GJ > 競馬ニュース > 日本ダービー(G1)1番人気馬に食い下がった「大物候補」がノーステッキ完勝デビュー! 「ドゥラメンテ産駒で一番いい」期待の良血馬を関係者も絶賛
NEW

日本ダービー(G1)1番人気馬に食い下がった「大物候補」がノーステッキ完勝デビュー! 「ドゥラメンテ産駒で一番いい」期待の良血馬を関係者も絶賛

【この記事のキーワード】, ,
日本ダービー(G1)1番人気馬に食い下がった「大物候補」がノーステッキ完勝デビュー! 「ドゥラメンテ産駒で一番いい」期待の良血馬を関係者も絶賛の画像1
ダノンベルーガ 撮影:Ruriko.I

「直前のひと追いでグンと良化しました」

 今年もタスティエーラで日本ダービー(G1)を制するなど、トップトレーナーの1人である堀宣行調教師がそうコメントしたのは、20日の札幌記念(G2)で4着だったダノンベルーガの最終追い切りを見届けてのことだ。

 3月のドバイターフ(G1)以来、久々の実戦だったこともあり、戦前から調整不足がささやかれていた同馬。ただ、レース当週の調教では3頭併せで最先着を果たすなど、貫禄の動きを披露していた。

 なお、この追い切りでダノンベルーガに約1馬身後れを取ったものの、昨年の日本ダービー1番人気馬に食らいつく動きを見せたことで、むしろ評価を高めることとなった2歳馬がいる。それがドゥレイクパセージ(牡2歳、美浦・堀宣行厩舎)である。

 同馬の父も堀厩舎の管理馬であり、2015年の日本ダービーを制したドゥラメンテ。母は現役時代にアルゼンチンでG1・2勝を挙げた名牝ソブラドラインクという、期待の血統馬だ。

「ドゥラメンテ産駒で一番いい」期待の良血馬を関係者も絶賛

 育成牧場であるノーザンファーム早来の木村浩崇厩舎長も、ドゥレイクパセージについては『POGの王道2023-2024』(双葉社)の取材に対し「ドゥラメンテ産駒では一番いいかな。走りが軽いです」と話すなど絶賛。本馬の潜在能力は早い時点から、関係者の間でも評価されていたようだ。

 そんな大物候補であるドゥレイクパセージが27日、札幌5Rに行われた2歳新馬戦(芝1800m)で、J.モレイラ騎手を背にいよいよデビュー戦を迎えた。

 少頭数5頭で争われたレース。1番人気こそC.ルメール騎手とヴァルドルチャに譲ったものの、2番人気に支持されたドゥレイクパセージは飛び出るようにゲートを出ると、そのままハナへ。2番手にはヴァルドルチャがつけたことにより、レース前半から早くも2頭によるマッチレースの様相となった。

 1000m通過は65秒0の超スローペース。モレイラ騎手とドゥレイクパセージは4コーナーで荒れたインコースを避けて最後の直線へ。背後にいたヴァルドルチャに差を詰められるどころか逆に突き放す強い内容で、最後は3馬身差をつけてフィニッシュした。

「最後の直線はヴァルドルチャともう少し接戦になるかと見ていたのですが、どうやらドゥレイクパセージのほうが力がワンランク抜けていたようですね。逃げて上がり3ハロン最速をマークしたことからも、今回は文字通りの完勝だったと思います。

ちなみにドゥレイクパセージは最後までノーステッキで、ゴール前は抑える余裕も見せていました。調教でダノンベルーガに食い下がった能力は伊達ではありませんでしたね」(競馬誌ライター)

 まずは無事に初戦突破を決めたドゥレイクパセージについて、モレイラ騎手はレース後「新馬戦だけど落ち着いていた。しっかりと教育がされていてスムーズなレースができた」「ポテンシャルは相当高いです」などと、2歳馬らしからぬ完成度の高い走りを見せたことを評価していた。

 次走は未定のようだが、来春の大舞台へ注目の1頭が現れたことは間違いないだろう。今後の走りを楽しみにしたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

日本ダービー(G1)1番人気馬に食い下がった「大物候補」がノーステッキ完勝デビュー! 「ドゥラメンテ産駒で一番いい」期待の良血馬を関係者も絶賛のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」