GJ > 競馬ニュース > デビューから22連敗…「武豊ですら」苦しんだ府中2400m、31年前のオークス(G1)で霧散した親子クラシック制覇の夢
NEW

デビューから22連敗…「武豊ですら」苦しんだ府中2400m、31年前のオークス(G1)で霧散した親子クラシック制覇の夢

【この記事のキーワード】, ,
デビューから22連敗…「武豊ですら」苦しんだ府中2400m、31年前のオークス(G1)で霧散した親子クラシック制覇の夢の画像1
武豊騎手

「今年は相当に強いのが1頭いますが、出走する限りはチャンスがあるのが競馬。野心を持って乗ります」

 17日、自身の公式サイト上の日記ページにそう綴ったのは武豊騎手だ。強い1頭というのは、もちろんリバティアイランドのことだろう。今週末のオークス(G1)で1番人気が予想される桜花賞馬に胸を借りるべく、武騎手が騎乗するのはソーダズリングである。

 もし武騎手がソーダズリングを勝利に導けば、1996年エアグルーヴ以来のオークス制覇。27年ぶりに樫の舞台で美酒を味わうことができるだろうか。

 これまでオークスを3度制している武騎手だが、それほどの名手でもホロ苦い思い出となっているのが1992年のレースかもしれない。

 当時の牝馬クラシック路線はニシノフラワーが主役だった。圧倒的なスピードを武器に桜花賞(G1)を制し、続くオークスでも1番人気に支持された。人気でこれに続いたのは武騎手が騎乗したシンボリルドルフ産駒のキョウワホウセキ。桜の舞台には間に合わなかったが、忘れな草賞(OP・当時)とサンケイスポーツ賞4歳牝馬特別(現フローラS=G2)を連勝し、その勢いを買われてニシノフラワーと差のない2番人気に支持されていた。
 
 23歳の若き天才にとって、この年のオークスはどうしても勝ちたい一戦だったはずだ。なぜならキョウワホウセキを管理していたのは父の武邦彦調教師だったからに他ならない。

 バンブーメモリーで臨んだ90年のスプリンターズS(G1)で親子G1制覇を達成してはいたが、クラシックに親子で挑んだのはこの時が最初。武騎手は心中期するものがあっただろう。

 ところが、そんな勝ちたい気持ちがこのレースに限っては悪い方向に出てしまったのだろうか。

 ゲートが開いて外目の16番枠から好スタートを決めた武騎手とキョウワホウセキ。序盤は中団後方でいつも通り末脚を温存した。ハナを切ったのはウィーンコンサートで、1000m通過が62秒6のゆったりとした流れを作り出した。人気のニシノフラワーは好位5番手からのレース運び。3~4コーナーの勝負所で、鞍上の河内洋騎手(現調教師)は、徐々に押し上げを図り、4コーナーでは早くも先頭に並びかけた。

 外からこれを追いかけたのが3コーナーで12番手にいたキョウワホウセキである。4コーナーで7番手まで押し上げると、直線残り400mを切ったところで、早くもニシノフラワーを交わして、先頭に躍り出ていた。

 あとは馬場のいいところを走らせ、後続の追撃を凌ぎ切るだけだったキョウワホウセキだが、内からサンエイサンキュー、大外からはアドラーブルが猛追してきた。3頭は残り100mあたりから横並びの大激戦となった。

 息詰まるデッドヒートを制したのは大外を通ったアドラーブル。半馬身差の2着にサンエイサンキューが入り、キョウワホウセキはさらに半馬身遅れての3着に敗れた。

 上位3頭のコーナー通過順を見ても分かるが、勝負所で仕掛けを我慢した2頭がワンツー。早めに動いたニシノフラワーについていったキョウワホウセキは最後のひと伸びを欠く結果となった。

 3頭のコーナー通過順は次の通りだ。

1着 アドラーブル 「6-7-7-7」
2着 サンエイサンキュー 「14-14-9-12」
3着 キョウワホウセキ 「11-12-12-7」

 ちなみに7着に敗れたニシノフラワーのコーナー通過順は「5-5-3-2」。後にスプリンターとして活躍した同馬にとって2400mという距離は、やはり長すぎたのだろう。もし武騎手がアドラーブルかサンエイサンキューをマークしていれば、仕掛けるタイミングも、結果も違っていたかもしれない。

 また当時の武騎手は府中2400mを不得手にしていたのも事実だ。当該コースでは92年オークス前の時点で18戦して未勝利。G1でも89年オークスがシャダイカグラで2着、91年ジャパンC(G1)がメジロマックイーンで4着など、決して相性がいいとは言えない舞台だった。

 そんな武騎手も翌93年のオークスをベガとのコンビで勝利し、デビューからのコース連敗を「22」で止めると、その後はG1だけで13勝(ダービー6勝、ジャパンC4勝、オークス3勝)。いつしか府中2400mは武騎手の得意舞台と化していた。

 今年3月に54歳となった武騎手。今なら31年前の自分自身にどんなアドバイスを送るだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

デビューから22連敗…「武豊ですら」苦しんだ府中2400m、31年前のオークス(G1)で霧散した親子クラシック制覇の夢のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着