GJ > 競馬ニュース > 【チャンピオンズC】「最強助っ人」とコンビ復活の3歳馬VS新・砂の女王!? ドゥラメンテ産駒2頭の対決が「密かな注目」を浴びるワケ
NEW

【チャンピオンズC】「最強助っ人」とコンビ復活の3歳馬VS新・砂の女王!? ドゥラメンテ産駒2頭の対決が「密かな注目」を浴びるワケ

【チャンピオンズC】「最強助っ人」とコンビ復活の3歳馬VS新・砂の女王!? ドゥラメンテ産駒2頭の対決が「密かな注目」を浴びるワケの画像1
ドゥラエレーデ 撮影:Ruriko.I

 12月3日に開催されるチャンピオンズC(G1)。復活を期待される1頭がドゥラエレーデ(牡3歳、栗東・池添学厩舎)だ。

 14番人気の超低評価を覆して昨年末のホープフルS(G1)を勝利し、G1馬に輝いた同馬。今年初戦となったUAEダービー(G2)でも、後にブリーダーズCクラシック(G1)で2着に好走するデルマソトガケの2着に入る走りを見せた。

 しかし、続く日本ダービー(G1)ではスタート直後、鞍上の坂井瑠星騎手がまさかの落馬。ちなみにダービーでの落馬は1993年のマルチマックスと南井克巳元騎手以来、30年ぶりの残念な結果となってしまった。

 その後の2レースでも掲示板の5着以内すら入れず精彩を欠いている現状である。しかもチャンピオンズCは当初R.ムーア騎手とコンビを組む予定だったが、同騎手は落馬負傷のため短期免許を返上し帰国してしまった。本レースを2017年に制している名手の手腕に期待していた陣営にとっても誤算だったはずだ。

 ただ、そんなドゥラエレーデ陣営に朗報が舞い込んだ。昨年のホープフルSで手綱を取ったB.ムルザバエフ騎手が、当初の予定よりも1週早く短期免許で参戦することとなり、チャンピオンズCで騎乗できる見通しとなったのだ。

 ムルザバエフ騎手といえば昨年12月から今年3月にかけて、短期免許では初来日ながらも本馬とのG1タイトルを含む重賞3勝を挙げるなど、大きな爪痕を残した。約3ヶ月間で21勝を挙げ、単勝回収率は150%という好成績であったこともあり「神外国人ジョッキー」と信頼を寄せるファンも多い。チャンピオンズCと同じ中京ダート1800mの重賞・東海S(G2)を、プロミストウォリアで勝っている実績も頼もしい。

 またドゥラエレーデも、ダートでは2戦1勝2着1回とまだ底を見せておらず、未知の魅力を秘めている。強力パートナーとのコンビ再結成で、ホープフルSのときと同じような大駆けに期待したいところだ。

 そんなドゥラエレーデだが、今回のチャンピオンズCでは、同じく参戦を予定しているアイコンテーラー(牝5歳、栗東・河内洋厩舎)との対決も一部ファンの間で注目を集めているようだ。

2頭の対決が「密かな注目」を浴びるワケ

 アイコンテーラーといえば今年8月、5歳夏にして初のダート戦に出走すると、いきなり勝利。砂転向からわずか3戦目にして11月のJBCレディスクラシック(G1)を制した、新たな砂の女王である。

 同馬とドゥラエレーデはこれまで一度も対戦したことがない。世代も2つ離れており、強いて接点を挙げるとすれば、父が同じドゥラメンテであることくらいか。それにもかかわらず、一体なぜ2頭の対決に注目が集まるのか。

「アイコンテーラーは昨年6月に開催されたマーメイドS(G3)に出走したのですが、その最終追い切りの際、同馬を大外からもの凄い勢いで抜き去っていった馬が画面に映り込みました。それがなにを隠そうドゥラエレーデだったんです。

ちなみに当時のドゥラエレーデは、まだデビュー前の2歳馬だった訳ですから驚きです。すでに古馬オープンだったアイコンテーラーを抜群の手応えで交わしていったことから、SNSやネット掲示板では『アイコンテーラーを画面の端からぶち抜いたすごい2歳馬がいる』などと話題となっていたんですよね」(競馬誌ライター)

 そんなアイコンテーラーとドゥラエレーデが、およそ1年5ヶ月を経て、いよいよ実際のレースで相まみえることとなった。どうやら当時の調教のことを覚えていたファンが、今回2頭の対決を密かに注目することとなったようだ。

 ちなみに『netkeiba.com』で公開されているチャンピオンズCの単勝予想オッズで、アイコンテーラーは3番人気。対してドゥラエレーデは12番人気とまったくの低評価だが、あの追い切りの動きを思い出すと侮らないほうがよさそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【チャンピオンズC】「最強助っ人」とコンビ復活の3歳馬VS新・砂の女王!? ドゥラメンテ産駒2頭の対決が「密かな注目」を浴びるワケのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か