NEW

JRA サンデーレーシング有力3歳が揃って「毎日王冠」に参戦する背景とは? 結果次第で中距離路線「戦国時代」突入も

JRA サンデーレーシング有力3歳が揃って「毎日王冠」に参戦する背景とは? 結果次第で中距離路線「戦国時代」突入もの画像1
シュネルマイスター 撮影:Ruriko.I

 上半期のG1シーズン終了からはや1ヶ月。夏競馬が本格的に始まり、2歳新馬戦を中心に毎週熱いレースを繰り広げられている。

 白毛の桜花賞馬ソダシをはじめ、宝塚記念(G1)を制したクロノジェネシスなど、春競馬を語る上で欠かせないのが、G1を4勝しているサンデーレーシングだろう。

 クロノジェネシスやグランアレグリアといったサンデーレーシングの有力馬が続々と次走を発表するなか、28日にシュネルマイスター(牡3歳、美浦・手塚貴久厩舎)とグレートマジシャン(牡3歳、栗東・宮田敬介厩舎)の2頭が毎日王冠(G2)に出走することを表明した。

 毎日王冠は秋の東京開催開幕週に行われる芝1800mの重賞だ。天皇賞・秋(G1)やマイルCS(G1)を目標にしている馬のステップレースとして知られ、毎年多くの有力馬が出走している。

 しかし、近年は外厩施設の発展などの影響で、目標とするレースに直行するケースも珍しくなくなったため、相対的にステップレースの価値が下がりつつある。特にサンデーレーシングはノーザンファーム系列の外厩を使うことが多く、2頭が毎日王冠へ出走を決めたことは少々意外にも映る。

 シュネルマイスターに関しては、マイラー色の強い3歳馬が2年続けて毎日王冠を制していることが影響していると思われる。また、将来的なことを考えると、1800mを勝利することができればレース選択の幅が広がるだろう。中2週で天皇賞・秋へ向かう算段や、翌年3月に行われるドバイターフ(G1、メイダン芝1800m)がレースプランに入ってくることだろう。

 グレートマジシャンに関しては、毎日王冠の舞台である東京芝1800mは2勝と好相性だ。また、重賞勝利等がなく本賞金が少ないため秋G1へ向け少しでも賞金を加算したいところだろう。

 仮にシュネルマイスターとグレートマジシャンの2頭が、毎日王冠で好成績をおさめることがあれば、自ずと天皇賞・秋へ参戦するプランが浮上してくることだろう。

 それが叶えば、2頭は既に天皇賞・秋出走を表明しているグランアレグリアやコントレイルらと対戦することになる。加えて、ダービー馬シャフリヤール、今年の大阪杯(G1)を制したレイパパレはじめ現役屈指の中距離馬も参戦することになれば、今年の天皇賞・秋は歴代屈指の好メンバーで争われることになるかもしれない。

 2頭の結果次第で、中距離路線は今後有力各馬高い能力を有する「戦国時代」に突入する可能性をはらんでいる。

(文=寺沢アリマ)

<著者プロフィール>
大手スポーツ新聞社勤務を経て、編集部所属のライターへ。サラ系・ばん馬のどちらも嗜む二刀流で「競馬界の大谷翔平」を目指すも収支はマイナス。好きな競走馬はホクショウマサル。目指すは馬券的中31連勝だが、自己ベストは6連勝と道は険しい…。

JRA サンデーレーシング有力3歳が揃って「毎日王冠」に参戦する背景とは? 結果次第で中距離路線「戦国時代」突入ものページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. タイトルホルダーにジェラルディーナ、スターズオンアースも参戦に名乗り!?豪華絢爛にファンから「有馬記念並み」の声、大阪杯(G1)に「歴代最高」メンバー集結か
  2. C.ルメール「空気を読まない」武豊斬りの裏で痛恨アクシデント、かつてクラシック候補と呼ばれた逸材が復帰も…待ち受けていた悲しい現実
  3. 【川崎記念(G1)予想】3連勝中のウシュバテソーロは切り!逃げ先行が有利なレースで浮上する穴馬に勝算あり
  4. JRA福永祐一「ラストライド」の中京で同期が泥沼の大不振! 連敗続くG1ジョッキーも複数、今年まだ勝利なしの騎手は誰?
  5. 元JRA安藤勝己氏「ルメール向きの馬やない」賛否分かれた降板をバッサリ、元主戦の岩田康誠はシルクロードSでまさかの悪夢
  6. JRA今村聖奈が快勝も「ブチ切れ案件」? ネット上では「返金じゃないの?」「語り継がれる珍事件」など様々な声
  7. 武豊vs福永祐一「14年ぶり」真冬の小倉合戦が勃発!? レジェンドの貫録か、名手の有終の美か…記録と記憶を懸けた名勝負に注目
  8. D.レーン「絶賛」の大器がドゥラメンテ輩出の出世レースを快勝!バトンタッチの横山武史は「よりどりみどり」で嬉しい悲鳴?
  9. JRA川田将雅「リーディング陥落」で黄色信号!? 戸崎圭太やC.ルメールも反撃の狼煙、きさらぎ賞(G3)大本命フリームファクシに一抹の不安
  10. 武豊「もう少し配慮してほしかった」JRAへ怒り心頭!? C.ルメール新型コロナ「検査OK」なのに14日間“強制”自宅待機の裏側