GJ > 競馬ニュース > リバティアイランド「絶対優位」も1強はヒモで必ず荒れる! 先週ヴィクトリアマイル&京王杯SCダブル的中【東大式必勝馬券予想】
NEW

リバティアイランド「絶対優位」も1強はヒモで必ず荒れる! 先週ヴィクトリアマイル&京王杯SCダブル的中【東大式必勝馬券予想】

リバティアイランド「絶対優位」も1強はヒモで必ず荒れる! 先週ヴィクトリアマイル&京王杯SCダブル的中【東大式必勝馬券予想】の画像1

 風薫る5月、先週はヴィクトリアマイル京王杯SCも「東大式馬券」で3連単をズバリ的中! 懐も温かさを増してきた。今週末21日(日)は3歳牝馬の頂上決戦、優駿牝馬(オークス)だ。

 初めて見たのは1969年。今では信じられないがたったの9頭立て。シャダイターキンがトウメイ(後に秋天・有馬)らを蹴散らしハナ差でゴール。社台ファーム初の樫の女王となり祖母として天皇賞馬・レッツゴーターキンを輩出した。

 最も感動したのは平成3年(1991年)、ご存知「裸足のシンデレラ」イソノルーブル。お値段500万円の激安抽せん馬が5戦5勝で挑んだ桜花賞で発走直前、右前脚の落鉄が判明。再装着を試みるもイソノは暴れて拒否……。

 1番人気馬はついに裸足のままレースに臨み、直線で大失速の5着。怒ったファンがその後JRAを相手に訴訟する騒ぎにまでなった。

 そして迎えたオークス。4番人気、単勝12.1倍まで人気を落とした彼女は4足に靴を履き、大外8枠20番ゲートから気持ちよさそうに先頭に立つ。直線でも脚色は衰えず、桜花賞馬シスタートウショウが怒涛の追い込みを見せるもハナ差残し、樫の女王に輝く。“京都で忘れた靴を東京で取り戻したシンデレラ”と称えられた。

 当時、皇室報道も手掛けていた私には前年にご成婚された「3LDKのシンデレラ」秋篠宮紀子さまとともに懐かしい記憶である。鞍上は若き日の“牝馬の松永”幹夫でG1初制覇。後に牝馬ヘヴンリーロマンスで“天覧”天皇賞・秋に優勝し、天皇皇后両陛下に馬上で最敬礼するなど彼もシンデレラストーリーを紡いでゆく。

 件のイソノ嬢は同年秋、エリ女に出走するも16着に大敗し翌日に靱帯炎が判明。ターフに戻ることなく引退。母としては9頭の仔が勝ち上がり2013年、25歳老衰で天に召された。裸足のシンデレラよ、永遠に……。

 この辺で「東大馬券王の大よそー」に移ろう。

リバティアイランド「絶対優位」も1強はヒモで必ず荒れる!

 右回りの阪神マイルから左回りの府中1.5マイル。舞台は大きく替わるが2003年のスティルインラブから昨年のスターズオンアースまで19年で7頭も桜樫2冠馬が誕生、3歳春の牝馬同士ゆえ距離云々で勢力図は変わらないのだ。

 ということで桜花賞馬リバティアイランドの絶対優位は動かない。ただ“第2のハープスター”の異名、同じ府中のアルテミスSの2着も気になり、ハープスターや前述シスタートウショウのような「差して届かず」のケースもありか。

 外すのがいやならトリガミ覚悟の馬連で手広く。これなら99%安心だ。連下候補だが東大式馬券の鉄則によると“1強の場合ヒモで必ず荒れる”。事実ここ4年優勝馬の人気は1、1、3、3だが3着内に必ず10番人気以下が入っている。その4頭とも前走1着、というのが肝だ。3連単の平均配当は218,390円。美味しいな~、

 でも2018年のアーモンドアイ(3連単3360円)みたいになったらゴメンね!その時はとにかく当てたと笑って過ごそう。

 連下に話は戻るが、桜花賞2着で4戦4連対のコナコーストが筆頭候補も、所詮1勝馬。東京クイーンCの勝ち馬ハーパー、府中で大本命リバティIを負かしているラヴェル、腐っても重賞2勝馬キタウイングまで、とにかく手広くいこう。

 私的な最大の惑星はミッキークイーンを母に持つ2戦2勝ミッキーゴージャスと抽選対象だが母ヌーヴォレコルトのイングランドアイズ。どちらも母は樫の女王で大本命(ハープS、ルージュバック)を退けたシンデレラストーリーを伝えたい2頭だ。

 府中の舞踏会、ファンファーレは日曜午後3時40分。みな、しっかりと完走するのだぞ!

尼崎昇

尼崎昇

初めて見たダービー馬はタニノハローモア。伝説的な名馬の走りをリアルタイムで見てきた筋金入りの競馬通は「当たって儲かる予想」がモットー。過去に東京大学で競馬研部長をつとめ、スポーツ新聞やラジオ解説を担当した勝負師の素顔は「隣の晩ごはん」や「おもいッきりテレビ」などの大ヒット番組を手掛けたキー局の敏腕プロデューサー。德光和夫、草野仁ら競馬界の著名人との親交もあり、競馬談義を繰り広げる仲である。

リバティアイランド「絶対優位」も1強はヒモで必ず荒れる! 先週ヴィクトリアマイル&京王杯SCダブル的中【東大式必勝馬券予想】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  4. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  5. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  6. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  7. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  8. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  9. 【日本ダービー】キャプテン渡辺「本命」はジャスティンミラノ…ではなく、あの馬!? 「いや、この馬すげえわ」神の馬券術を操る男が早くも勝利宣言!?【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題