GJ > 競馬ニュース > 短距離馬ドレフォンが輩出した「異色のステイヤー」がステイヤーズS(G2)で重賞初挑戦!イクイノックス破ったジオグリフに続く活躍を期待
NEW

短距離馬ドレフォンが輩出した「異色のステイヤー」がステイヤーズS(G2)で重賞初挑戦!イクイノックス破ったジオグリフに続く活躍を期待

短距離馬ドレフォンが輩出した「異色のステイヤー」がステイヤーズS(G2)で重賞初挑戦!イクイノックス破ったジオグリフに続く活躍を期待 の画像1

 12月2日に中山競馬場で行われるステイヤーズS(G2)。芝3600mと国内平地重賞最長距離の「マラソンレース」として知られるレースだ。

 スタミナ勝負のこのレースで好走する馬は、やはり優れたステイヤーを父に持つことが多い。直近3年ではオルフェーヴル産駒が5回入着。また昨年の2着馬プリュムドールの父はゴールドシップと、やはりステイヤー血統の活躍が光る。

 そんなステイヤー血統の独壇場とも言えるレースで、名スプリンターを父に持つ異色の存在がワープスピード(牡4歳、美浦・高木登厩舎)だ。

「異色のステイヤー」がステイヤーズS(G2)で重賞初挑戦!

 ワープスピードの父ドレフォンはブリーダーズCスプリントなど米短距離G1を3勝した生粋のスプリンター。代表的な産駒として、日本では初年度産駒のジオグリフが知られている。

 イクイノックスを皐月賞(G1)で破ったジオグリフも出したが、産駒のほとんどが短距離から中距離まで適性を見せている。ワープスピードも他のドレフォン産駒の例に漏れずデビューから3戦は1800m戦に出走。その後徐々に距離を延ばし、近走では芝2400mのレースを3戦続けて使われていた。

 距離の不安が付きまとうドレフォン産駒だが、芝2400mの初勝利はワープスピードであり、そしてその最長距離を大幅に塗り替えたのもワープスピードだった。前走の古都S(3勝クラス)は、さらに長い芝3000mのレースとなったが無事勝利。予想以上に長距離への適性を証明した。

 スプリントG1を勝った父から考えると、少々意外に思えるステイヤーとしての素質を開花させただけに、これなら600mの延長も問題なさそうだ。これには高木師も「ドレフォン産駒だけどスタミナがあるし、ひっかかる馬ではないので、距離はこなせると思う。うまく流れに乗れれば楽しみ」と手応えを感じているようだ。

 また、血統的に母父がディープインパクトである点も見逃せない。ディープインパクトは菊花賞(G1)、天皇賞・春(G1)、阪神大賞典(G2)と長距離重賞を制した。半姉ディヴァインラヴも菊花賞で3着と好走しており、スタミナは母系から受け継がれているのだろう。

 重賞初挑戦は図らずも国内最長レースとなった。高木師に見出された素質がどこまで花開くのか注目の一頭だ。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

短距離馬ドレフォンが輩出した「異色のステイヤー」がステイヤーズS(G2)で重賞初挑戦!イクイノックス破ったジオグリフに続く活躍を期待のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か