GJ > 競馬ニュース > 「遅れてきた大物」ベラジオオペラが復活の重賞勝利! タスティエーラ、ソールオリエンスらが待つ有馬記念(G1)へ「清き1票」を!
NEW

「遅れてきた大物」ベラジオオペラが復活の重賞勝利! タスティエーラ、ソールオリエンスらが待つ有馬記念(G1)へ「清き1票」を!

【この記事のキーワード】, ,
「遅れてきた大物」ベラジオオペラが復活の重賞勝利! タスティエーラ、ソールオリエンスらが待つ有馬記念(G1)へ「清き1票」を!の画像1
ベラジオオペラ 撮影:Ruriko.I

「なんとか清き1票を――!」

 2日、阪神競馬場で行われたチャレンジC(G3)は、3番人気のベラジオオペラ(牡3歳、栗東・上村洋行厩舎)が勝利。日本ダービー(G1)で4着だった「遅れてきた大物」が、貴重な重賞2勝目を手にした。

 13頭立てで行われた芝2000mのレース。抜群のスタートから一時はハナを窺う勢いだったベラジオオペラだが、外からハナを主張したテーオーシリウスやフリームファクシを行かせて好位からの競馬。手応え十分に最後の直線を迎えると、前を飲み込んで堂々の先頭へ。最後はボッケリーニが内から迫ったが、ハナ差しのぎ切って見せた。

「着差こそハナ差でしたが、横山和生騎手が『小細工せずに、正攻法の競馬をしました』と話していた通り、まさに横綱相撲の競馬。ダービー以来、半年ぶりの競馬で+20キロでしたが、ここでは力が一枚上でしたね。デビュー当初から奥手と言われていましたし、陣営も『本格化前でまだ緩さは残っている』と話していた中での勝利。今後が非常に楽しみな馬です」(競馬記者)

有馬記念(G1)へ「清き1票」を!

 同世代のライバルたちが待つグランプリへ、ここは負けられない一戦だった。

 今春の日本ダービーで4着に敗れたベラジオオペラだったが、勝ったタスティエーラとはタイム差なし。上がり3ハロン最速の末脚で皐月賞馬ソールオリエンス、ハーツコンチェルトといった世代トップクラスと互角に渡り合った。

 それだけにこの秋の飛躍が期待されていたが、夏負けによる調整遅れのアクシデント……。予定していた神戸新聞杯(G2)を回避すると、本番の菊花賞(G1)に駒を進めることもできなかったが、復帰戦を白星で飾ったことで再び上昇気流に乗った格好だ。

「夏負けで復帰が遅れたベラジオオペラですが、林田祥来オーナーが『有馬記念の舞台に立たせてあげてやってください』とファン投票を呼び掛けるなど、陣営の期待も非常に高い馬。明日3日が投票の締切だけに難しいかもしれませんが、この勝利は大きなアピールになったのではないでしょうか。今日の走りを見てもG1を狙える素質を秘めていることは確か。今後は馬の状況を見てからになると思いますが、有馬記念でぜひ見てみたい1頭ですね」(別の記者)

 また、「ベラジオ軍団」を応援していることでも有名なYouTube『ベラジオちゃんねる』では、勝てばゼッケンをプレゼントする用意があるという。詳細はぜひ動画を見ていただきたいが、ベラジオの森川幸平社長も出否は未定ながら「なんとか清き1票を!」と協力を呼び掛けている。

 先月30日に公開された有馬記念ファン投票の第2回中間発表では49位とボーダーライン上にいるベラジオオペラ。果たして、この勝利をきっかけに滑り込むことができるか。すでに出走を表明しているタスティエーラ、ソールオリエンスら同世代のライバルに再び挑戦状を叩きつけたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「遅れてきた大物」ベラジオオペラが復活の重賞勝利! タスティエーラ、ソールオリエンスらが待つ有馬記念(G1)へ「清き1票」を!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今年6勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  2. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 永島まなみ「ゴルシワープ」で単勝115.6倍完勝に絶賛の嵐! スウィープフィート武豊に乗り替わりで勝たれるも…翌日最初のレースで超人気薄と大仕事
  5. 戸崎圭太も横山武史もヒヤリ…2ヶ月「16勝」関東リーディング3位「新女王」R.キング「5勝固め打ち」フィニッシュに別れを惜しむ声続々
  6. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  9. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か
  10. 【中山牝馬S(G3)展望】昨年はスルーセブンシーズがここから飛躍! 「今年のC.ルメール」は国枝栄厩舎×ゴドルフィンの遅れてきた好素材