NEW

「皆様のおかげで」リバティアイランド圧勝の裏に光った川田将雅の政治力。記者が「記憶にないほど静か」と驚く4万人が味方についた理由

【この記事のキーワード】, ,
「皆様のおかげで」リバティアイランド圧勝の裏に光った川田将雅の政治力。記者が「記憶にないほど静か」と驚く4万人が味方についた理由の画像1
リバティアイランド 撮影:Ruriko.I

 21日、東京競馬場で行われた牝馬クラシック第2戦・オークス(G1)は、1番人気のリバティアイランド(牝3歳、栗東・中内田充正厩舎)が勝利。2着ハーパーに6馬身差をつける圧勝劇で、牝馬三冠に王手をかけた。

 同世代のライバルには十分な実力差を突きつける、まさに独壇場だった。

 18頭立て、芝2400mのレース。前走の桜花賞(G1)は発馬で後手を踏んだリバティアイランドだったが、この日はすんなりとスタートを決めて中団から。同世代の力関係を鑑みれば、もしかしたらこの時点ですでに「勝負あり」だったのかもしれない。

 道中やや行きたがる面を見せたが、危ない場面を強いて挙げればここだけ。外に持ち出されて最後の直線を迎えると、馬なりのまま先頭集団を射程圏へ。残り200m手前で、川田将雅騎手が満を持す形でステッキを入れると、あっという間に後続を突き放した。

「強すぎましたね。最後は2着ハーパーから6着ヒップホップソウルまでが0.3秒差という接戦でしたが、リバティアイランドはその上位集団を1秒置き去りにしているのですから、別次元としか言いようがありません。これまでのオークスの最大着差は、後の三冠馬ジェンティルドンナの5馬身差でしたが、それすら塗り替えました。

まだ牝馬三冠は秋の秋華賞(G1)が残っていますが、他馬が逆転するシーンはちょっと想像できません。それくらい今日のリバティアイランドは完璧でしたし、完璧な勝利だったと思います」(競馬記者)

「ゲートが切られるまでは声援を我慢していただいて、ゲートが開いてから、全力で盛り上がってもらえればと願っています――」

 週中、オークス直前の共同会見の席で、川田騎手から異例のお願いがあった。「以前であれば、ゲートが開くまで(声援を)我慢していただいていたところ」と過去の事例を持ち出していたが、このタイミングでの発言は、桜花賞のスタートで後手を踏んだ結果2着コナコーストに3/4馬身差まで詰め寄られた大本命馬を気遣ってと受け取られても仕方ないだろう。

 そんな背景があってか、トップジョッキーの「異例の発言」は各メディアでも大きく取り上げられた。

 ネット上でも「マナーは守らないと」「リバティアイランドに気を使ってるんだね」「本来ならJRAが言うべきこと」と言った賛成の声が大多数を占める中、一部の競馬ファンからは「客に指示すんな」「それは1騎手がお願いするものじゃない」「(耳を塞ぐ効果のある)メンコ付ければ良いだけ」と言った声もあった。

 果たして、レース当日はどうだったのか。現場の記者が話してくれた。

「皆様のおかげで」リバティアイランド圧勝の裏に光った川田将雅の政治力。記者が「記憶にないほど静か」と驚く4万人が味方についた理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「勇気が足りなかった」動けなかった武豊と、動いた松山弘平。日本ダービー(G1)の明暗を分けた「経験値」
  2. 日本ダービー(G1)横山武史惜敗に「よそゆきの乗り方」が関係!? 元JRA田原成貴氏が持論展開
  3. 日本ダービー(G1)D.レーン「背信続き」の崖っぷちから失地回復!テン乗りジンクスも「正直知らなかった」…またしても2着横山武史はトラウマ再発?
  4. 「単勝262.8倍」シンガリ16番人気馬が大激走で今年のJRA最高払戻金額を記録! 来年のダービーウィークでも要警戒?
  5. 「走る馬だと今日立証された」福永祐一氏“自虐ネタ”に大爆笑!? タスティエーラ堀宣行調教師に「禁断の奥の手」を使わせた怪我の功名
  6. 武豊、今年最初の「2歳新馬戦」はドウデュース厩舎の期待馬とタッグ! G1・4勝をあげた父の代表産駒と同配合
  7. 【鳴尾記念(G3)展望】世界最強イクイノックスが待つ宝塚記念(G1)へ! 大器ソーヴァリアントは負けられない一戦
  8. ゴール寸前でまさかの「落馬」アクシデントも…次の騎乗で馬群を割り1着を獲った若武者に称賛の声
  9. 【安田記念(G1)展望】川田将雅×ソダシVS武豊×ジャックドールVS昨年覇者ソングライン! 超ハイレベルの東京連続G1最終章
  10. 川田将雅×ソダシの新コンビに違和感!? 懇意のダノックス所有馬からの乗り替わりに「以前ほど優先しなくなったのかな」の声