GJ > 競馬ニュース > 武豊「絶好調」先週日曜に続く1日3勝の固め打ち! 「約4年ぶり」名門クラブと新馬戦白星も達成
NEW

武豊「絶好調」先週日曜に続く1日3勝の固め打ち! 「約4年ぶり」名門クラブと新馬戦白星も達成

武豊「絶好調」先週日曜に続く1日3勝の固め打ち! 「約4年ぶり」名門クラブと新馬戦白星も達成の画像1
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 レジェンドの勢いが止まらない。

 先週6日はセキフウでエルムS(G3)を制するなど、約2ヶ月ぶりとなる1日3勝を決めた武豊騎手。同馬は弟・武幸四郎調教師の管理馬だが、意外にも今回が初騎乗。公式サイトの日記によると、レジェンドはレース後「もっと前から声をかけてよ」と、幸四郎師にツッコミを入れたとのことだ。

 また10日には、夏の小倉競馬開幕に先駆けて福岡で行われたイベント『てんじんKEIBA』のスペシャルトークショーに参加。小倉競馬の魅力をPRするとともに、今秋はドウデュースでイクイノックスとの再戦を熱望するなど、詰めかけた約1200人の観衆を大いに盛り上げた。

 週末はまた北海道に戻り、土日ともに札幌で騎乗する。12日は2016年に亡くなった父・邦彦さんの命日でもあったのだが、最初の騎乗となった2Rでいきなり邦彦さんにささげるような白星を飾るなど、その“役者ぶり”をアピールした。

 武豊騎手はその後も4Rと5Rを勝利し、騎乗機会3連勝を達成。先週の日曜1Rをレーヴジーニアルで制してから、ここまで実に8戦6勝という驚異的な数字になるなど、とにかく手綱が冴えまくっている。

「2Rで騎乗したオシゲは、ここ5戦で2着4回と勝ち切れないレースが続いていたのですが、よく1着に持ってきましたね。ちなみに9Rでは、同馬の兄キングロコマイカイも勝利。両馬のオーナーで母オツウも所有していた大和屋暁氏にとっても喜びひとしおだったと思います。

4Rで勝利に導いたトウキチロウは、ジョッキーとして同期生だった蛯名正義調教師の管理馬。このコンビは昨年のインスタキング以来、1年ぶりの勝利にもなりました」(競馬誌ライター)

「約4年ぶり」名門クラブと新馬戦白星も達成

 また5Rの2歳新馬戦をレアリゼアンレーヴ(牝2歳、栗東・須貝尚介厩舎)で勝利を決められたことは、武豊騎手にとっても大きかったのではないか。

 というのも、同馬を所有するキャロットファームと武豊騎手が新馬戦で白星を挙げるのは、2019年のレシステンシア以来、およそ4年ぶりのことだからだ。

 それどころか、レシステンシアで1着を取ってから次の新馬戦の騎乗依頼まで、約3年もの間隔が空くなど、やや疎遠に近いような状況でもあった。ただ、かつて両者はリスグラシューやハットトリックなどで重賞勝利を飾っていた名コンビでもある。

 キャロットファームといえば、最近もダービー馬のタスティエーラやジャパンC(G1)勝ち馬ヴェラアズールなど活躍馬を多数送り出している名門だ。レアリゼアンレーヴでの白星をきっかけに、再び同クラブとの関係が強まれば、レジェンドにとっても心強いことこの上ないだろう。

「武豊騎手といえば先週、キャロットファームと同じノーザン系の一口クラブであるサンデーレーシングとも、およそ3年ぶりとなる新馬戦での白星を挙げていましたね。名門との復縁ムードが漂うなど、ここ最近は本当にいい流れなのではないでしょうか」(同)

 なおレアリゼアンレーヴについて武豊騎手はレース後、「追ってからの反応も良く、優等生のような走りでした。良い決め手を持っています」などとベタ褒めした。夏競馬後半戦もレジェンドから目が離せそうにない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊「絶好調」先週日曜に続く1日3勝の固め打ち! 「約4年ぶり」名門クラブと新馬戦白星も達成のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  5. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  8. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  9. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  10. NHKマイルCに「史上最高メンバー」集結!? 2歳女王アスコリピチェーノVS2歳王者ジャンタルマンタルに加え「あの大物」参戦も…役割を終えたマル外ダービーに脚光