GJ > 競馬ニュース > 川田将雅 松山弘平は「眼中」になし!?
NEW

JRA 松山弘平は「眼中」になし!? 川田将雅「重賞8勝目」リーディング争いもC.ルメールと一騎打ちの様相

【この記事のキーワード】, ,

 10日、阪神競馬場で行われた阪神牝馬S(G2)はデゼル(牝4歳、栗東・友道康夫厩舎)が優勝。騎乗した川田将雅騎手は、今年の重賞8勝目と絶好調だ。

 レースは12頭立ての芝1600m戦。川田騎手が「前半はこの馬のリズムで運ぶ形を」と振り返ったように、デゼルは後方に控える形でレースを進めた。

 川田騎手がレース後「終いはいいので、そこを大事にして乗りました」と語った通り、ジックリと構え直線勝負。4コーナーを曲がって外に持ち出すと、最後は上がり3ハロン32.5秒の豪脚で内の各馬をねじ伏せている。

「追い切りに跨って特徴を掴ませてもらっていたし、その通りの競馬ができましたね」と納得の表情を見せた川田騎手。「独特の走りをしますが、無事にここまで辿り着けましたからね。距離は大丈夫だし、左回りになっても問題ないと思います」とヴィクトリアマイル(G1)に向けての期待も口にした。

 そんな川田騎手だが、3月に入ってからの重賞成績は圧巻で、チューリップ賞(G2)のエリザベスタワーを皮切りに、毎日杯(G3)シャフリヤール、高松宮記念(G1)ダノンスマッシュ、先週の大阪杯(G1)もレイパパレで制し、今回のデゼルで3週連続重賞勝利と、その勢いが止まらない。

 この日も7鞍に騎乗したが、内4鞍で勝利を挙げた川田騎手。前半1Rは3着、3Rは4着に終わったが、尻上がりに調子を上げた後半8Rからの5鞍で4勝と、まさにデゼルさながらの追い上げを見せた。

 今年はこれで41勝となり、リーディング2位の松山弘平騎手まであと2勝。だが、川田騎手の目標は2位ではなく、あくまで頂点だ。リーディングトップを走るC.ルメール騎手にも、あと15勝と背中が見える位置まで迫っている。

 一方の松山騎手は今週から2週間の騎乗停止に加え、騎乗停止明けにはデアリングタクトと香港のクイーンエリザベス2世C(G1)へ。帰国後、2週間の自主隔離に入ることから、合計5週間も戦線から離脱することになる。

 やはり、リーディング争いは今年もルメール騎手と川田騎手の一騎打ちという様相になるだろう。

 そのルメール騎手は、この日は中山で騎乗。メインのニュージーランドT(G2)では1番人気のアヴェラーレに騎乗し、直線で詰まって15着と敗れている。

 川田騎手とは対照的に3月に入ってからは重賞勝ち鞍がなく、不振に苦しむルメール騎手。重賞での直接対決も、6戦して川田騎手が5回先着と完全に後れを取っている状態だ。

JRA 松山弘平は「眼中」になし!? 川田将雅「重賞8勝目」リーディング争いもC.ルメールと一騎打ちの様相のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  4. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」