GJ > 競馬ニュース > 「幻のダービー馬」を負かした姉の豪脚を彷彿! クラシック目前に「コンビ解消」7年前のリベンジなるか
NEW

「幻のダービー馬」を負かした姉の豪脚を彷彿! クラシック目前に「コンビ解消」7年前のリベンジなるか

【この記事のキーワード】, ,
「幻のダービー馬」を負かした姉の豪脚を彷彿! クラシック目前に「コンビ解消」7年前のリベンジなるかの画像1
菱田裕二騎手 撮影:Ruriko.I

 20日、新潟5Rに行われた2歳新馬戦(芝1800m)は、1番人気アドマイヤベル(牝2歳、美浦・加藤征弘厩舎)と菱田裕二騎手のコンビが、ゴール寸前で2着馬をハナ差捕らえて優勝した。

「すごい加速力でした」

 騎乗した菱田騎手がレース後、そう絶賛したのも当然か。アドマイヤベルはスタートで出遅れてしまい、最後方付近の追走を余儀なくされることとなる。同騎手も、当初のプランを変更せざるを得なくなったようだ。

 また1000m通過は62秒2のかなりゆったりとしたペースだった上、アドマイヤベルは最後の直線で馬群の大外。内を行く各馬が脚を残していることは想像に難くないだけに、ここから差し切るのは至難の業だと思われた。

 だが鞍上のゴーサインが出ると、アドマイヤベルは先述した菱田騎手の言葉通り素晴らしい加速力を披露。メンバー唯一の33秒台となる上がり3ハロン33秒8を繰り出し、ライバル勢をなで斬りにしてみせた。

「相当荒削りなレース内容だったと思いますが、それでも勝ち切ってしまったあたりこの馬の能力の高さでしょう。まだまだ良化が見込めそうですし、来春の牝馬クラシックに向けて非常に楽しみな1頭ではないでしょうか。

ゴール寸前で2着馬を差し切ったシーンは、新馬戦でシルバーステートを差した姉アドマイヤリードの豪脚を彷彿とさせるようなものもありましたね」(競馬誌ライター)

 そうライターが話している通り、本馬の姉は2017年のヴィクトリアマイル(G1)を制覇したアドマイヤリードだ。

 同馬はデビュー戦で先に抜け出したシルバーステートを、ゴール寸前でアタマ差交わして優勝。主戦だった福永祐一元騎手(現調教師)が「規格外の馬だった」と絶賛し、ファンからも「未完の大器」「幻のダービー馬」などと呼ばれることとなったシルバーステートに唯一土をつけた馬だけに、アドマイヤリードがその後ビッグタイトルを獲得するなど大出世を果たしたのは当然だったかもしれない。

 なお、そのアドマイヤリードと3戦目からコンビを組んでいたのが、今回アドマイヤベルの手綱を取っていた菱田騎手である。

 初騎乗となった白菊賞(500万下・当時)で勝利に導くと、続く阪神ジュベナイルF(G1)は6番人気9着。同馬は菱田騎手が当時お世話になっていた松田博資元調教師の管理馬であり、デビュー4年目だった同騎手もG1挑戦を前に「恩返しがしたいです」と意気込んでいたが、レースではメジャーエンブレムの前に為す術なく完敗した。

 年明けの2016年も引き続き手綱を取ると、チューリップ賞(G3・当時)に出走。収得賞金が心細かったこともあり、ここで何とか桜花賞(G1)の優先出走権を取りたいところだったが、まさかのシンガリ16着に大惨敗……。それと同時に、アドマイヤリードと菱田騎手もコンビ解消となってしまった。

「権利取りには失敗するも、何とか桜花賞の出走枠に滑り込んだアドマイヤリードは、藤岡康太騎手と新コンビを組むと5着に好走。その後の活躍は周知の通りです。

前哨戦で大敗しコンビ解消となった菱田騎手にはその後、アドマイヤリードの手綱が戻ってくることはありませんでした。松田博厩舎が定年で解散したため須貝尚介厩舎に転厩した影響もあったかもしれませんが、同馬のその後の活躍を考えると悔しい思いをしたかもしれませんね」(同)

 姉アドマイヤリードとのコンビでは、あと一歩のところでクラシックに参戦することができなかった菱田騎手。果たして、妹アドマイヤベルと7年前のリベンジとなるだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「幻のダービー馬」を負かした姉の豪脚を彷彿! クラシック目前に「コンビ解消」7年前のリベンジなるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か