GJ > 競馬ニュース > ゴールドドリーム回避
NEW

JRAチャンピオンズCゴールドドリーム回避……突然のアクシデント

JRAチャンピオンズCゴールドドリーム回避......突然のアクシデントの画像1

 2日に中京競馬場で開催されるチャンピオンズC(G1)。今年も多くのダート有力馬が顔を揃えたが、その中でも優勝候補の1頭として数えられていたゴールドドリーム(牡5歳、栗東・平田修厩舎)が回避を発表した。

「日刊ゲンダイ 競馬」のTwitterによれば、回避は「右肩の筋肉痛のため」だという。管理する平田調教師は、昨日の調教後に違和感があり、良化傾向にあるものの「まだ完全ではないので出走を見送ることを決めた」と語る。今後は放牧に出され、「回復次第で東京大賞典が視野に入ってくると思う」と明かした。

「今回は3歳ダート最強馬ルヴァンスレーヴと昨年の優勝馬ゴールドドリームとの頂上決戦第二幕に注目が集まっていました。

 前回の南部杯マイルチャンピオンシップ(G1)ではルヴァンスレーヴに軍配が上がったものの、今回は200mの距離が延長。そしてルヴァンスレーヴにとっては初となる中京競馬場だったので、ゴールドドリームに分があると見る人も多かったのですが……。リベンジが期待されていただけに、ゴールドドリーム陣営は無念さを噛み締めているでしょうね」(競馬誌ライター)

 ゴールドドリームは1週前追い切りでは、CWコースで6F80秒5-1F11秒8を記録する軽やかな動きを見せ、順調さをアピールしていた。それだけに平田調教師は断腸の思いで今回の回避を決めたのだろう。

 次走は回復次第で東京大賞典に向かうというゴールドドリーム。暮れの大一番に姿を見せてくれるのだろうか?

JRAチャンピオンズCゴールドドリーム回避……突然のアクシデントのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」
  2. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  3. ドゥラメンテ産駒「ダート女王」がいよいよ戦列に復帰!「2度のすれ違い」を経て武豊と待望のコンビ実現へ
  4. 今村聖奈の「同期」がいよいよエンジン全開!? まさかの「全敗」スタートも攻めの姿勢で白星量産、関西名門と関係構築&開催リーディング奪取へ
  5. 「史上最高配当演出」武豊が大爆発した先週末…ウィルソンテソーロは乗り替わりに賛否両論、レベル疑問の決戦で「勝負気配」匂わせていたレジェンド
  6. 関東圏ラストの新馬戦で「芦毛の怪物」の末裔がデビュー!「令和の時代に見られるとは感慨深い」上積み必至で今後も要注目?
  7. 「13番人気の武豊は買い!」意外なデータで判明した天才騎手の攻略法。阪急杯もフェブラリーSに続く100万馬券?
  8. イクイノックス、ドウデュース倒した実力証明に最適?「ツイていない男」に状況が好転…栄冠つかんだ「思い出の舞台」で皐月賞馬に激走の予感
  9. JRA北村宏司「落馬重傷」の容態、そして全容……「騎乗停止」C.ルメール騎手だけでなく”連鎖”してしまったアクシデントの数々
  10. 【フェブラリーS】レース直前に「920万円投入」で人気急上昇?超大穴ペプチドナイルに激走サイン…「安過ぎる153万馬券」に陰謀論唱えるファンも