GJ > 競馬ニュース > 『ウマ娘』藤田晋氏所有「2.3億円ホース」の評価が爆上がり!? 2着馬が6馬身差大楽勝で「伝説の新馬戦」のワードも
NEW

『ウマ娘』藤田晋氏所有「2.3億円ホース」の評価が爆上がり!? 2着馬が6馬身差大楽勝で「伝説の新馬戦」のワードも

【この記事のキーワード】, ,
『ウマ娘』藤田晋氏所有「2.3億円ホース」の評価が爆上がり!? 2着馬が6馬身差大楽勝で「伝説の新馬戦」のワードもの画像1
C.ルメール騎手

 12日、新潟2Rの2歳未勝利(芝1800m)は、単勝1.1倍に推されたチェルヴィニア(牝2歳、美浦・木村哲也厩舎)とC.ルメール騎手のコンビが、後続に6馬身差をつけて圧勝した。

 ハービンジャー産駒の同馬は、今年の日本ダービー(G1)で5着に好走したノッキングポイントの半妹。6月の新馬戦は惜しくも2着に敗れたが、3着のコラソンビートには3馬身差をつけて先着している。

 そのコラソンビートがその後、2連勝でダリア賞(OP)を制覇。実力を考えるとチェルヴィニアが未勝利で圧倒的支持を受けることとなったのは極めて当然だろう。

 レースでもポンと好スタートを決めたチェルヴィニアは、道中で2番手をがっちりとキープ。最後の直線は軽く気合をつけた程度で逃げ馬を交わし去り、ゴール前もルメール騎手が後ろを振り返る余裕を見せながらの楽勝だった。

「ここでは力が違いすぎましたね。ほぼ馬なりで出した勝ち時計の1分46秒9も、レコードとわずか0秒5しか差のない優秀なものです。母はオークス(G1)2着のチェッキーノだけに、距離が延びても問題ないでしょう。間違いなく樫の女王候補の1頭だと思います」(競馬誌ライター)

 レース後のルメール騎手も「能力があります。パワーアップしていましたし、伸びしろがあります」とチェルヴィニアの将来性を高く評価。今回は芝1800mの中距離を使われただけに、来春へ向けて今後どのようなローテーションが組まれるかも気になるところだ。

藤田晋氏所有「2.3億円ホース」の評価が爆上がり!?

 なおチェルヴィニアが大楽勝を決めたことで評価が爆上がりしたのが、デビュー戦でチェルヴィニアを下したボンドガール(牝2歳、美浦・手塚貴久厩舎)だ。

 父ダイワメジャーの同馬は、昨年のセレクトセールで『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)でお馴染みの藤田晋オーナーが2億3100万円(税込)で購入した超高額馬。昨年のダービーで1番人気に推されたダノンベルーガの半妹という期待の血統馬である。

 そんなボンドガールは、初戦でチェルヴィニアと対決。ハナを奪いスムーズにレースを進めていたチェルヴィニアに対し、ボンドガールは最後の直線で前が壁になるロス。スローで上がり勝負の展開となっていただけに、進路の切り替えは致命傷となっても不思議ではなかった。

 だが外に持ち出して体勢を立て直したボンドガールは、見事な切れ味を披露。チェルヴィニアをほとんど並ぶ間もなく交わし去ると、最後は3/4馬身差をつけてゴールした。

 その負かしたチェルヴィニアが今回、6馬身差の圧勝劇を決めたことにより、SNSやネットの掲示板などには「ロスがありながらチェルヴィニアを差し切ったボンドガールはどれだけ強いんだ」「来年の桜花賞(G1)はボンドガールで決まりだな」など、改めて絶賛の声が寄せられることとなったのも当然か。

 またボンドガールが勝った新馬戦は、4着だったマスクオールウィンもすでに勝ち上がっている。1、2、3着馬も当然、今後の出世が大いに期待できそうであることから、一部ファンからは「これは伝説の新馬戦になりそうだな」とのワードも飛び出ていた。

 ちなみにボンドガールは次走、サウジアラビアロイヤルC(G3)かアルテミスS(G3)を予定。コラソンビートもアルテミスS参戦を視野に入れているようだ。チェルヴィニアを含めた上位組の再対決を今後楽しみに待ちたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

『ウマ娘』藤田晋氏所有「2.3億円ホース」の評価が爆上がり!? 2着馬が6馬身差大楽勝で「伝説の新馬戦」のワードものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ