GJ > 競馬ニュース > C.ルメール×イクイノックス妹がいよいよ初陣! 確勝級の期待も「絶好調」の厩舎は悩める状況に?
NEW

C.ルメール×イクイノックス妹がいよいよ初陣! 確勝級の期待も「絶好調」の厩舎は悩める状況に?

【この記事のキーワード】, ,
C.ルメール×イクイノックス妹がいよいよ初陣! 確勝級の期待も「絶好調」の厩舎は悩める状況に?の画像1
C.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I

 イクイノックスの妹ガルサブランカ(牝2歳、美浦・木村哲也厩舎)が12日、新潟・芝1600mの新馬戦でいよいよデビューを迎える。鞍上は兄の主戦も務めるC.ルメール騎手だ。

 暑さ嫌いで知られる同騎手が北海道から乗りに来ることからも、期待度の高さが窺えるだろう。一応、関屋記念(G3)に出走するエターナルタイムにあわせて新潟に参戦するようだが、もしかするとルメール騎手の中で本命はガルサブランカの方かもしれない。

 なお父はキタサンブラックからキズナに替わっている。兄妹を管理する木村調教師は『日刊スポーツ』の取材に「イクイノックス(父キタサンブラック)とは種馬が違うし、この馬はキズナ産駒らしさがある」と話していることから、兄とはややタイプが異なりそうだ。

 ただキズナもアカイイトやソングラインといったG1ホースを輩出しており、牝馬の産駒は定評がある。新潟の芝1600mといえば今春の牝馬二冠を制したリバティアイランドが羽ばたいた舞台なだけに、当日はガルサブランカの走りに大注目が集まることは間違いない。

「1週前追い切りでは年長馬と互角の動きを見せるなど、順調に調整が進められているみたいです。馬体も470キロ前後と牝馬にしては恵まれているようで、いきなり確勝級の期待ができるのではないでしょうか。

強いてライバル候補を挙げるなら、ミッキーアイル産駒のエリカカリーナでしょうか。実戦でもコンビを組む予定の戸崎圭太騎手が追い切りに跨り、素軽い動きを披露するなど、なかなかの仕上がりのようです」(競馬誌ライター)

 なおガルサブランカを管理する木村調教師は今年の2歳戦、牝馬が絶好調だ。

 先月9日の函館・芝1800mでは、新種牡馬スワーヴリチャード産駒のレガレイラがデビュー勝ち。30日にはエピファネイア産駒のカンティアーモが、新潟・芝1800mを2歳レコードで勝ち上がった。

 オークス(G1)2着馬チェッキーノを母に持つチェルヴィニアは、初戦こそ2着だったが、先週のダリア賞(OP)を勝ったコラソンビートに3馬身差をつけて先着しており、次は確勝級と見て間違いない。

「絶好調」の厩舎は悩める状況に?

 なお上記3頭のうち、レガレイラとチェルヴィニアはルメール騎手が手綱を取った。カンティアーモは同騎手が札幌に参戦していたため、川田将雅騎手が跨がったが、「ルメール信者」として知られる木村厩舎の管理馬だけに、中央場所に戻ればルメール騎手が主戦になる可能性もある。

 その上でガルサブランカも初戦Vを決めることになれば、来年の牝馬クラシックへ向けてルメール騎手が足りない状況となりそうだ。本番までは上手いこと使い分けることも可能かもしれないが、大一番でかち合えば大いに頭を悩ますこととなるだろう。

「ガルサブランカを含めて4頭は、本当にどれもクラシックを狙えるだけの好素材だと思いますよ。あるいはできる限りルメール騎手に乗ってもらうために、1頭くらい牡馬クラシックへ挑戦する可能性もあるかもしれませんね」(同)

 ただこれだけ有力馬が集まるのも、木村調教師の腕が買われているからに違いない。果たして今週末、さらに嬉しい悲鳴を上げることとなるだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

C.ルメール×イクイノックス妹がいよいよ初陣! 確勝級の期待も「絶好調」の厩舎は悩める状況に?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ