GJ > 競馬ニュース > 【有馬記念】ソールオリエンス×川田将雅に「克服すべき」課題!? 超強力コンビ誕生も、不安は「騎手」の距離適性?
NEW

【有馬記念】ソールオリエンス×川田将雅に「克服すべき」課題!? 超強力なコンビ誕生も、不安は「騎手」の距離適性?

【この記事のキーワード】, ,
【有馬記念】ソールオリエンス×川田将雅に「克服すべき」課題!? 超強力なコンビ誕生も、不安は「騎手」の距離適性?の画像1
ジャスティンパレス 撮影:Ruriko.I

 イクイノックスが圧勝した天皇賞・秋(G1)で2着に入ったジャスティンパレス(牡4、栗東・杉山晴紀厩舎)。次走に予定している有馬記念(G1)には、引き続き横山武史騎手とのコンビで挑むことが分かった。

 先日のジャパンC(G1)でも圧倒的な強さを見せつけた世界最強馬イクイノックスだが、大きな注目を集めた去就について、現役を引退して種牡馬入りすることが発表されたばかり。

 対抗格として評価された3歳の三冠牝馬リバティアイランドがジャパンCで4馬身の差をつけられたことを考えると、天皇賞・秋のジャスティンパレスは2馬身半差。勝ち馬がまだまだ余裕の手応えだっただけに、この着差を鵜呑みには出来ないものの、相対的に後者の評価も上がりそうだ。

 前走が初コンビとなった横山武騎手との相性も良さそうであり、本番でも上位人気に支持される可能性が高いだろう。

【有馬記念】ソールオリエンス×川田将雅に「克服すべき」課題!? 超強力なコンビ誕生も、不安は「騎手」の距離適性?の画像2
ソールオリエンス 撮影:Ruriko.I

 これに対し、元パートナーの騎乗馬が確定したため、新たに「鞍上問題」が発生したのは、菊花賞(G1)で3着に敗れたソールオリエンス(牡3、美浦・手塚貴久厩舎)である。

 本馬は2戦目から横山武騎手がコンビを続けて、無敗で皐月賞(G1)を制した3歳世代トップクラスの1頭。皐月賞後に公開されたジョッキーカメラの映像でも、興奮冷めやらぬ横山武騎手が、大絶賛する声が聞かれたほど評価の高い実力馬だった。思い入れの強い相手だけに、自分の意思でそう簡単に手放すとは考えにくいのだが、両者の間に何があったのだろうか。

「少し前にも噂されたように、有馬記念のソールオリエンスには川田将雅騎手が騎乗することが決まりました。主戦を任されていた横山武騎手は、天皇賞・秋(G1)で2着したジャスティンパレスに騎乗します」(競馬誌ライター)

超強力コンビ誕生も不安は「騎手」の距離適性?

 昨年のリーディングジョッキーである川田騎手なら鞍上強化にも思えるが、一部のファンから心配されているのは、どうやらソールオリエンスではなく川田騎手自身の“距離不安”ということらしい。

 これまで2400mの重賞なら【11.6.7.51/75】の勝率14.7%と非常に頼もしい川田騎手だが、その一方で2500mは【1.2.3.18/24】と勝率4.2%に低下する。ちなみに2500m以上の場合も【2.5.7.54/68】の勝率2.9%と、距離が延びるにつれて信頼度が低下しているからだ。

 また、有馬記念に限定してみても、2008年に14番人気アドマイヤモナークで2着に食い込んだケースはあるが、馬券圏内の好走はこのときのみ。それ以外は14年エピファネイア(2番人気5着)、15年ラブリーデイ(2番人気5着)、18年キセキ(2番人気5着)を含めて10連敗中と年末のグランプリとは縁がない状況が続いている。

 2400mからわずか100mの違いだけに理由は分からないが、データ上では「たかが100m、されど100m」ということなのかもしれない。

 そんな川田騎手にとっては、ソールオリエンスと有馬記念に向かうことは“不名誉なイメージ”を払拭する絶好のチャンスとなりそうだ。昔から「長距離は騎手」という格言がある。今や日本人No.1ジョッキーとなった川田騎手の反撃に期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【有馬記念】ソールオリエンス×川田将雅に「克服すべき」課題!? 超強力なコンビ誕生も、不安は「騎手」の距離適性?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か