GJ > 競馬ニュース > ダンシングプリンス過大評価は禁物!?
NEW

JRAカペラS(G3)「ダートの怪物」ダンシングプリンス過大評価は禁物!? 7連勝の期待かかるも…… 前走パフォーマンスに危険な匂い

【この記事のキーワード】,

JRAカペラS(G3)「ダートの怪物」ダンシングプリンス過大評価は禁物!? 7連勝の期待かかるも…… 前走パフォーマンスに危険な匂いの画像1

 13日、中山競馬場ではダートのスプリント重賞・カペラS(G3)が行われる。JBCスプリント(G1)を勝利した大井のサブノジュニア、同レースで8着に敗れたものの、1番人気に支持されたジャスティン、室町S(OP)を快勝のレッドルゼルなど楽しみなメンバーが揃った。

 中でも大きな注目を集めそうなのが地方から来た怪物ダンシングプリンス(牡4、美浦・宮田敬介厩舎)だろう。昨年夏に小倉でデビューしたが、芝のレースを連敗。地方競馬に移籍するとダートで素質が開花。圧倒的な強さを見せる3連勝で再びJRAに復帰した。

 無敵の快進撃はJRAでも続き、こちらでも3連勝を決め、地方時代を含めると6連勝の離れ業を披露。ついに重賞初挑戦の舞台となったのがカペラSだ。

 その一方、これまで戦ってきた相手より一気にメンバーが強化されることに一抹の不安がある。中央でもダンシングプリンスは1勝クラス、2勝クラス、3勝クラスと勝ち上がったが、2着馬との差はクラスが上がるごとに1秒6、0秒7、0秒2と徐々に詰まって来ているのは気になる材料である。

 過去10年、カペラSで前走が3勝クラスだった馬は【1.0.0.13/14】と不振。唯一勝利を挙げたのは3歳で出走したディオスコリダーのみ。データ的には苦戦する可能性も十分だろう。

 また、時計面でも不安は残る。今秋の中山競馬場で行われたダート1200n条件の特別戦の最速はヒデノヴィーナスが重でレコード勝ちしたながつきS(OP)の1分8秒5。このレースは重で時計が出やすかったことを考慮しても、ロードラズライトが勝利した初風S(3勝クラス)は良で1分9秒9という好タイムが出ている。

 これに対し、ダンシングプリンスの前走・外房S(3勝クラス)は1分10秒4と見劣りする。初風Sで逃げた2着馬シスルが1分10秒3だったことから、重賞以前に同じ3勝クラスのレースとの比較でも分が悪いといえそうだ。

「時計だけの単純比較ではありますが、昇級したロードラズライトがその後にOPを3戦して3着、7着、5着と勝ち負けするほどの走りをしていないのは気になります。重賞ならまだ情状酌量の余地もありますが、OPで勝ち切れない現状となっています。

同馬を物差しにすると、同じ中山ダート1200m条件で見劣ったダンシングプリンスの重賞勝利は難しいと言わざるを得ませんね。むしろここで強い勝ち方をするようなら、相手関係的にもG1で通用の期待が持てそうです」(競馬記者)

 今春、厩舎を開業した宮田調教師に初勝利をプレゼントしてくれたのがダンシングプリンス。そのあまりの強さに陣営からは来年の海外遠征の声も出たほどだった。

 今後を見据えるにあたってもここは重要な試金石となる今回、見事7連勝で厩舎の期待に応えることができるだろうか。

JRAカペラS(G3)「ダートの怪物」ダンシングプリンス過大評価は禁物!? 7連勝の期待かかるも…… 前走パフォーマンスに危険な匂いのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】