NEW

今村聖奈に続き坂井瑠星も“イチャイチャ動画”が流出!? パートナー愛を試される大一番

今村聖奈に続き坂井瑠星もイチャイチャ動画が流出!? パートナー愛を試される大一番の画像1
今村聖奈騎手 撮影:Ruriko.I

 先週末までに48勝をマークし、大台となる年間50勝の到達が確実視されている1年目の今村聖奈騎手。土曜にはハンデ戦の中日新聞杯(G3)でコトブキテティスと新コンビを結成し、区切りの10度目となる重賞騎乗も決まった。

 同レースに出走する各馬の斤量が発表され月曜。コトブキテティスのハンデはメンバー最軽量の51kgに決定し、48kgでも騎乗可能なスーパールーキーに白羽の矢が立った形だ。

 そんな今村騎手だが、今どきの10代女子らしく普段からSNSを駆使し、ファンに情報を発信していることでも知られる。フォロワー数はインスタグラムが3万人超、Twitterは10万人に迫る勢いだという。

「アカウント開設から10年近く経っている池添謙一騎手のTwitterのフォロワー数が約15万人ですから、開設1年足らずで10万人突破が見えている今村騎手の注目度の高さが改めて分かりますね。

誕生日を迎えた先月28日には、誕生日ケーキを手にした写真とともに『19歳も頑張ります!』というメッセージを投稿していました。これには1000件を超えるお祝いメッセージとともに3万以上の『いいね』がついていました」(競馬誌ライター)

 いわばインフルエンサーとしての顔も持つ今村騎手だが、先月22日には「いい夫婦の日」というハッシュタグとともにある馬と戯れる動画を投稿していた。「厩舎でいつも私の遊び相手をしてくれる大好きなブラビオとのイチャイチャ動画あげときます」と、目がハートマークの絵文字を付けてつぶやき、仲睦まじい相手が3月に自身が初勝利を飾った時の相棒だったことを明かした。

「もちろんレースでは勝負師に徹している今村騎手ですが、オフの時は写真や動画をアップして馬の可愛さを積極的に発信しています。生まれたときから馬が身近にいる環境で育っていることもあって、Twitterなどを見ていても本当に馬が大好きということが伝わります」(同)

坂井瑠星騎手も“イチャイチャ動画”が流出!?

今村聖奈に続き坂井瑠星もイチャイチャ動画が流出!? パートナー愛を試される大一番の画像2
坂井瑠星騎手

 ブラビオとのイチャイチャ動画を自らアップした今村騎手に対し、今週になって予期せぬ“スクープ”をTwitterにアップされたのが坂井瑠星騎手だ。

 6日に『東スポ競馬』のTwitterアカウントから坂井騎手の動画が投稿された。「そ、そういう関係だったんですね」と、のぞき見している顔とハートマークが添えられたメッセージとともにアップされた動画には坂井騎手とラヴェルの仲睦まじい姿が収められていた。

「これを撮影したのは『大阪スポーツ』の赤城真理子記者だったようで、本人が自身のアカウントに『いちゃいちゃしてました』というコメントとともに坂井騎手とラヴェルが写った写真も投稿していました。

ご存じの通り、このコンビは今週末の阪神JF(G1)に参戦予定。前走のアルテミスS(G3)の勝ちっぷりから優勝候補の一角に名前が挙がっています。ラヴェルは自厩舎(矢作芳人厩舎)の馬ですし、普段から濃密なコミュニケーションを取っているのでしょう。

動画内でも坂井騎手のラヴェル愛がヒシヒシと……。デビュー戦こそ坂井騎手が海外渡航中だったため、騎乗は叶いませんでしたが、2戦目にコンビを組んでいきなり結果を残しました。坂井騎手は今年の秋華賞でG1初勝利を収めましたが、次は師匠の矢作先生と美酒を味わいたいと思っているはず。ぜひ2歳女王の座をつかんでほしいですね」(同)

 7日には坂井騎手を背に栗東坂路で最終追い切りが行われ、ラヴェルは目下の充実ぶりをうかがわせる軽快な動きを見せた。今週末は、思わぬ形で“イチャイチャ動画”が流出してしまった坂井騎手とラヴェルの人馬一体の走りに注目だ。

中川大河

〈著者プロフィール〉

競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

今村聖奈に続き坂井瑠星も“イチャイチャ動画”が流出!? パートナー愛を試される大一番のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA京都記念(G2)エフフォーリア横山武史に別れの予感!? 愛ゆえに発生したクラシック候補の鞍上問題、代役を任されたのは意外なビッグネーム
  2. 新たな「クロフネ来襲」で日本人騎手は面目丸潰れ!? JRA信者になったアノ騎手も再来日を熱望…「国外逃亡疑惑」の問題児も存在感
  3. JRA武豊インティ級の新星登場か、「低レベル」コントレイル世代から遅れてきた大物が登場? ヴェラアズール、ジュンライトボルトに続いた「三番目の風」
  4. シルクロードS(G3)ナムラクレア、マッドクールも危うし!? 今村聖奈のテイエムスパーダも被害、「ルーティン崩れ」で独壇場に黄信号
  5. 元JRA藤田伸二氏「頭おかしいんちゃうか?」岩田康誠を猛批判! 騎乗馬にムチで“後脚キック”誘発か……ばんえい競馬事件を超える悪質行為「幅寄せ事件」の真相
  6. JRA根岸S(G3)テイエムサウスダンは「転厩」で消し? 無視できぬデータから浮上した「オイシイ実力馬」とは
  7. 北島三郎オーナーが激怒か……キタサンブラックを「邪魔」したアノ馬に「勝てもしないくせに」?
  8. 第二のダイアトニック出現?まさかのコンビ解消でも目が離せない勝負師・岩田康誠
  9. お馴染み・細江純子氏の「暴走」が止まらない! 「私はサセコ」のぶっちゃけ発言に競馬ファン愕然
  10. 「伝説の新馬戦」圧勝の大器と福永祐一が新コンビ! 復権へ負けられない一戦