GJ > 競馬ニュース > 川田将雅に付きまとうオークスの呪縛。ハープスターの敗戦から9年、大本命リバティアイランドと挑む二冠
NEW

川田将雅に付きまとうオークスの呪縛。ハープスターの敗戦から9年、大本命リバティアイランドと挑む二冠

【この記事のキーワード】, ,
川田将雅に付きまとうオークスの呪縛。ハープスターの敗戦から9年、大本命リバティアイランドと挑む二冠の画像1
リバティアイランド 撮影:Ruriko.I

 今週末の21日に東京競馬場で牝馬三冠の二冠目、オークス(G1)が行われる。本命視されるのは、阪神ジュベナイルF(G1)、桜花賞(G1)とG1を連勝し、桜花賞で上がり3F32.9秒を叩き出した女王、リバティアイランド(牝3歳、栗東・中内田充正厩舎)だろう。

 ただ、鞍上の川田将雅騎手にとって、オークスはほろ苦い記憶のある舞台だ。

 ハープスターとのコンビでオークスに臨んだ2014年。リバティアイランドと同じく、桜花賞で上がり32.9秒の末脚で圧勝した大本命馬は、単勝のオッズ1.3倍の支持を集めた。誰もが二冠を信じて疑わなかったものの、レースでは追い込み届かず2着。岩田康誠騎手とヌーヴォレコルトの前に苦杯をなめた。

 それだけにオークス敗戦後「非常に申し訳ない」と謝り、自著『頂への挑戦 負け続けた末につかんだ「勝者」の思考法』(KADOKAWA)でも「これも今思えばですが、2014年という年は、まったく攻めた競馬をしていませんでした。僕は怯えていたのです」と当時の反省を口にしている。

 その一方で思い入れの強かったハープスターでの敗戦は、川田騎手の「ストイックさ」と「責任感」を生み、その後の躍進につながった。2020年には、師匠である安田隆行調教師の管理馬ダノンザキッドでG1勝利(ホープフルS)を果たしただけでなく、ついには2022年にリーディングジョッキーと史上4人目の騎手大賞を受賞。トップジョッキーとしての地位を確固たるものにした。

 今年は断然人気濃厚のリバティアイランドに騎乗するだけに、近年で最大のチャンスとなるだろう。

 そんな川田騎手だが、2012年にジェンティルドンナで優勝したのを最後にオークスの勝利から遠ざかっているように、不安要素が全くない訳でもない。また、リバティアイランドを管理する中内田厩舎は、芝2000mまでの重賞勝ちはあるものの、2200m以上になると未勝利。そして、リバティアイランドが唯一敗戦を喫した舞台もオークスと同じ東京が舞台のアルテミスS(G3)だった。このときはスムーズなレース運びが出来なかったとはいえ、リバティアイランドほどの馬でも、リズムが狂えば敗れるということを意味している。

 とはいえ、『中日スポーツ』の取材に「極端に苦しい戦いになるとは思えない」と言ってみせた川田騎手のパートナーへの信頼に揺るぎはない。

 川田騎手は、ハープスターの敗戦を経てリーディングジョッキーにまで上り詰めた。そのハープスターと重なるところの多いリバティアイランドでのオークスの戴冠は、川田騎手を本当の意味でハープスターの呪縛から解き放ってくれるかもしれない。

 二冠か、苦い記憶の再現かーー。運命の手綱は川田騎手に託された。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

川田将雅に付きまとうオークスの呪縛。ハープスターの敗戦から9年、大本命リバティアイランドと挑む二冠のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想