GJ > 競馬ニュース > 桜花賞より速い「謎の暴走」で1番人気ユリーシャ11着大敗…松山弘平「ヨーイドンでは苦しいので」も疑問の声
NEW

桜花賞より速い「謎の暴走」で1番人気ユリーシャ11着大敗…松山弘平「セーフティリードを取るレースを」も疑問の声

【この記事のキーワード】, ,
桜花賞より速い「謎の暴走」で1番人気ユリーシャ11着大敗…松山弘平「セーフティリードを取るレースを」も疑問の声の画像1
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 15日、雨中の阪神競馬場で行われたアーリントンC(G3)は、5番人気のオオバンブルマイ(牡3歳、栗東・吉村圭司厩舎)が勝利。京王杯2歳S(G2)に次ぐ重賞2勝目をゲットし、5月のNHKマイルC(G1)の有力候補に挙がった。

 1400mの京王杯2歳Sを好位から抜け出して勝利するなど、卓越したスピードが武器のオオバンブルマイだが、前走の朝日杯フューチュリティS(G1)では「母系がスプリント血統」(吉村調教師)ということもあって1600mの壁に泣いて7着。

 それだけにこの日はじっくりと中団から脚を溜める競馬となったが、レース後に武豊騎手が「外に出してギアが上がったときには届くと思いました」と振り返った通りの切れ味。新たな戦法を引き出して1600mにメドが立ったことで、春のマイル王決定戦に大きな弾みがつく内容となった。

 その一方で、牝馬ながらに1番人気に支持されたものの11着に大敗してしまったのがユリーシャ(牝3歳、栗東・中村直也厩舎)だ。

桜花賞より速い「謎の暴走」で1番人気ユリーシャ11着大敗…松山弘平「セーフティリードを取るレースを」も疑問の声の画像2
松山弘平騎手 撮影:Ruriko.I

『中日スポーツ』で自身が連載しているコラムで「大きなポイント」と語っていたスタートを決めたユリーシャと松山弘平騎手。「これまでの成績からも、逃げる形が理想」との言葉通り、果敢にハナに立ったが後続を大きく引き離す形になった。

 そこからユリーシャは「後続に8馬身差をつけて」と、マイル戦ではあまり耳にしないアナウンスと共に、松山騎手が4コーナーで早くも後続を振り返るほどの大逃げ。このまま逃げ切れば、サイレンススズカやパンサラッサが引き合いに出されてもおかしくないほどの逃げっぷりだったが、最後の直線で大きく失速……。

 早々に馬群に飲み込まれてしまい、11着に大敗した。

「ヨーイドンでは苦しいので」も疑問の声

「ちょっと、らしくないレースになってしまいました。好スタートを決めるまでは良かったのですが、内からショーモン、外からセッションもハナを主張して挟まれるような形になってしまいました。その2頭を振り切るように先頭に立ちましたが、結果的にあれで馬がエキサイトしてしまったのかもしれません。

松山騎手曰く『同じところからのヨーイドンでは苦しいので、セーフティリードを取るレースをした』とのことですが、800m通過45.8秒は先週に同コースで行われた桜花賞よりも速いペース。時計上はわずか0.1秒速いだけですが、桜花賞は良馬場でこのレースは重馬場です。速過ぎたというか、これはさすがにオーバーペースだったと言わざるを得ません」(競馬記者)

 この結果に、SNSやネット上の掲示板では「さすがに意味が分からない」「距離間違えたわけじゃないよね?」「これは完全に暴走では」と松山騎手の騎乗に疑問の声が続々……。中には「もう次は乗らないでほしい」といった厳しい声もあった。

 これまでウオッカやデアリングタクトといった名牝が勝ち馬に名を連ねているエルフィンS(L)を逃げ切っているユリーシャ。しかし、今年の桜花賞(G1)は阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)2着馬のシンリョクカさえ除外危機にあったほどの高い賞金ボーダーとなり、泣く泣くこのレースに回った経緯があった。

 単純な比較はできないが、桜花賞でリバティアイランドと3/4馬身差の接戦だったコナコーストに対して、エルフィンSでユリーシャは2馬身半差の快勝。今回は牡馬相手のレースだったが、1番人気に支持されるだけの期待はあったということなのだろう。

「男馬相手によく頑張ってくれました」

 レース後、そう相棒を庇った松山騎手だが、同じく好スタートを決めてユリーシャについて行かなかったセッションとショーモンが2、3着というのは、なんとも皮肉な結果だ。切れ味勝負を避けた作戦だったようだが、今回ばかりは裏目に出てしまったのかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

桜花賞より速い「謎の暴走」で1番人気ユリーシャ11着大敗…松山弘平「セーフティリードを取るレースを」も疑問の声のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  4. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」