GJ > 競馬ニュース > 世界最強イクイノックスよりも「高評価」を得た馬がまさかの低迷!? 川田将雅も指摘の「ウィークポイント」克服で見出したい活路
NEW

世界最強イクイノックスよりも「高評価」を得た馬がまさかの低迷!? 川田将雅も指摘の「ウィークポイント」克服で見出したい活路

【この記事のキーワード】, ,

世界最強イクイノックスよりも「高評価」を得た馬がまさかの低迷!? 川田将雅も指摘の「ウィークポイント」克服で見出したい活路の画像1

 イクイノックスが4馬身差の独走劇を決めた、先週のジャパンC(G1)。ため息が出るほどの強さとは、まさにこのことを言うのだろう。

 これで獲得賞金は歴代トップの22億1544万6100円に到達。G1レースのみを6連勝というのも、JRA史上初の快挙。まさに記録づくしの優勝であった。

 なおイクイノックスはここ3戦、単勝オッズ1.3倍という圧倒的な支持。もはや国内で太刀打ちできる馬はいないと思われる強さを見せただけに、仮に有馬記念(G1)に参戦するようであれば、当日はさらに人気が集中することになりそうだ。

 そんな現役世界最強馬のイクイノックスだが、2021年8月のデビュー戦で2番人気に甘んじていたというのは、いま考えるとかなり意外だったと言えよう。

世界最強イクイノックスよりも「高評価」を得た馬がまさかの低迷!? 川田将雅も指摘の「ウィークポイント」克服で見出したい活路の画像2
サトノヘリオス

 ちなみに同馬を抑えて1番人気に推されたのが、現在2勝クラスのサトノヘリオス(セン4歳、栗東・友道康夫厩舎)である。

 同馬は21年の牡馬クラシックで主役だったエフフォーリアと同じエピファネイア産駒。近親に二冠馬エアシャカールや秋華賞馬エアメサイアなどがいる良血だ。デビュー前の追い切りでは、後のダービー馬ドウデュースと併せ馬を消化し、鋭い動きを見せていたことなども、人気を集めることとなった要因の1つだろう。

 レースではイクイノックスに約9馬身離された4着に終わったが、折り返しの未勝利とエリカ賞(1勝クラス)をレコードで連勝。翌年にはスプリングS(G2)とラジオNIKKEI賞(G3)で3着に入るなど、素質の片鱗を見せつけていた。

 しかし、その後は条件クラスすら勝ち上がれず低迷。前走の自己条件でも1番人気8着に敗れ、現在は去勢されてセン馬となっている。初戦であのイクイノックスよりも高評価だったことを考えると、かなり物足りない競走成績だといえそうである。

「ウィークポイント」克服で見出したい活路

「サトノヘリオスは2歳時にレコードで連勝しているように、潜在能力の高さは間違いないと思います。ただ初勝利を挙げた際に、騎乗していた川田将雅騎手が『性格の難しさが出てきて、だいぶコントロールが利きづらくなっている。その辺りの改善が必要』と話していたことからも、気性面の難しさがネックとなっているようですね。

ただそれだけに、去勢してセン馬となったことは劇的な効果を生むかもしれませんよ。何よりデビュー戦ではイクイノックスよりも評価を集めた馬ですからね。ここからの巻き返しに期待したいです」(競馬誌ライター)

 ちなみにサトノヘリオスとイクイノックスが対戦した新馬戦は、3着のサークルオブライフが後に阪神ジュベナイルF(G1)を優勝。今年重賞を3連勝し、今週末のチャンピオンズC(G1)に出走予定のウィルソンテソーロが6着であったことから、かなりハイレベルな一戦だった。

 サトノヘリオスはここでサークルオブライフとわずか0秒3差だったのだから、2勝クラスで燻っているような馬ではないだろう。去勢効果と復帰戦での好走に期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

世界最強イクイノックスよりも「高評価」を得た馬がまさかの低迷!? 川田将雅も指摘の「ウィークポイント」克服で見出したい活路のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か