GJ > 競馬ニュース > 「疑惑」のJBCレディス  > 2ページ目
NEW

武豊を「激怒」させた地方騎手が心中を吐露……交流G1完全制覇を阻まれた「疑惑」のJBCレディスクラシック(G1)を振り返る

【この記事のキーワード】, ,

「中央競馬のファンにとっては、あまり馴染みのない大井所属の真島騎手によるアクシデントであり、被害を受けたのが競馬界を代表する武豊騎手ということで、普段の審議以上に様々な議論を集めました。

武豊騎手もレース直後は、さすがに怒り心頭だったとか……。その後、自らの公式HPで『そもそも降着制度って、今回のケースのような1対1の有利不利を救済するためのものではなかったのでしょうか』とルールに疑問を投げかけており、地方勢にとっては確かに歴史的な1勝でしたが、後味の悪い一戦になってしまいました」(競馬記者)

 あれから約10カ月、渦中にいたララベルの主戦・真島騎手が『netkeiba.com』の連載企画『俺たちTCKジョッキーズ』に出演。大きな議論を巻き起こした昨年のJBCレディスクラシックについて心中を吐露している。

 真島騎手は、当時を振り返って「自分のせいで後味がちょっと悪くなってしまいました。気持ちが強すぎて、一心不乱というか周りが見えなくなって追っていました。勝ったことは良かったんですが、人に迷惑をかけてしまい、関係者の方には申し訳ない気持ちです」と謝罪。自らに非があることを深く反省しているようだ。

 大井を始めとする地方競馬最大の激戦区・南関東で主に騎乗し、今年にも通算2000勝に到達することが濃厚な真島騎手。TCK初の実質的なフリーに転向するなど、今や南関東を代表する騎手の一人である。

 しかし、そんな大井の名手にとっても、ララベルは「この馬だけは、本当に言葉に表せない。人生のパートナーとして挙げてもいいくらい」「ララベルに乗っていなかったら、自分はこれだけの勝利数を挙げていなかった」と述べるほど、特別な存在だったようだ。

 それは管理する荒山調教師ら陣営も同じだったようで、能力試験の時から「この馬で大きい所を獲りたいですね。後々JRAとやれれば……」と大きな夢を抱いていたという。だからこそ、「それ」が実現するか否かという瀬戸際で「一心不乱というか周りが見えなくなった」ということなのだろう。

武豊を「激怒」させた地方騎手が心中を吐露……交流G1完全制覇を阻まれた「疑惑」のJBCレディスクラシック(G1)を振り返るのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】