NEW

【根岸S(G3)展望】蛯名正義調教師「岩田康誠→C.ルメール」新コンビ結成のテイエムサウスダンに注目!

【根岸S(G3)展望】蛯名正義調教師「岩田康誠→C.ルメール」新コンビ結成のテイエムサウスダンに注目! の画像1
テイエムサウスダン

 冬の東京開催のオープニングを飾る重賞・根岸S(G3)が29日、東京ダート1400mを舞台に行われる。

 このレースはとにかく脚質が重要で過去10年の4角通過順別の成績を見ると、2番手以内は「0-1-0-22」、4番手以内でも「1-4-2-44」と前に行った馬の低調ぶりが目立つ。一方で、5番手以下が「9-6-8-83」、10番手以下でも「6-3-5-47」と差し追い込み勢が好成績を残している。有力各馬の脚質にも触れながら展望していきたい。

 今年の主役を務めるテイエムサウスダン(牡6歳、美浦・蛯名正義厩舎)は、昨年の当レースを4角7番手から豪快に差し切ったが、本来は先行タイプ。その後の競馬でも4角5番手以内で結果を出しており、今回はどんな戦法に出るのかにも注目が集まる。

 中央・地方合わせてダートの短距離重賞を5勝しているテイエムサウスダンだが、昨年の根岸Sまでは地方での走りに比べて中央では苦戦を強いられていた。

 しかし、6番人気で迎えた一戦でJRA重賞初Vを飾ると、続くフェブラリーS(G1)は逃げて2着。その後は勝利こそないが、7着に敗れた前走JBCスプリント(G1)以外は馬券に絡んでいる。

 テイエムサウスダンにとって前走の敗戦は、大きな転機となるかもしれない。1年ぶりに掲示板を外したことで、2年前の黒船賞(G3)から10戦中9戦で手綱を取ってきた岩田康誠騎手が降板の憂き目に遭ってしまった。

『東京スポーツ』によると、蛯名調教師は「これまで乗ってくれた(岩田)ヤスが悪いわけではないけど、ここ2戦勝てていないので…」と岩田康騎手が降板に至った理由を説明。「厩舎として心機一転、違うジョッキーにお願いすることにしました」と、C.ルメール騎手に白羽の矢を立てたことを明かした。

 ルメール騎手にはフェブラリーSと2レースをセットで依頼をしたようだが、重賞初勝利を狙う蛯名調教師の采配は吉と出るか、それとも凶と出るか。

 そんなテイエムサウスダンの対抗格として名前が挙がるのは、昨秋の武蔵野S(G3)1~2着の2頭だ。

 ギルデッドミラー(牝6歳、栗東・松永幹夫厩舎)は、3歳時にNHKマイルC(G1)で3着に入るなど、長らく芝のマイル路線で活躍。2~3着は何度もあったが、重賞制覇には手が届いていなかった。

 しかし、昨年夏に新境地を開拓。ダート替わり初戦のNST賞(OP)で2年5か月ぶりの勝利を挙げると、続くグリーンチャンネルC(L)でも2着に好走。そしてダート3戦目の武蔵野Sでは先行勢が残る展開の中、4角7番手から上がり3ハロン最速タイの末脚で差し切り、重賞初制覇を遂げた。

 ダート替わりで結果を残したのは、まさにオルフェーヴル産駒の成功パターン。さらなる飛躍に期待したいところだが、所属するシルクレーシングの規定でギルデッドミラーは今春をもっての引退が既定路線となっている。

 根岸Sをステップに、フェブラリーSが引退レースとなるのか。限られた現役生活の中、重賞3連勝でのG1制覇を遂げるためにもここは通過点にしたい。

【根岸S(G3)展望】蛯名正義調教師「岩田康誠→C.ルメール」新コンビ結成のテイエムサウスダンに注目!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 超良血「10冠ベビー」が黒星スタート…若武者×気鋭トレーナーが手痛い敗戦
  2. G1・34勝ジョッキーが「自己ワースト」更新中…共同通信杯で大チャンス到来も「深刻度」は和田竜二以上!?
  3. 武豊「偉業達成」の裏で空気一変!? 関西の名手が「負の連鎖」断ち切る快勝でドウデュースやエフフォーリアも油断禁物?
  4. JRA武豊「サザエさん観なきゃ」に福永祐一も苦笑い!? 迷言に多くのファンからツッコミも…東京新聞杯(G3)は揃って「あとワンパンチ」のダダ滑り
  5. JRA大物離脱に鞍上交替…「風雲急を告げる」フェブラリーS(G1)、持っている騎手と持っていなかった騎手に「痛過ぎる」明暗
  6. 福永祐一「1番人気4着が多い」は嘘か本当か? 武豊、C.ルメール、川田将雅らと比較したら驚きの結果に
  7. お馴染み・細江純子氏の「暴走」が止まらない! 「私はサセコ」のぶっちゃけ発言に競馬ファン愕然
  8. たった一度G3ではなく「重賞」として格付けなしのダートで開催された共同通信杯を勝った怪物とは
  9. 京都記念(G2)武豊×ドウデュースに一抹の不安…マカヒキ、ワグネリアンも屈した「負のジンクス」とは
  10. JRA 岩田康誠「即日騎乗停止」でもはや四面楚歌!? 擁護の声は皆無に等しい日常の言動、関係者も危惧していた先輩騎手からの“後輩いびり”