GJ > 競馬ニュース > イクイノックス引退で「最強配合」待ったなし!? エフフォーリアやデアリングタクトら「奇跡の血量」も再現
NEW

イクイノックス引退で「シルク最強配合」待ったなし!? エフフォーリアやデアリングタクトら「奇跡の血量」も再現

イクイノックス引退で「シルク最強配合」待ったなし!? エフフォーリアやデアリングタクトら「奇跡の血量」も再現の画像1
イクイノックス 撮影:Ruriko.I

 先月26日のジャパンC(G1)を制し、世界最強の実力を証明したイクイノックス。秋古馬三冠にリーチのかかる有馬記念(G1)への出走も期待されたが、大目標としたジャパンCがラストランという噂も聞かれていただけに、レース後、木村哲也調教師とC.ルメール騎手の涙を見て「引退」を察したファンもいたのではないか。

 そして多くのファンが注目した答えは明かされた。オーナーのシルクレーシング・米本昌史代表によれば「社台スタリオンステーションより、この上ない評価をいただいた」とのことで、ジャパンCをもって現役を引退し、同スタリオンで種牡馬入りする運びとなった。

 父キタサンブラックも現役バリバリの種牡馬なだけに、まだ4歳であるイクイノックスの走りをもう少し見たいという声もあったはず。だが、秋2戦を激走した疲れもあり、レースに使うことはアクシデントも付きまとう。既に十分な実績を残していることを考えれば、無理はさせられないとの判断がなされたのだろう。

 また、種牡馬イクイノックスには、血統的に父よりも魅力的な面がある。それはサンデーサイレンスの血が1代遠くなることだ。あまり偏った配合は体質の弱さや気性難の原因になる可能性があるとされるが、4代父がサンデーサイレンスなら、数多い同系統の牝馬とも交配しやすい。

 では、イクイノックスにどのような繁殖牝馬が集まるのか?今から夢が膨らむ話だが、やはりアーモンドアイとの配合には期待が高まる。もし実現するようならシルクレーシング、並びに歴代日本馬の獲得賞金トップ2。2頭の賞金を合わせて“41億円ホース”が誕生することになる。

「シルクレーシングの結晶」待ったなし!?

「イクイノックス×アーモンドアイ」は、ロマンのある組み合わせだが、既に父キタサンブラックとアーモンドアイの仔は受胎中。父に続いて息子も候補として有力視される可能性は非常に高い。

 同配合で生じるサンデーサイレンスの4×3は「奇跡の血量」と呼ばれる。エフフォーリアやデアリングタクトといった近年の名馬と同じクロスだけに期待したくなる。 純粋なファンとしても、シルクレーシングが送り出した「最強馬2頭の結晶」はぜひ見たいところ。
 
 この配合に限らず、イクイノックスがどのような産駒を輩出するのか、今から楽しみでならない。同馬のこれまでの活躍を労うとともに、末永く種牡馬生活を続けられることを願う。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

イクイノックス引退で「シルク最強配合」待ったなし!? エフフォーリアやデアリングタクトら「奇跡の血量」も再現のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か