GJ > 競馬ニュース > 岩田康誠×皐月賞1番人気の初仔がデビューV!偉業が潰えた「怪物候補」の血を繋ぐ、陣営の飽くなき挑戦に熱視線
NEW

岩田康誠×皐月賞1番人気の初仔がデビューV!偉業が潰えた「怪物候補」の血を繋ぐ、陣営の飽くなき挑戦に熱視線

【この記事のキーワード】, , ,
岩田康誠×皐月賞1番人気の初仔がデビューV!偉業が潰えた「怪物候補」の血を繋ぐ、陣営の飽くなき挑戦に熱視線の画像1
岩田康誠騎手 撮影:Ruriko.I

「名牝になれるような器だなと思います」

 今から遡ること6年前(2017年)の春。皐月賞(G1)を直前に控えた共同会見で、そう語ったのは岩田康誠騎手だ。

 岩田康騎手が絶賛した相手は、牝馬のファンディーナ。デビューは3歳1月と遅かったものの、新馬→つばき賞(1勝クラス)→フラワーC(G3)と無傷の3連勝を決めた逸材である。

 過去3戦で2着に計15馬身差をつけた怪物候補だったこともあり、1948年のヒデヒカリ以来69年ぶりの皐月賞牝馬Vに周囲の期待は高まっていた。牝馬にして64年ぶりに日本ダービー(G1)を制したウオッカや、三冠牝馬ジェンティルドンナの背中を知る男が認めたのだから納得もいくだろう。当日は共同通信杯(G3)覇者のスワーヴリチャード、弥生賞(G2)を制したカデナらを抑え、牝馬ながら1番人気に推された。

 しかし、牡馬一線級の壁は厚く、7着と初黒星。いつも通り先行して押し切りを狙ったが、最後の直線で後続に捕まり万事休す。

 レース後には岩田康騎手が「4角で先頭に立つまでは良かった。もまれた経験がないのも頭に入れていたんだけど…」と振り返れば、管理する高野友和調教師も「甘くはなかったですね」と肩を落とした。

 その後は日本ダービーかオークス(G1)への参戦を視野に入れていた陣営だったが、疲れが抜けずクラシック2戦目を断念。夏場は休養に努め、ローズS(G2)から復帰することになったが、こちらも1番人気の支持を受けたものの6着と結果を出せず……。続く秋華賞(G1)でも13着に大敗するなど、春時点で怪物と謳われた大器がまさかの無冠に終わった。

 さらに、同年末に出走したリゲルS(OP)で9着と敗れた後に右腸骨の骨折が判明し、翌年にはキャリア7戦ながら引退を余儀なくされてしまう。すぐに故郷である北海道浦河町の谷川牧場で繁殖入りすることになったが、高野師も「みなさんに申し訳ないです。痛恨の念があります」と謝罪コメントを残していただけに、やり切れない思いがあったかもしれない。

 あれから月日が流れ今月。そんなファンディーナ陣営に、6年前の雪辱を果たす絶好機が訪れた。同馬の初仔であるエルチェリーナ(牝3、栗東・高野友和厩舎)が、29日の中京新馬(芝2000m)を勝利したのである。

 ただ勝った訳ではなく、その内容には目を見張るものがあった。

 鞍上の岩田望来騎手が「ゲートが速くなかった」と振り返った通り、スタートこそ少し遅れたものの、道中で6、7番手まで挽回。前半で脚を使ったにもかかわらず、最後の直線でウィズユアドリームが抜け出したところを、上がり最速33秒9の末脚を繰り出して内から鮮やかに差し切った。

 レース後には、鞍上も「能力がありますし、順調にいってほしいです」とパートナーを称賛。父の岩田康騎手が主戦を務めたファンディーナの長女とあって、息子の岩田望騎手にも特別な思いが生まれたかもしれない。また母娘ともに管理する高野師も「追い比べで気合と根性を示してくれました」と絶賛した。

 ファンディーナと同じ3歳1月デビューとなったが、まだクラシックへの時間は十分に残されている。新馬が中距離だったこともあり、今後の結果次第では桜花賞(G1)ではなく、母と同じ皐月賞出走を見据えているかもしれない。陣営の今後の決断にも注目だ。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

岩田康誠×皐月賞1番人気の初仔がデビューV!偉業が潰えた「怪物候補」の血を繋ぐ、陣営の飽くなき挑戦に熱視線のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今年6勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  2. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 永島まなみ「ゴルシワープ」で単勝115.6倍完勝に絶賛の嵐! スウィープフィート武豊に乗り替わりで勝たれるも…翌日最初のレースで超人気薄と大仕事
  5. 戸崎圭太も横山武史もヒヤリ…2ヶ月「16勝」関東リーディング3位「新女王」R.キング「5勝固め打ち」フィニッシュに別れを惜しむ声続々
  6. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  9. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か
  10. 【中山牝馬S(G3)展望】昨年はスルーセブンシーズがここから飛躍! 「今年のC.ルメール」は国枝栄厩舎×ゴドルフィンの遅れてきた好素材