GJ > 競馬ニュース > かつて川田将雅も「嫉妬」した“天才”が挑む勝負の2週間…数字に表れる意識の変化、覚醒を予感させる中堅に「再ブレイク」の予感
NEW

かつて川田将雅も「嫉妬」した“天才”が挑む勝負の2週間…数字に表れる意識の変化、覚醒を予感させる中堅に「再ブレイク」の予感

【この記事のキーワード】, ,
かつて川田将雅も「嫉妬」した天才が挑む勝負の2週間…数字に表れる意識の変化、覚醒を予感させる中堅に「再ブレイク」の予感の画像1
津村明秀騎手

 5月も折り返し地点を過ぎ、春のG1戦線もいよいよ終盤戦に突入。今週末は牝馬三冠の2戦目となるオークス(G1)が、そして来週は2020年産まれのサラブレッドの頂点を決する日本ダービー(G1)が東京競馬場で行われる。

 3歳の若駒たちにとって、過酷な府中の芝2400mという条件での大一番だけに、馬の能力や資質はもちろんのこと、手綱を握る騎手のエスコートも大きなポイントとなる。そこで波乱の使者として期待したいのが、今季好調ぶりが目立っている津村明秀騎手だ。

 デビュー20年目のベテランは、ここまで23勝を挙げて全国リーディング16位にランクイン。関東リーディングでは6番手と好位置につけるなど、順調なペースで白星を積み上げてきた。

 津村騎手といえば、関東の中堅という印象が強いものの、今年はこれまでとは一味も二味も違う勝率・連対率・複勝率をマーク。失礼かもしれないが、これまでと別人のような騎乗ぶりが目に付く状態だ。中でも特に目を引くのが勝率の高さ。以前の津村騎手には、どことなく勝負に徹しきれない詰めの甘さのようなものを感じることも多かったが、最近の津村騎手はとにかく勝負強いのが特徴である。

 これらは実際の数字を見てみても確認が可能だ。昨年は1着数と2着数が同じ38で、それまでも2着の数が1着を上回るシーズンが4年続いていた。ところが今年はまだ前半戦とはいえ、【23-20-23-174/240】となっており、しっかりと勝ち切るケースが増えてきた。勝率も2017年に記録した8.1%が自己最高なのに対し、今年は既に9.6%を叩き出しているのだ。

 ただ、元々の津村騎手に対する評価の高さを思えば、それでも物足りなさを感じるくらいではないだろうか。

 今年でデビュー20年目を迎えた津村騎手だが、同期に昨年のリーディングジョッキー・川田将雅騎手、ほかにも吉田隼人騎手や藤岡佑介騎手、丹内祐次騎手などがいる世代。そんな有力騎手が集うJRA競馬学校・騎手課程第20期生の中で、当時ズバ抜けた存在だったのが他でもない津村騎手だったという。

『netkeiba.com』で連載中の藤岡佑騎手の対談企画「with佑」でも、同期の騎手と競馬学校時代を振り返る際には決まって津村騎手の名前が挙がり、今や日本の頂点に君臨する川田騎手にも「津村には一度も勝てなかった」と言わしめたほどの“天才”だった。

 藤岡佑騎手も「打倒・津村の世代」と振り返ったように、デビューに向けて行われる模擬レースでも2戦2勝と他を圧倒。成績優秀者に贈られる『アイルランド大使特別賞』も文句なしで受賞して、鳴り物入りでデビューを迎えた。

 しかし、デビュー初年度は8勝を挙げて『民放競馬記者クラブ賞』も受賞したものの、以降は思うように成績を伸ばすことができなかった。JRAの通算勝利数を見ても、川田騎手が1886勝で吉田隼騎手も1150勝、藤岡佑騎手も975勝で大台が迫る中、津村騎手は今年5月に20年かけて通算600勝に到達したところだ。

 加えて、その間に川田騎手はJRAのG1競走で計22勝を挙げ、吉田隼騎手も藤岡佑騎手もG1での勝利を掴んでいるが、津村騎手はG1どころかG2での勝利もない。通算600勝達成時のインタビューでも、「誰よりも僕自身がビッグレースで活躍できるようにとは思っていますが、コツコツ勝っていけば道が開けると思っているので引き続き頑張っていきたいです」と語ったように、好調な今こそ大舞台での勝ち星を掴みたいところだ。

かつて川田将雅も「嫉妬」した天才が挑む勝負の2週間…数字に表れる意識の変化、覚醒を予感させる中堅に「再ブレイク」の予感の画像2
ヒップホップソウル 撮影:Ruriko.I

 その中で、早速チャンスになりそうなのがここからの2週間だ。今週末のオークスでは、ヒップホップソウルとともに一発を狙う。

 本馬はもともと新馬戦で1番人気に応えて快勝を収めている素質馬。2戦目のベゴニア賞(1勝クラス)では2着に敗れたものの、先着を許したのは先日のNHKマイルC(G1)を制したシャンパンカラーだった。

 津村騎手とは前走のフラワーC(G3)が初コンビで、いきなり8番人気で2着と健闘。現在ブレイク中のキタサンブラック産駒というのも期待したくなる。

 さらに来週の日本ダービーには、自らの手で大舞台への道を切り拓いたメタルスピードがスタンバイ。初コンビとなったスプリングS(G2)で8番人気ながら3着に食い込むと、続戦した皐月賞(G1)では13番人気ながら。3着馬とタイム差なしの4着と奮闘。相手は1番人気のファントムシーフだっただけに、あと一歩で大波乱を演出という激走で存在感を発揮した。

 実はメタルスピードはダービーに向けたクラシック登録を行っていなかったのだが、皐月賞4着で優先出走権を手にしたことを受け、陣営は200万円の追加登録料を支払って夢の舞台への挑戦を決断した。もしアクシデントもなく津村騎手の継続騎乗が叶えば、2020年のビターエンダー以来、実に3年ぶり2度目のダービー騎乗ということになる。

 昨年はG1勝利どころかG1への騎乗機会すらなかっただけに、今年のチャンスにかける想いはこれまで以上に強いことだろう。20年目にして覚醒の気配を見せる“天才”は、悲願のビッグタイトルに手をかけることができるか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

かつて川田将雅も「嫉妬」した“天才”が挑む勝負の2週間…数字に表れる意識の変化、覚醒を予感させる中堅に「再ブレイク」の予感のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想