GJ > 競馬ニュース > 丸山元気再ブレイク!?
NEW

JRA丸山元気騎手「引退」発言から再ブレイク!? デビュー2年目「92勝」から低迷6年……自称「一発屋」復活の影に藤田菜七子騎手?

【この記事のキーワード】, ,
JRA丸山元気騎手「引退」発言から再ブレイク!? デビュー2年目「92勝」から低迷6年......自称「一発屋」復活の影に藤田菜七子騎手?の画像1

 関東の丸山元気騎手が、その名の通り「元気」だ。特に先週は新潟で13鞍に騎乗し、3連勝を含む5勝2着4回と爆発。勝ち星を24勝まで押し上げ、関東リーディング5位に名を連ねる躍進ぶりだ。

「先月、福島で通算400勝を達成した際は、奇遇にも西浦勝一調教師も通算400勝を同時達成となり、珍しいケースとして印象に残っていました。インタビューの際にはプラカードを持った妹弟子の藤田菜七子騎手を始め、騎手仲間がたくさん祝福に集まっていましたね。

関東の騎手の中では珍しく、いつも冗談を言っているような明るい性格で、後輩騎手の受けもいい。ここ最近の関東では田辺裕信騎手や石橋脩騎手が台頭してきましたが、丸山騎手もそこに割って入れるだけの技量は持っていると思います。最近は関西の厩舎からの騎乗依頼も増え始めていますしね」(競馬記者)

 通算400勝達成のインタビューでは『(この日の)5Rの時に、最後の直線で僕が先頭に立った時は、結構(通算400勝達成か!という)歓声が湧いたんですけど……僕の声援じゃなくて追い上げてきた菜七子の声援でした(結果は菜七子騎手が1着、丸山騎手は2着)。僕の時も、そういう歓声が沸くように頑張ります』と観客を笑わせていた丸山騎手。これには後ろでプラカードを持っていた菜七子騎手も笑いを堪えられなかったようだ。

 今年、ここまで好調の波に乗っている丸山騎手だが、多くの競馬ファンとっては「中堅騎手」もしくは「地味騎手」という印象が強いのではないだろうか。実際に、ここ5年間は2013年の46勝が最高という成績。昨年もわずか29勝に終わっており、決して目立つ活躍が出来ていたわけではない。

 しかし、実はデビュー当初の丸山騎手は「次代を担う関東期待の新人」として大きくクローズアップされていた。

JRA丸山元気騎手「引退」発言から再ブレイク!? デビュー2年目「92勝」から低迷6年……自称「一発屋」復活の影に藤田菜七子騎手?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  5. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  9. 宝塚記念(G1)前にドウデュース主戦・武豊が絶好調! メインレース勝利を含む「パーフェクト連対」、2歳新馬は「6馬身差」の圧勝劇
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは