GJ > 競馬ニュース > 人気爆発D.レーン「贅沢すぎ」最高記録に呆然…東京メイン勝利で密かに更新された自己新とは
NEW

人気爆発D.レーン「贅沢すぎ」最高記録に呆然…東京メイン勝利で密かに更新された自己新とは

【この記事のキーワード】, ,
人気爆発D.レーン「贅沢すぎ」最高記録に呆然…東京メイン勝利で密かに更新された自己新とはの画像1
グロリアムンディ 撮影:Ruriko.I

 20日、この日は唯一の重賞レースだった平安S(G3)を単勝2.8倍の1番人気グロリアムンディが勝利したことを始め、比較的堅い決着が目立つ1日だった。

 本命党の競馬ファンにとっては心穏やかに過ごせた1日だったかもしれないが、そんな中でも穴党期待のジョッキーたちは、しっかりと…いや、ド派手にその期待に応えている。

 中でも、単勝229.1倍の12番人気ワイルドハンターと木幡巧也騎手の勝利はSNSなどでも大きく取り上げられてニュースにもなった。

 また、他にも単勝95.2倍の12番人気ヴァレンシアスノーの太宰啓介騎手、単勝93.8倍の9番人気ハギノメーテルの藤懸貴志騎手、単勝77.7倍の12番人気ブリングトゥライフの柴山雄一騎手らの勝利も、ワイルドハンターの木幡巧騎手に負けないくらいのファインプレーだろう。

 それも4人ともしっかりと勝ち切っているのだから、穴党だけでなく全国のファンから称賛されて然るべき騎乗だった。彼らは、熱心な穴党なら誰でも知っているような押しも押されもせぬ仕事人。大レースで人気馬に騎乗することは少ないかもしれないが、どんな馬でも最後まであきらめない姿勢には、1ファンとしてただただ頭が下がるばかりだ。

人気爆発D.レーン「贅沢すぎ」最高記録に呆然…東京メイン勝利で密かに更新された自己新とはの画像2
D.レーン騎手 撮影:Ruriko.I

 そんな中、この日にひっそりと「単勝配当の自己記録」を更新したジョッキーがいる。短期免許で参戦中のD.レーン騎手だ。

「いつもより上手にゲートを出てくれて、好ポジションを確保。いい勝ち方ができました」

 この日も合計3勝と猛威を振るったレーン騎手から自画自賛のコメントが飛び出したのは、東京のメインだったメイS(OP)だ。最後の直線で馬群から抜け出して勝利に導いたのは、7番人気のサクラトゥジュールだった。

 最後は逃げ粘るマテンロウスカイを測ったように差し切り。この辺りは、さすがレーン騎手といったところだが、サクラトゥジュールは7番人気とはいえ単勝は18.9倍。木幡巧騎手の229.1倍はもちろんのこと、太宰騎手(95.2倍)や藤懸騎手(93.8倍)、柴山騎手(77.7倍)とも比較にならないほど“手堅い”配当だ。

「贅沢すぎ」最高記録に呆然…

 しかし、この単勝18.9倍がレーン騎手にとっては単勝の自己最高記録というのだから、ただただ驚きである。

「短期免許の有力外国人ジョッキーに人気馬が集中することは珍しくありませんが、レーン騎手の場合、豪州のジョッキーであることが拍車を掛けています。

例えば、昨年来日したR.ムーア騎手やC.デムーロ騎手、T.マーカンド騎手といったところは欧州で活躍するジョッキー。今年も英国のダービーが6月3日に開催されるなど、欧州競馬はこの時期に重要なレースが集中しているため、欧州のトップジョッキーが日本へ乗りに来ることはまずありません。

つまりこの時期に参戦するレーン騎手からすれば、他の外国人ジョッキーと騎乗馬がバッティングしないということ。現在も短期免許で参戦している外国人ジョッキーはレーン騎手しかいませんし、それが彼に人気馬の集中する大きな要因の1つです」(競馬記者)

 ちなみに、レーン騎手のこれまでの単勝最高記録は7番人気のメールドグラースで勝利した2019年の新潟大賞典(G3)の15.8倍。日本初騎乗から1週目での“重賞初制覇”で、一気にその名を日本の競馬ファンや関係者に知らしめた一戦でもあった。

 当然の話だが、レーン騎手にここまで有力馬が殺到しているのは、彼の腕があってこそ。しかし、今回が4シーズン目の短期免許となるが、単勝18.9倍の勝利が最高記録とはなんとも贅沢な話である。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

人気爆発D.レーン「贅沢すぎ」最高記録に呆然…東京メイン勝利で密かに更新された自己新とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  7. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  8. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  9. 【日本ダービー】キャプテン渡辺「本命」はジャスティンミラノ…ではなく、あの馬!? 「いや、この馬すげえわ」神の馬券術を操る男が早くも勝利宣言!?【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”