GJ > 競馬ニュース > 【香港ヴァーズ(G1)展望】シャフリヤール有馬記念検討で回避も……ディープインパクトの血を持つ日本馬3頭が集結!
NEW

【香港ヴァーズ(G1)展望】シャフリヤール有馬記念検討で回避も……ディープインパクトの血を持つ日本馬3頭が集結!

【香港ヴァーズ(G1)展望】シャフリヤール有馬記念検討で回避も……ディープインパクトの血を持つ日本馬3頭が集結!の画像1
ジェラルディーナ 撮影:Ruriko.I

 10日、香港のシャティン競馬場で4つのG1からなる「香港国際競走」が開催される。先陣を切って行われるのは、クラシックディスタンスの2400mで争われる香港ヴァーズ(G1)だ。

 日本からはディープインパクトの血を持つ4頭が出走を予定していたが、7日にシャフリヤールの出走取り消しが発表された。

 同馬を所有するサンデーレーシングのホームページによると、現地で馬体検査が行われた際に、不整脈の疑いがあったという。前走の米国ブリーダーズCターフ(G1)で3着に入り、復活の狼煙を上げていただけに残念な知らせとなってしまった。次走については有馬記念(G1)への出走も検討されているという。

 ダービー馬のリタイアによって、残る日本馬はジェラルディーナ、レーベンスティール、ゼッフィーロの3頭。この中で唯一のG1馬であるジェラルディーナ(牝5歳、栗東・斉藤崇史厩舎)をまず取り上げたい。

 父は香港マイルと香港Cを含むG1を6勝したモーリス、母は国内外でG1を7勝したジェンティルドンナなので、血統表の母父の欄にディープインパクトの名前がある。

 牝馬三冠は未出走に終わるなど出世は遅れたが、昨年のエリザベス女王杯(G1)で強豪を破ると、続く有馬記念でもイクイノックスの3着に好走。今年は更なる活躍が期待されたが、始動戦の大阪杯(G1)で6着に敗れると、続くクイーンエリザベス2世C(G1)も6着、さらに宝塚記念(G1)4着で春を終えた。

 秋はオールカマー(G2)から始動するも6着。連覇を狙ったエリザベス女王杯は5着と、今年に入ってから、ことごとく人気を裏切っている。

 近走はスタートで後手を踏んで、流れに乗れないレースがほとんど。五分のスタートを切って流れに乗ることができさえすれば、G1でも上位争いに加わる力はまだあるはずだ。

 母はラストランの有馬記念で有終の美を飾ったが、あれから9年、その娘もラストランで復活の勝利を挙げることができるか。

 レーベンスティール(牡3歳、美浦・田中博康厩舎)は、リアルスティールの初年度産駒。つまり、父の父がディープインパクトとなる。

 昨年11月の2歳新馬でデビューすると、敗れはしたがソールオリエンスと接戦を演じた。勝ち馬は、その後に京成杯(G3)と皐月賞(G1)を勝ち、本馬も注目を浴びる存在になった。

 昨年12月に2戦目で初勝利を飾ると、今年5月に1勝クラスを勝ち上がり、夏のラジオNIKKEI賞(G3)に出走。1番人気に支持されたが、中団後方から外々を回らされる厳しい展開となり、脚を余す形で3着に敗れた。

 そして迎えた秋初戦のセントライト記念(G2)でソールオリエンスと2度目の対決。後方に控えたライバルを尻目に中団から早めに抜け出すと、最後は1.3/4馬身差をつけてデビュー戦の借りを返した。

 その後は優先出走権を得た菊花賞(G1)を見送って、満を持して香港の地でG1初挑戦を果たす。

 ディープインパクトの孫2頭と対峙する日本馬3頭目は、ディープインパクト産駒のゼッフィーロ(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)だ。

 この馬も3歳時はクラシックと縁がなく、オープン入りしたのも4歳となった今年3月だった。昇級初戦のメトロポリタンS(L)でタイム差なしの3着に入ると、続く目黒記念(G2)は4着。デビュー10戦目にして初めて馬券圏外に敗れた。

 その後は秋初戦のオールカマーで7番人気ながら3着に好走すると、前走のアルゼンチン共和国杯(G2)でJ.モレイラ騎手を背に完勝し、初のG1舞台へと駒を進めてきた。

 本馬の最大の特長は、いかにもディープインパクト産駒らしいバネのある走り。デビューから1年ほどは先行策を採ることがほとんどだったが、今年の2戦目以降は差す競馬に脚質を転換。目下6戦続けてメンバー最速の上がり3ハロンを駆使し、末脚に磨きをかけている。

 日本馬3頭のライバルになり得るのは、ウォームハートとジュンコの2頭だろう。

 ウォームハート(牝3歳、愛・A.オブライエン厩舎)は、8月以降にG1を2連勝。前走のBCフィリー&メアターフで連勝は止まったが、クビ差の2着に健闘している。

 凱旋門賞(G1)8勝、仏リーディングトレーナーに31回も輝いた名伯楽が送り込むジュンコ(セ4歳、仏・A.ファーブル厩舎)は、前走のバイエルン大賞(独G1)を超スローペースで逃げてG1初制覇を飾った。

 香港ヴァーズは、過去4年で日本馬が3勝している最も相性のいいレース。シャフリヤールが回避したとはいえ、日本の3頭が上位を独占する可能性も十分あるだろう。発走は10日、日本時間15時10分を予定している。

【香港ヴァーズ(G1)展望】シャフリヤール有馬記念検討で回避も……ディープインパクトの血を持つ日本馬3頭が集結!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  6. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  9. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  10. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑