GJ > 競馬ニュース > 偉大な先駆者が残した2つの功績
NEW

JRA武豊や柴田善臣に記録を塗り替えられた「第一人者」にクローズアップ! 時代に風穴を開けた偉大な先駆者が残した2つの功績

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊や柴田善臣に記録を塗り替えられた「第一人者」にクローズアップ! 時代に風穴を開けた偉大な先駆者が残した2つの功績の画像1

 8日の新潟11RレパードS(G3)で優勝した柴田善臣騎手。55歳0ヶ月10日での重賞制覇は、2002年のステイヤーズS(G2)を54歳0ヶ月31日で制した岡部幸雄元騎手のJRA最年長重賞勝利記録を塗り替えた。

 また、去る2019年11月30日の阪神競馬では、当時50歳の武豊騎手が1日3勝をマーク。同年のJRA年間勝利数を104勝として、岡部元騎手が2000年に記録した103勝を上回り、JRAの50代騎手の年間最多勝記録を更新している。

 このように、年齢にまつわる記録が塗り替えられるときには、必ずといってよいほど名前 が挙がる岡部元騎手。今回、柴田善騎手が更新したように、記録というものはいつか誰かに抜かれる運命にある。

 今後も岡部元騎手の記録が全て破られたとき、かつての輝きは消え失せてしまうのだろうか。

 いや、決してそんなことはないと断言できるほど、岡部元騎手が日本の競馬界に残した功績は大きいといえる。今回は柴田善騎手が岡部元騎手の記録を更新した今だからこそ、あえて成績や記録ではわからない、岡部元騎手の偉大な功績を紹介したい。

 ひとつめは“海外挑戦”の先駆者となった点だ。

 岡部元騎手が初めて海外競馬に触れたのは、今から50年も昔の話。1971年のオークス(G1)を制したご褒美で、米国カルフォルニアのサンタアニタ競馬場を訪れた際に、騎手のレベルの違いにカルチャーショックを受けたという。

 過去の雑誌インタビューでは、「騎乗フォームはもちろん、馬に対する接し方もまるで違った」と告白。その後も年末年始のオフを利用して、積極的に海外渡航を繰り返し、騎乗馬がいなくても現地で調教をつけ、厩舎の仕事を手伝った。

 しかも、その渡航費などは全て自費。当時は「アメリカかぶれ」など、陰口を叩かれたという岡部元騎手。こうした行動や、培った経験が、1998年のタイキシャトルでのジャックルマロワ賞(仏・G1)優勝に繋がっていく。

 日本調教馬の歴史的な転換期ともいわれるタイキシャトルの仏G1制覇。普段はクールな岡部元騎手もこのときばかりは“男泣き”。現在は米国だけでなく、欧州の競馬場まで日本人騎手が騎乗に出掛け、勝利することが珍しくなくなった背景には、岡部元騎手のチャレンジを抜きに語ることはできない。

 もうひとつの功績は、こちらも今では当たり前となった、厩舎に所属しない“フリー騎手”の先駆けになった点だ。

JRA武豊や柴田善臣に記録を塗り替えられた「第一人者」にクローズアップ! 時代に風穴を開けた偉大な先駆者が残した2つの功績のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】