい流れを続けることが出来ました。今回の新潟での好調があったからこそ来週のダービー初騎乗に繋がったと思いますので、この調子を維持できるように頑張ります」と語っていた。

 そう、今週27日に開催される日本ダービーで、丸山騎手はアドマイヤアルバへの騎乗が決まったのだ。昨年の桜花賞以来。なんと1年2カ月ぶりのG1騎乗を大変喜んでいた。

JRA丸山元気「初日本ダービー」に感激! アドマイヤアルバ騎乗を呼び込んだ「バイオリズム」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 横山武史「コメントしないから!」に現場騒然…怒りが収まらなかったソールオリエンスの惜敗、手塚貴久師「2馬身くらいロス」の裏事情
  2. 天皇賞・秋(G1)イクイノックス対ドウデュースが実現!川田将雅の有力馬とあの「香港最強馬」の再戦も!?
  3. 幻のダービー馬と菊花賞馬の「落選」を惜しむ声続々…メイケイエールも一歩届かず、ぬいぐるみ化が実現したのは?
  4. 「レイデオロ以上の乗りやすさ」C.ルメールがゾッコンの大物登場か…「失敗種牡馬」の評価を覆す反撃、エフフォーリアの鹿戸雄一師も「いいモノを持っていそう」
  5. 「距離延びていいと思わん」安藤勝己氏がセントライト記念組を辛口ジャッジ! 元一流騎手の見解に「今年はお願いしますよ」の声が出たワケ
  6. 1着賞金「約5億円」でも重賞じゃない!? 武豊が挑むジャパンCや有馬記念並みの注目レース、オオバンブルマイと「大盤振る舞い」なるか
  7. 武豊「秋華賞見学」の可能性も…ソーダズリング「完敗」で本番出走に黄色信号、桜花賞のパートナーも路線変更で見込み薄?
  8. 風雲急を告げる菊花賞戦線…ソールオリエンスが敗れタスティエーラは「50年ぶり」の壁、混戦模様のキーワードは「マヤノトップガン」を探せ?
  9. JRA荻野極と横山武史が「誤爆」で一触即発!?「ふざけんな!ナメてんのか!」1番人気大敗の腹いせにタオル投げるも……
  10. 「帰国」J.モレイラも心中複雑!? ソールオリエンスと互角「噂の大物」圧巻デビューに“マジックマン”がベタ惚れ