GJ > 競馬ニュース > 武豊「153万馬券演出」の超穴馬弟と急遽新コンビ! リニューアル京都「最速タイム」圧勝の好素材は人気薄でこそ要警戒?
NEW

武豊「153万馬券演出」の超穴馬弟と急遽新コンビ! リニューアル京都「最速タイム」圧勝の好素材は人気薄でこそ要警戒?

【この記事のキーワード】, ,
武豊「153万馬券演出」の超穴馬弟と急遽新コンビ! リニューアル京都「最速タイム」圧勝の好素材は人気薄でこそ要警戒?の画像1
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 18日、東京ダート1600mを舞台に行われるユニコーンS(G3)。来年から「3歳ダート三冠競走」が創設されることにより、実施時期等が変更されることがJRAから発表されている。そのため現行での開催は今回でひとまず最後となりそうだ。

 そんなユニコーンSの通算3勝目をニシキギミッチー(牡3歳、美浦・鈴木伸尋厩舎)とのコンビで狙うのが武豊騎手だ。

 レジェンドがこのレースを初めて勝ったのは2005年。後に「砂のディープインパクト」とも呼ばれる名馬カネヒキリと単勝1.1倍の圧倒的支持に応えて1着。同馬とのコンビではその後もダートG1を複数勝つなど、武豊騎手の代表的なお手馬の1頭としても知られている。

 2勝目はそれから2年後、ロングプライドで挙げた。河北通元騎手とのコンビで3連勝していた同馬と新タッグを組むと、最後の直線で外差しを決めて優勝。テン乗りをものともせず陣営の期待に応えた見事な騎乗だった。

 ただ、そこから15年も未勝利というのは、武豊騎手の実績を考えると少々意外に思える。昨年も新馬戦を大差で圧勝したことで「ダートの超大物」と囁かれていたジュタロウと挑んだのだが、10着に大敗してしまった。

 今年は、キャリア5戦3勝のうち、3勝すべてが武豊騎手ということもあり、一部ファンからは「武豊専用機」とも言われているスマートフォルスと参戦する予定だったが、筋肉痛の症状が見られたことで出走を回避することとなった。

 そのため急遽、ニシキギミッチーとコンビを組むことになったと考えられるが、同馬は前走で1勝クラスを勝ったばかり。『netkeiba.com』で公開されている単勝予想オッズでも14日現在、12番人気とかなりの低評価である。

 だが、決してチャンスがないわけではない。

「最速タイム」圧勝の好素材は人気薄でこそ要警戒?

 前走は13番人気の大穴だったニシキギミッチーだが、2番手から抜け出すと後続に3馬身半差をつける圧勝劇。勝ちタイムの1分24秒4は今のところ、リニューアル後の京都ダート1400m、良馬場で最速の時計となっている。古馬3勝クラスのそれを上回って勝ち切ったのだから、非常に中身の濃い内容だったといえるのではないか。

 また、このとき手綱を取っていた団野大成騎手はレース後、「現段階でもまだまだ成長途上といった感じ」「まだまだ良くなってきてくれるはず」などと、今後さらなる上昇を期待させてくれるコメントを残していた。

 本馬を管理する鈴木伸調教師も『サンケイスポーツ』の取材に対し「だいぶ気性面の成長を感じるし、体調面も安定。今の精神状態なら1600メートルにも対応できそう」と目下の充実ぶりをアピールしている。そこに武豊騎手の手腕が加わるのであれば、通用しても何ら不思議ではない。

「ニシキギミッチーは昨年のNHKマイルC(G1)でシンガリ18番人気ながら3着に好走し、三連単153万円を超える大波乱を演出したカワキタレブリーの弟になりますね。本馬は前走の1勝クラスでも単勝91.2倍の低評価で激走しただけに、むしろ人気薄でこそ怖い1頭になるのではないでしょうか。

また武豊騎手も昨年8月、ニシキギミッチーのもう1頭の兄であるカフジアスールと初コンビで2着に好走するなど、この一族と相性は悪くなさそうです。それらの背景を考えると、当日は人気薄だったとしても警戒しておきたいところです」(競馬誌ライター)

 ニシキギミッチーの父ヘニーヒューズは、過去にユニコーンS勝ち馬のワイドファラオを輩出しているのも追い風である。現3歳のダート路線にはミトノオーやヤマニンウルス、また先述したスマートフォルスなどお手馬が豊富にいる武豊騎手だが、結果次第ではさらに嬉しい悲鳴を上げることになりそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊「153万馬券演出」の超穴馬弟と急遽新コンビ! リニューアル京都「最速タイム」圧勝の好素材は人気薄でこそ要警戒?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. レモンポップ、ウィルソンテソーロで「12戦11勝」の好成績、すれ違いで「コンビ解消」も…大貢献の戸崎圭太を称賛する声
  2. 某厩舎の忘年会で阪神JF勝負情報が漏洩?「アスコリピチェーノやコラソンビートには負けない」勝利に自信を見せる意外な穴馬
  3. 有馬記念を待たずにイクイノックスでほぼ決まり?年度代表馬は内定ムードも…ダート路線で難解極まるJRA賞の行方
  4. 【香港ヴァーズ】「遅れてきた大器」レーベンスティールが参戦!3度優勝の名手はトウカイテイオーの血脈を残せるか
  5. 川田将雅、福永祐一も認める「大器晩成」、4連勝中ディープインパクト産駒がついに復帰!「G1挑戦」の妹に繋げたいバトン
  6. 武豊が「告白」宝塚記念(G1)キタサンブラック大敗劇で「最大の敗因」とされるサトノクラウンの”荒技”の影響……凱旋門賞消滅への思いと「雪辱の秋」へ<2>
  7. 川田将雅「香港遠征」で一足先にプレゼント? リバティアイランド級不在でも…「重賞13連敗」の正念場で掴んだ絶好のチャンス
  8. ドウデュース×武豊で有馬記念(G1)!?  【香港マイル】獲得賞金「イクイノックス超え」の最強マイラーが出走!世界最強イクイノックスよりも「高評価」を得た馬がまさかの低迷!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. 【阪神ジュベナイルF】史上初となる母仔&姉妹制覇! ビワハイジ、ブエナビスタに次ぐ快挙を成し遂げたジョワドヴィーヴル【東大式必勝馬券予想】
  10. 何故、セラフィックコールの「豪脚」は不発に終わったのか…元JRA安藤勝己氏が指摘する「弱点」が意外に深刻なワケ