GJ > 競馬ニュース > 「モノが違う、必ず走ります」藤田菜七子、函館初参戦で日本ダービー除外のご褒美? オーナー大絶賛の好素材と臨む今年最初の2歳新馬戦
NEW

「モノが違う、必ず走ります」藤田菜七子、函館初参戦で日本ダービー除外のご褒美? オーナー大絶賛の好素材と臨む今年最初の2歳新馬戦

【この記事のキーワード】, ,
「モノが違う、必ず走ります」藤田菜七子、函館初参戦で日本ダービー除外のご褒美? オーナー大絶賛の好素材と臨む今年最初の2歳新馬戦の画像1
藤田菜七子騎手

 先月末の日本ダービー(G1)にトーセントラムとのコンビで参戦予定だったものの、惜しくも除外となってしまった藤田菜七子騎手。女性騎手初の同レース騎乗とはならなかったが「またチャンスがあればいいなと思います」と前向きなコメントを残している。

 今村聖奈騎手らが先月から騎乗停止中のため、現在もJRA唯一の女性騎手として奮闘を続けている藤田騎手だが、11日にはデビュー8年目にして初めて函館競馬場に参戦する。

 競馬学校時代に研修で訪れたことはあるようで、当時は函館のグルメにも舌鼓を打ったようだが、本番のレースに参加するのは今回が初となる。5鞍に騎乗予定である同騎手は「凄く楽しみ。勝利して思い出の地にできるように頑張りたいです」と意気込みを語っている。

「函館初勝利が期待できそうな馬といえば、所属する根本康広厩舎の管理馬であり、デビュー戦からコンビを組み続けている3Rのアイファースキャンではないでしょうか。

ここ5戦で2着4回3着1回と惜しいレースが続いていますが、藤田騎手は『センスがあって未勝利クラスは勝ち上がれる馬』と話しているだけに、同馬で初Vを飾る確率はかなり高そうです。記念馬券を購入して応援してみるのもありかもしれません」(競馬誌ライター)

 そしてアイファースキャンの次の騎乗機会となる函館5R。藤田騎手にとって今年初となる2歳新馬戦には、新種牡馬サンダースノー産駒ドリームボール(牝2歳、美浦・小桧山悟厩舎)とのコンビで臨む予定だ。

 先述の通り日本ダービーのトーセントラムはゲートインが叶わなかったが、同馬と同じ小桧山厩舎の2歳新馬に早くも騎乗する機会が巡ってきた。牡馬と牝馬の違いこそあるが、ダービー除外の分までこの馬に懸ける意気込みは強いのではないだろうか。

 またドリームボールを所有する三岡陽オーナーも以前から「モノが違う、こいつは必ず走ります」と自身のTwitterで同馬を大絶賛するなど、相当の期待を込めているようだ。

 ただ、ドリームボールが出走する新馬戦は他にも、武豊騎手が乗るグレイトフルペインや、重賞3勝馬ビアンフェの妹ロータスワンドなど、かなりの好メンバーが顔を揃えている。

 しかし三岡オーナーは「強豪が揃い過ぎた感はありますがこっちも血統的にはそんなに見劣りしないはず。出るからには夢を持っています」とツイートするなど、あくまでも強気の姿勢。果たして藤田騎手とドリームボールのコンビはライバルたちを抑えて、オーナーに待望の初白星をプレゼントすることができるだろうか。

「デインヒル系の新種牡馬サンダースノーは、ドリームボールがJRA初出走になりますね。同じデインヒル系の種牡馬には北海道の洋芝を得意としているハービンジャーがいるだけに、サンダースノーも函館の馬場に高い適性を持っているかもしれません。いきなり好勝負が期待できると思います」(同)

 なおドリームボールを手掛ける小桧山師は、来年2月をもって定年により厩舎解散を予定している。同馬で最後に一花咲かせてくれることにも期待したいところだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「モノが違う、必ず走ります」藤田菜七子、函館初参戦で日本ダービー除外のご褒美? オーナー大絶賛の好素材と臨む今年最初の2歳新馬戦のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」