GJ > 競馬ニュース > 武豊チャンピオンズC「前日」も痛い乗り替わり! 中距離路線の「新星」放出の危機?
NEW

武豊チャンピオンズC「前日」も痛い乗り替わり! 中距離路線の「新星」放出の危機?

【この記事のキーワード】, ,
武豊チャンピオンズC「前日」も痛い乗り替わり! 中距離路線の「新星」放出の危機?の画像1
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 早いもので今週末から12月に突入。秋のG1シリーズも終盤戦となる。先週のジャパンC(G1)ではイクイノックスが4馬身差で圧勝するなど、毎週のように盛り上がりを見せているが、唯一残念なのが武豊騎手の不在だ。

 10月に行われた天皇賞・秋(G1)当日に負傷してしまい、騎乗予定だったドウデュースを乗り替わり。当初は2~3週間での復帰が報じられていたが、結果的には約1ヶ月後に開催されたジャパンCでも騎乗は叶わなかった。

 オフィシャルサイトの日記によると、今週一杯は騎乗をキャンセルし療養に専念するようだ。そのため12月3日のチャンピオンズC(G1)で騎乗予定だったアイコンテーラーは、J.モレイラ騎手が手綱を取ることとなった。

 また、その前日に開催されるチャレンジC(G3)でコンビを組む予定だったリカンカブール(牡4歳、栗東・田中克典厩舎)も乗り替わりとなってしまったことは、レジェンドにとってかなり痛手かもしれない。

中距離路線の「新星」放出の危機?

 同馬と武豊騎手は前走の西宮S(3勝クラス)で初コンビ。道中後方でじっくり脚を溜めると、ゴール寸前でレジェンドの十八番ともいえる、測ったような差し切り勝ち。とてもテン乗りとは思えない、人馬一体の走りだった。

 この勝利でオープン入りを果たしたリカンカブールは、今年に入り2戦2勝と勢いに乗っている上に、芝2000mでは5戦4勝2着1回と抜群の成績を残している。レース後の武豊騎手も「もっと良くなるよ」と将来性を高く評価していた中距離路線の新星だ。

 ちなみに前走の勝ちタイム1分58秒3は、阪神・芝2000mで今年3位の好タイム。重賞のマーメイドS(G3)や鳴尾記念(G3)の勝ち時計を上回っていたのだから、即オープンで通用して何ら不思議ではない。今回のチャレンジCでも好勝負はもちろん、ここを勝つようなら来年の大阪杯(G1)で面白い存在になる可能性も十分あるだろう。

「リカンカブールは昨年の神戸新聞杯(G2)で6着でしたが、3着のボルドグフーシュとはわずか0秒2差。重賞ウイナーのプラダリアやアスクワイルドモアには先着していたのですから、本格化の兆しがみえる今なら重賞でも十分に戦える器だと思いますよ。

ちなみに管理する田中克調教師は、自信のある時にしか武豊騎手に依頼しないそうで、実際にコンビはこれまで5回と少ないものの3勝を挙げており、勝率60%と高い数字。

今回のチャレンジCは約1ヶ月前から武豊騎手とコンビが決まっていたことからも、陣営は相当の自信を持っていたことは間違いないでしょう。

それだけに、怪我で仕方ないとはいえ、武豊騎手にしても前走で同馬を評価していたことからも、今回の乗り替わりは無念でしょうね」(競馬誌ライター)

武豊チャンピオンズC「前日」も痛い乗り替わり! 中距離路線の「新星」放出の危機?の画像2
藤岡康太騎手

 なお負傷のレジェンドに代わってリカンカブールの手綱を取るのが、藤岡康太騎手だ。

 前走の西宮Sでは他の馬に騎乗していた藤岡康騎手だが、もともとリカンカブールのデビュー戦から6戦連続で手綱を取っていた主戦ジョッキーである。

 ちなみに藤岡康騎手といえば、先日のマイルCS(G1)で負傷のR.ムーア騎手に代わり、急遽ナミュールに騎乗。見事な手綱さばきで優勝に導く大役を果たしたばかり。仮にここでも結果を出すことがあれば、リカンカブールの元主戦でもあるだけに、今後もコンビ継続となる可能性もありそうだ。

 そうなった場合、武豊騎手は中距離路線の新星を手放してしまうケースも発生するかもしれない。まずはリカンカブールが今週末、重賞でどのような走りを披露してくれるのか注目してみたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊チャンピオンズC「前日」も痛い乗り替わり! 中距離路線の「新星」放出の危機?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か