NEW

JRA「ガラスの一族」2歳新馬シルヴェリオに「超大器」のウワサ……絶好調ハーツクライ産駒の”真打ち”が間もなく登場!

【この記事のキーワード】, , ,
JRA「ガラスの一族」2歳新馬シルヴェリオに「超大器」のウワサ......絶好調ハーツクライ産駒の真打ちが間もなく登場!の画像1

 9日、東京競馬場で行われた新馬戦(芝1800m)は、1番人気のワーケアが快勝。一昨年のセレクトセールにおいて1億1500万円で落札されたハーツクライ産駒が、単勝1.9倍の人気に応えた。

 また、先週の新馬戦でレイデオロの弟として注目されたアブソルティスモを破った、サリオスもまたハーツクライ産駒。

 今年のクラシックこそ日本ダービー(G1)のロジャーバローズ、オークス(G1)のラヴズオンリーユーなどディープインパクト産駒が存在感を示したが「来年のクラシック」に向け、早くもハーツクライ産駒が抜群の船出を見せている。

 そんな”絶好調軍団”の真打ちと早くからウワサされているのが、シルヴェリオ(牡2歳、栗東・池添学厩舎)だ。

「これまで乗った馬の中で、一番といえるレベル」

 かつて世界No.1に評価されたジャスタウェイや、エピファネイアといった歴史的名馬の主戦を務めた福永祐一騎手から「歴代No.1評価」を受けながらも、度重なる故障によって「未完の大器」に終わってしまったシルバーステート。

 昨年のダービー馬ワグネリアンとデビュー戦でハナ差の接戦を演じ、次走の未勝利戦を圧勝しながらも故障でクラシックを棒に振ってしまったヘンリーバローズ……。

 シルヴェリオの「母シルヴァースカヤ」の産駒は類稀なる素質を秘めながら、いつも脚元に問題を抱え、故障に苦しんできた。競馬界を代表するガラスの一族……無事でさえいれば、一体どれだけの成績を残したのかは、競馬ファンの間でも語り草になっている。

 しかし、末弟のシルヴェリオは一族の悲願といえるクラシック参戦を、十分に叶えられるだけの資質を感じさせているという。

JRA「ガラスの一族」2歳新馬シルヴェリオに「超大器」のウワサ……絶好調ハーツクライ産駒の”真打ち”が間もなく登場!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【東京新聞杯(G3)予想】ナミュール、ピンハイは力不足で切り!? 切れ味だけでないマイル重賞だから拾える穴馬をチョイス
  2. 和田竜二「200連敗」の原因にJRA新ルール? “闘魂”を奪われたファイターが大苦戦…遠い2023年初勝利
  3. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  4. 【きさらぎ賞(G3)予想】オープンファイアは「遅い」ので切り!少頭数だから3連複1点で仕留める!
  5. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  6. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  7. 武豊&ライトクオンタム、桜花賞「直行」に蘇る5年前の明暗。アーモンドアイが全国区になり、ラッキーライラックの無敗街道が終わった日
  8. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  9. JRA武豊「G1級」超強力パートナーをゲット! C.ルメール、福永祐一も能力の高さに太鼓判、嬉しい誤算が舞い込んだ裏事情
  10. 今村聖奈が快勝も「ブチ切れ案件」? JRA安藤勝己氏「ルメール向きの馬やない」賛否分かれた降板を一刀両断! 武豊、福永祐一に匹敵する注目度の騎手?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】