NEW

「168か月連続」勝利の剛腕騎手が泥沼156連敗…丸2か月勝利なしも、今週末は固め打ちのチャンス!?

【この記事のキーワード】, ,
「168か月連続」勝利の剛腕騎手が泥沼156連敗…丸2か月勝利なしも、今週末は固め打ちのチャンス!?の画像1
和田竜二騎手

 かつてテイエムオペラオーとのコンビで一世を風靡した和田竜二騎手。G1・8勝を含めJRA重賞通算50勝を誇る競馬界を代表する騎手の一人だが、丸2か月にも及ぶ連敗地獄に苦しんでいる。

 現役騎手の中では10位の通算1435勝を挙げているベテランは、2017年に自己ベストの年間96勝をマークすると、翌18年の宝塚記念(G1)をミッキーロケットとのコンビで勝利。実に17年ぶりにG1を勝利するなど、40代に入ってからも存在感を示してきた。

 その後もコンスタントに勝ち鞍を重ね、近2年も年間50勝近い勝利数を記録している。しかし、昨年11月19日の8Rで1番人気のイスラアネーロを勝利に導いたのを最後に、その後は目下156連敗という泥沼に陥っている。

「騎乗馬の多くが人気薄だったのも事実ですが、これだけ続くと少々心配になりますね。振り返ってみると、和田竜騎手は2008年12月から昨年11月まで168か月(14年)連続で最低1勝は記録していました。しかし、昨年12月にその記録がストップ。今年に入ってからもいまだ勝利がありません。ただし、156まで伸びた連敗中も2着が14回、3着も16回あるので、連敗を止めるのは時間の問題でしょう」(競馬誌ライター)

 56歳の柴田善臣騎手や53歳の武豊騎手ら50代の騎手も現役で活躍する中、45歳の和田竜騎手が老け込むにはまだ早いだろう。

今週末は固め打ちのチャンス!?

 連敗が続いたとはいえ、今年に入ってからも乗り鞍も安定し、関係者からの信頼は変わらず厚いまま。中京で騎乗する今週末も土曜日が8鞍、日曜日はメインの東海S(G2)を含めて10鞍を確保している。

「今週末は東海Sのアイアンバローズを筆頭に、日曜4R(3歳1勝クラス)に出走するメイクザビート、同日8R(4歳以上1勝クラス)のルシャリーブル、10R長篠S(3勝クラス)のタガノディアーナなど有力馬への騎乗を予定しています。特に10鞍を確保した日曜日は楽しみな馬も多いので固め打ちという形で2か月間の鬱憤を晴らしてくれるかもしれませんね」(同)

 和田竜騎手は突如訪れた丸2か月間勝利なしという危機的状況をどのような形で脱するのか。今週の騎乗は大いに注目したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「168か月連続」勝利の剛腕騎手が泥沼156連敗…丸2か月勝利なしも、今週末は固め打ちのチャンス!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【川崎記念(G1)予想】3連勝中のウシュバテソーロは切り!逃げ先行が有利なレースで浮上する穴馬に勝算あり
  2. C.ルメール「空気を読まない」武豊斬りの裏で痛恨アクシデント、かつてクラシック候補と呼ばれた逸材が復帰も…待ち受けていた悲しい現実
  3. 元JRA安藤勝己氏「ルメール向きの馬やない」賛否分かれた降板をバッサリ、元主戦の岩田康誠はシルクロードSでまさかの悪夢
  4. タイトルホルダーにジェラルディーナ、スターズオンアースも参戦に名乗り!?豪華絢爛にファンから「有馬記念並み」の声、大阪杯(G1)に「歴代最高」メンバー集結か
  5. JRA今村聖奈が快勝も「ブチ切れ案件」? ネット上では「返金じゃないの?」「語り継がれる珍事件」など様々な声
  6. JRA福永祐一「ラストライド」の中京で同期が泥沼の大不振! 連敗続くG1ジョッキーも複数、今年まだ勝利なしの騎手は誰?
  7. JRA武豊、福永祐一に匹敵の注目度?「3連単151万円超」演出…アノ騎手の覚醒を期待する声
  8. 川田将雅「ドン詰まり」で好素材が黒星発進…関西の名門厩舎2騎に明暗
  9. D.レーン「絶賛」の大器がドゥラメンテ輩出の出世レースを快勝!バトンタッチの横山武史は「よりどりみどり」で嬉しい悲鳴?
  10. 【きさらぎ賞(G3)展望】ディープインパクト「3.3億円」ラストクロップVS金子真人オーナー期待の良血馬!