GJ > 競馬ニュース > 産駒勝利数でクロフネを抜いたハーツクライ…晩年の産駒に懸かる期待、オーギュストロダンを出したディープインパクトに続けるか
NEW

産駒勝利数でクロフネを抜いたハーツクライ…晩年の産駒に懸かる期待、オーギュストロダンを出したディープインパクトに続けるか

【この記事のキーワード】, ,
産駒勝利数でクロフネを抜いたハーツクライ…晩年の産駒に懸かる期待、オーギュストロダンを出したディープインパクトに続けるかの画像1
撮影:Ruriko.I

 2日、小倉競馬場で行われた2歳未勝利戦(芝2000m)では、単勝オッズ1.1倍の支持を受けたハーツクライ産駒のルシフェル(牝2、栗東・斉藤崇史厩舎)が、後続に4馬身差をつけて初勝利を挙げた。

 デビュー戦こそエコロヴァルツの2着に敗れたが、相手はクラシック候補として大きな注目を集めている馬。2戦目を楽勝したルシフェルも、まだまだ上を目指せるだろう。

 また、ルシフェルの勝利でハーツクライ産駒のJRA勝利数は1485。1484勝のクロフネを抜いて歴代種牡馬別通算勝利数ランキングで単独7位となった。さらに3日が終了した時点で4勝を上乗せしたため、6位のフジキセキに38勝差まで迫った。

 これまでも2022年の日本ダービー馬ドウデュースを始め、シュヴァルグランやスワーヴリチャードといった数々のG1馬を輩出するなど優秀な成績を残したが、2023年の3月に天国へと旅立った。

 そのハーツクライの産駒のラストクロップとなるのが2023年の2歳世代だ。

 競馬には昔から“晩年の産駒はよく走る”傾向が見られる。古くは七冠馬シンボリルドルフの父パーソロンや“神の馬”と称された欧州三冠馬のラムタラもニジンスキー晩年の最高傑作と言われている。

 さらに歴代産駒勝利数の上位種牡馬の晩年の産駒を見てみると、大種牡馬サンデーサイレンスが晩年に輩出し最高傑作となったのがディープインパクトである。また、ラストクロップとしてはマツリダゴッホやフサイチパンドラも輩出。そのフサイチパンドラは言わずと知れた芝G1を9勝したアーモンドアイの母馬である。

 また、キングカメハメハは秋華賞馬スタニングローズ、フジキセキも晩年にはイスラボニータといったG1馬を輩出した。

 ディープインパクトについては、キズナやコントレイルら多くのG1馬を世に送り込んだが、2021年のホープフルS(G1)の勝ち馬キラーアビリティや2022年の菊花賞(G1)を勝ったアスクビクターモア、2023年の天皇賞・春(G1)を制したジャスティンパレスなど晩年の産駒からも多くのG1馬を輩出している。英・愛ダービーを制したオーギュストロダンは、ラストクロップの1頭でもあった。

 ハーツクライのラストクロップは、先述のルシフェルに加え、重賞馬レッドジェネシスの半妹ルージュスエルテ、松山弘平騎手が絶賛したファーヴェントの3頭を含め35頭。これら晩年のハーツクライ産駒も先輩たちのようにG1を勝利する姿が見られるかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

産駒勝利数でクロフネを抜いたハーツクライ…晩年の産駒に懸かる期待、オーギュストロダンを出したディープインパクトに続けるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「今回はさすがに飲んじゃった」無念の降板から朗報!コンビ継続で2年ぶりV狙うチャンピオンズC…「無敗の怪物バトル」まで負けられない?
  2. 【有馬記念】イクイノックス引退、リバティアイランド年内休養でも超豪華!皐月賞馬とダービー馬の激突も実現…最大の注目は「武豊ドウデュース」の復活?
  3. 武豊チャンピオンズC「前日」も痛い乗り替わり! 中距離路線の「新星」放出の危機?
  4. 「ユタカじゃないと乗りこなせない」レジェンドの降板がお手馬にも影響 武豊「騎乗不可」でも再登板は叶わず…チャンピオンズC(G1)主戦の川田将雅は他の馬に…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. チャンピオンズC「レモンポップは残り100mで止まる?」。G1馬が馬群に沈む決定的根拠&波乱を呼び込む関西馬とは
  6. 世界最強イクイノックスよりも「高評価」を得た馬がまさかの低迷!? 川田将雅も指摘の「ウィークポイント」克服で見出したい活路
  7. 【香港マイル】獲得賞金「イクイノックス超え」の最強マイラーが出走!新王者ナミュールら「日本の精鋭」たちに立ちはだかるのは?
  8. 【チャンピオンズC】「最強助っ人」とコンビ復活の3歳馬VS新・砂の女王!? ドゥラメンテ産駒2頭の対決が「密かな注目」を浴びるワケ
  9. 「ルメール×川田を買っておけば……」から様相一変!? “2強ムード”チャンピオンズC(G1)は鞍上に「不安」あり?
  10. 短距離馬ドレフォンが輩出した「異色のステイヤー」がステイヤーズS(G2)で重賞初挑戦!イクイノックス破ったジオグリフに続く活躍を期待