GJ > 競馬ニュース > 「4勝5敗」の大本命は意外にもオークスが苦手? アドマイヤグルーヴ、ダンスインザムード、ハープスターも不覚…裏切った馬に共通する敗因とは
NEW

「4勝5敗」の大本命は意外にもオークスが苦手? アドマイヤグルーヴ、ダンスインザムード、ハープスターも不覚…裏切った馬に共通する敗因とは

【この記事のキーワード】, ,
「4勝5敗」の大本命は意外にもオークスが苦手? アドマイヤグルーヴ、ダンスインザムード、ハープスターも不覚…裏切った馬に共通する敗因とはの画像1
リバティアイランド 撮影:Ruriko.I

 21日に東京競馬場で行われるオークス(G1)は、早くも牝馬二冠の懸かるリバティアイランドで断然のムード。桜花賞(G1)を究極の切れ味で制した才媛の二冠は、ほぼ間違いなしという雰囲気も漂いつつある。

 本馬の主戦を任される川田将雅騎手は、現在騎手リーディングのトップを独走中だ。前走の阪神から直線の長い東京へと舞台が替わることも、鋭い末脚を武器とする桜の女王にとって好材料。17日現在、『netkeiba.com』が公開している単勝予想オッズでも1.5倍に支持されており、おそらく当日も圧倒的な1番人気になることが予想される。

 ただキャリアの浅いこの時期の3歳牝馬のレースとあって、大本命に推された馬が敗れるケースも決して珍しくないのが、このオークスだ。

 過去には上位人気に支持された馬が、思わぬ不覚を取ってしまう事象も少なからずあった。クラシック一冠目の桜花賞が阪神の芝1600mで行われるのに対し、二冠目のオークスは距離も2400mとなり、一気に800mも延びる。コースも距離も異なるだけに、注意が必要だ。

 そういった意味では、リバティアイランドに騎乗する川田騎手にしても、かつて騎乗したハープスターで単勝1.3倍の圧倒的人気を背負いながら、一足先に抜け出していたヌーヴォレコルトに惜敗した経験の持ち主。終わってみたらやっぱり1強だったという可能性も十分に考えられるものの、何が起きても驚けないのも競馬である。

 そこで今回は、2000年以降のオークスで大本命に推された馬たちの成績を振り返ってみたい。以下は、その成績とオッズだ。

■2000年以降のオークスで1倍台に支持された馬の成績(敬称略)

01年 テイエムオーシャン、3着、本田優、1.8倍(桜花賞、秋華賞)
03年 アドマイヤグルーヴ、7着、武豊、1.7倍
04年 ダンスインザムード、4着、武豊、1.4倍(桜花賞)
05年※シーザリオ、1着、福永祐一、1.5倍(米オークス)
09年※ブエナビスタ、1着、安藤勝己、1.4倍(桜花賞)
14年 ハープスター、2着、川田将雅、1.3倍(桜花賞)
18年※アーモンドアイ、1着、C.ルメール、1.7倍(牝馬三冠)
20年※デアリングタクト、1着、松山弘平、1.6倍(牝馬三冠)
21年 ソダシ、8着、吉田隼人、1.9倍(桜花賞)

 こうして確認してみると、単勝1倍台の馬にもかかわらず、意外なことにその勝率は5割を下回る4勝5敗というものだった。過去に敗れた馬たちがこれだけいることを考えると、最初からリバティアイランドで絶対と決めつけてしまうことには怖さもある。

 結果論になるとはいえ、あえて大本命を裏切ってしまった馬の敗因のひとつとして挙げられそうなのは、マイラー色の強かったテイエムオーシャン、ダンスインザムード、ソダシらのケースや、後方からの競馬で末脚が不発に終わったアドマイヤグルーヴやハープスターなどのケースだ。

 桜花賞でただ1頭、上がり3ハロン32秒台の鬼脚を披露し、ライバルにモノの違いを見せつけたリバティアイランド。重箱の隅をつつくような懸念かもしれないが、未経験の距離でスタミナ不足を露呈したり、東京の長い直線を生かし切れず、先行勢を捉え切れないケースも頭の片隅に入れておきたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「4勝5敗」の大本命は意外にもオークスが苦手? アドマイヤグルーヴ、ダンスインザムード、ハープスターも不覚…裏切った馬に共通する敗因とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  7. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  8. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  9. 【日本ダービー】キャプテン渡辺「本命」はジャスティンミラノ…ではなく、あの馬!? 「いや、この馬すげえわ」神の馬券術を操る男が早くも勝利宣言!?【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”