NEW

「伝説の新馬戦」圧勝の大器と福永祐一が新コンビ! 復権へ負けられない一戦

【この記事のキーワード】, ,

「伝説の新馬戦」圧勝の大器と福永祐一が新コンビ! 復権へ負けられない一戦の画像1

 28日、中京競馬場の芝1600mで行われる白梅賞(1勝クラス)。昨年の勝ち馬カワキタレブリーは後にNHKマイルC(G1)で3着。また歴代の勝利馬には二冠馬ネオユニヴァースなども名を連ねている。

 春の大舞台と結びつきを感じさせるこのレースで、4ヶ月ぶりとなる復帰戦を迎えるのがカルロヴェローチェ(牡3歳、栗東・須貝尚介厩舎)だ。

 同馬は、昨年6月の宝塚記念(G1)当日に開催された芝1800m新馬戦を勝利。好位追走から最後の直線で抜け出すと、後にアイビーS(L)を勝つチャンスザローゼス以下に2馬身差をつける完勝劇だった。

 ちなみにこの新馬戦は過去にダノンプレミアムやダノンザキッド、キラーアビリティなど、後にG1を勝つような馬を毎年のように輩出していることから、ファンの間では出世レースのひとつとして知られている。

 昨年も掲示板を占めた5頭が全て勝ち上がった上、5着のドゥラエレーデが暮れのホープフルS(G1)を優勝。6着デルマソトガケも全日本2歳優駿(G1)を制していることから、「伝説の新馬戦」と呼んで差し支えないメンバー構成だったといえるかもしれない。

 そんなハイレベルな一戦で圧勝を決めたカルロヴェローチェだったが、次戦の野路菊S(OP)では単勝オッズ1.5倍の圧倒的支持を受けたものの、2番手追走から直線で早々に失速。勝ち馬のファントムシーフから2秒9もの差をつけられただけなく、7頭立てのレースでシンガリの大失態だった。

 それでもカルロヴェローチェに対するファンの期待は根強く、26日現在『netkeiba.com』の想定オッズでは今回も引き続き1番人気に推されている。ここは復権をかけて落とすことのできない一戦になりそうだ。

「よもやの大敗を喫した前走の野路菊Sですが、手綱を取っていたC.ルメール騎手はレース後、『走り方、息遣いが良くなかったです』とコメント。カルロヴェローチェはもともと2戦目に札幌2歳S(G3)を予定していたものの、脚元の不安を理由に回避した経緯もありました。やや順調さを欠いていたことも敗因と無関係ではないかもしれません」(競馬誌ライター)

「伝説の新馬戦」圧勝の大器と福永祐一が新コンビ! 復権へ負けられない一戦の画像2
福永祐一騎手

 なお、今回の鞍上は新コンビとなる福永祐一騎手が予定されている。

 調教師転向のため来月一杯で騎手引退を予定している同騎手だが、過去のインタビューで「一番印象に残っている馬」として三冠馬コントレイルを差し置いて本馬の父シルバーステートを挙げていることは、ファンの間で有名な話である。

 ステッキを置くまで残り1ヶ月となったこのタイミングで、そのシルバーステートの産駒であり、大器とも評されるカルロヴェローチェの手綱を取る機会がやってきたのも何かの縁か。

 クラシックでタッグを組むことは叶わないものの、「規格外の馬だった」「そのエンジン性能にボディが持たなかった」とまで絶賛した馬の仔をどう導き、そしてどのように後任に繋ぐのか期待して見ておきたいところである。

「なおカルロヴェローチェの祖母で、現役時代にJRA重賞5勝をあげたシーイズトウショウが今月7日に23歳で他界。白梅賞では同馬に捧げる白星を飾ることができるかにも注目したいところです」(同)

 本馬が巻き返せば春クラシックがより一層盛り上がりを増すことは間違いないだろう。果たしてどのような走りを見せてくれるだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「伝説の新馬戦」圧勝の大器と福永祐一が新コンビ! 復権へ負けられない一戦のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 大阪杯「23連敗」の鬼門を超えられるか…スターズオンアース、ヒシイグアスを阻む壁
  2. ディープインパクト「最終世代」の明と暗、桜花賞で有力ライトクオンタムを輩出も、気になる「未デビュー」2頭の現在地
  3. 天皇賞・春(G1)アスクビクターモア陣営の「非情采配」にファン激震! 2年続いた菊花賞馬の乗り替わり
  4. 女性ジョッキーの先駆者・藤田菜七子「成績不振」の裏には取り巻く環境が変わった事も原因か
  5. 13億円のサウジカップ、9億円のドバイワールドカップ… 賞金と距離以外に何が違っていたのか?パンサラッサ、カフェファラオ、ジオグリフが揃って凡走の謎!
  6. ディープインパクトやキタサンブラックら栄光の陰で、勝者になれなかった馬たちに待ち受ける悲しい現実…「馬が好き」だからこそ知っておきたい引退馬問題の最前線【特別インタビュー】
  7. 「自らの腕でつかみ取って厩舎を助ける側なんや」岩田康誠がG1獲りに強い意欲! 「炎上」も経験した名手が掴んだ大阪杯制覇の手応え
  8. 「地方の刺客」が続々参戦で若手ジョッキーは大ピンチ!? 「4年間未勝利」でも話題、生存競争激化はファンも大歓迎?
  9. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  10. 川田将雅がドバイワールドC(G1)で見せた意外な姿。リーディングジョッキー獲得後の変化が話題に