GJ > 競馬ニュース > ディープモンスターに池江泰寿軍団の法則!?
NEW

JRA「目標はダービー」武豊ディープモンスターに池江泰寿軍団の法則!? 待望の「季節」到来に今週も大攻勢!

【この記事のキーワード】,

JRA「目標はダービー」武豊ディープモンスターに池江泰寿軍団の法則!? 待望の「季節」到来に今週も大攻勢!の画像1

 2月末の競馬開催は、定年などでターフを去る調教師たちのラストウィークとなる。今年も8人の調教師がトレーナー人生に幕を下ろすことになった。

 そんな名調教師たちからバトンを受けて、今後の競馬界を牽引する現役トレーナーのなかでも、注目したい一人が池江泰寿調教師だ。

 27・28日の開催では「池江軍団」9騎がスタンバイ。土曜日は「阪神芝3200m」のコースが話題の松籟(しょうらい)Sに、シロニイとシルヴァーソニックが登場。小倉の春麗ジャンプS(OP)ではフォイヤーヴェルクを出走させる。さらに日曜日の中山記念(G2)にはクラージュゲリエ、阪急杯(G3)にはジャンダルムを送り込むほか、すみれS(L)には、話題のディープモンスターが出走する。

 過去5年の成績を調べると、実は池江厩舎は1年のなかでも、2月末から3月にかけて好成績を残している。

●池江泰寿厩舎2月最終週成績(2016−2020年)
47-23-27-146/243

 2016年から20年までの累積成績をみると、勝率19.3%、連対率28.8%、複勝率は4割に迫る39.9%をマークしている。

 また3月に限定すると、近5年の年別での月間成績は以下。毎年3勝以上をキープしているのだ。

●池江泰寿厩舎3月成績(2016−2020年)
20年3-5-3-21/32
19年4-2-3-19/28
18年3-5-6-19/33
17年7-3-3-18/31
16年4-0-5-15/24

 ちなみに2004年の開業以来、2020年までの3月成績は「64-49-60-251/424」で、勝率15.1%、連対率26.7%、複勝率40.8%と、さすがの成績を残している。

 なかでもクラシック路線へ向けて仕上げる3歳馬が強い。2017年には、2月末のアーリントンC(G3)をペルシアンナイトで制したほか、3月は毎日杯(G3)をアルアインで勝利。その後の皐月賞(G1)は、この2頭で「池江厩舎ワンツー」を決めたのは記憶に新しいところだ。

 ほかにも、過去を遡れば管理馬オルフェーヴルは、2011年3月のスプリングS(G2)優勝後、一気にクラシック三冠制覇。なんとその年の有馬記念も制してしまった。

JRA「目標はダービー」武豊ディープモンスターに池江泰寿軍団の法則!? 待望の「季節」到来に今週も大攻勢!の画像2

 思い返せば、昨年3月のスプリングSもヴェルトライゼンデが2着しており、素質馬を地道に教育して、温かくなる時期に一気に開花させる……これこそ「池江軍団」が2月末から3月に好成績を残している秘密かもしれない。

 そして今週開催のすみれSでも「池江軍団」は過去2勝をマーク。2018年にキタノコマンドール、19年サトノルークスで勝利している。

 今回出走予定のディープモンスターにも、当然期待がかかる。「目標はダービー」と公言している池江泰寿調教師としても、力の入る一頭であることは間違いないだろう。

 同馬の父・ディープインパクトを育て上げたのは、他ならぬ自身の父・池江泰郎氏。また、デビュー以来手綱をとる武豊騎手とは旧知の仲だ。保育園から小・中学校の同級生で、父が騎手から調教師になる家庭環境まで一緒だった。

 少年時代から学校で競馬の話ばかりしていたという2人の「競馬オタク」の夢を乗せて、ディープモンスターはその名にふさわしい「怪物」のような走りをみせるか。

「父の管理したディープ産駒で、同級生の武豊と一緒に凱旋門賞を制したい」と語る池江泰寿調教師。壮大な夢の一歩となるかもしれないすみれSに注目したい。

JRA「目標はダービー」武豊ディープモンスターに池江泰寿軍団の法則!? 待望の「季節」到来に今週も大攻勢!のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】