GJ > 競馬ニュース > 【阪神ジュベナイルF(G1)予想】永島まなみのG1初騎乗・初制覇にも期待をかけて穴馬をチョイス
NEW

【阪神ジュベナイルF(G1)予想】永島まなみのG1初騎乗・初制覇にも期待をかけて穴馬をチョイス

【阪神ジュベナイルF(G1)予想】永島まなみのG1初騎乗・初制覇にも期待をかけて穴馬をチョイスの画像1

 今回は牝馬三冠馬リバティアイランドをはじめ、多くの名牝を送り出した2歳女王決定戦、阪神ジュベナイルF(G1)を予想していく。

 まずは過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていくことにしよう。
アルテミスS 11頭
ファンタジーS 4頭
サフラン賞(1勝クラス) 3頭
京王杯2歳S、札幌2歳S、アイビーS(OP) 各2頭
サウジアラビアロイヤルC、新潟2歳S 各1頭
条件特別(1勝クラス) 3頭
新馬戦 1頭
となっている。このレースの前哨戦となっているアルテミスS(G3)からの転戦馬が圧倒的に多い。位置付けは同じながらファンタジーS(G3)から転戦する馬が次いで多いのだが、頭数自体は約1/3。条件特別やオープン特別からの転戦馬も無視できない頭数ではあるが、本線は上記重賞のどちらかだろう。昨年は新馬戦からいきなり2着に入っているが、レアケース。検討するに越したことはないが、重きを置く必要はないように感じる。

 続いて人気順の成績を見ていく。
1番人気 5-1-0-4
2番人気 1-4-0-5
3番人気 1-1-3-5
4~6番人気 3-1-5-21
7~9番人気 0-1-1-28
10番人気以下 0-2-1-85
となっている。上位人気は着順で数字は異なるが、率にすれば似たようなもの。近5年では1番人気3勝、2番人気2着2回、3番人気1勝3着1回と、軸として考えるなら1番人気に逆らわなくても、という感じはするが、信用しきれる数字ではない。やはり中心になるのは中穴クラス。ただし、8番人気以下の人気薄の激走が昨年、一昨年に炸裂している。昨年は2着に12番人気、3着に10番人気が突っ込んで、大本命リバティアイランドが勝ったにもかかわらず17万馬券となっている。人気薄にも警戒は必要だろう。


 これを踏まえて「◎」は人気サイドだが14番サフィラとする。

 前走はアルテミスS。外目の枠から上手く出て、中団に控える競馬。逃げ馬が離して逃げる展開だったものの、ペース自体はスローで流れていき直線へ。先行勢が直線で伸びていく中、外目を上がって追い比べになったものの勝ち馬に抜け出されて2着に終わった。

 前走アルテミスSの予想では○を打って、きっちり2着に入った。勝ち馬が強かったというのもあるが、全兄のサリオスより半姉のサラキアに似たのか2歳戦では中の上くらいの活躍に止まっている印象である。とはいえ、3戦して1勝しか挙げていないものの、上がり3ハロンはすべて3位以内で33秒台と非凡なところは見せている。

 陣営からも「前走はレース間隔が詰まった上に長距離輸送があったことを考えれば、よく走ってくれた」と評価。今回は関西であり「レース間隔も取れたことで雰囲気が良くなっており、カイ食いもいい」とのことで「現時点で十分勝負になる」と強気のコメントが出ている。

 アルテミスSのタイムもこのレースでは十分勝ち負けできる好タイム。上述したようにアルテミスSからの臨戦は好走例が多く、今年は該当馬がこの馬1頭のみ。さしたるものがなければ軽視してもいいのだが、良血馬ならではのポテンシャルを感じる。人気サイドではあるが、ここは本線で押さえておきたい素質馬だと判断した。


「○」は実績の割に人気がなさそうな13番カルチャーデイを挙げる。

 前走はファンタジーS。内目の枠からスタートするも出遅れ。それでも中団前目にポジションを取って追走。緩みのないペースで流れていき、直線に入ると先行勢が早々に脱落する中、それらを交わして勝利を挙げた。

 デビューは9月の小倉1200m戦で、この時も出遅れたものの中団から抜け出して勝ち上がっている。タイムは馬場が渋っていたせいもあって平凡なものに終わったが、前走の勝ちタイムは2歳戦では出色の好タイム。G2で混合戦の京王杯2歳Sより0.2秒も速い時計をマークしている。

 陣営は「1歩目が遅いものの二の脚でポジションを取れ、前走も想像以上に強い内容だった」と高評価。今回も良い状態で臨めそうで「折り合いに心配がないので、マイルでも対応できるはずだが、血統面では短距離向きなのでどう出るか」とやや引っかかりのあるコメント。

 確かにファインニードル産駒はマイルでギリギリ、主戦場はマイル以下という馬が多い傾向にある。母系も明らかに短距離向きではあるが、上手く立ち回ればもう1ハロンは持つのではないかと踏んでいる。

 近5年でファンタジーSの勝ち馬3頭が馬券に絡んでいるだけに、無視はできない。マイル未経験は懸念されるが、人気もなく馬券妙味があるので敢えてデータを優先して対抗としたい。


「▲」も人気薄だが5番スプリングノヴァを推す。

 前走はサフラン賞。7頭立ての少頭数レースで、スタートから控える競馬に。遅めのペースで流れていくが、落ち着かない展開のまま直線へ。直線では抜け出した馬と追い比べになったが、2着馬をハナ差競り落として勝利した。

 デビューは9月札幌の1500m戦。中目の枠から好ダッシュして逃げを打ち、そのまま2馬身半差をつけて勝ち上がっている。デビュー戦では上がり最速、前走は上がり3位とレースでの比較においては脚を使えているのだが、タイム自体は平凡だ。

 その辺は陣営も懸念しているようで「時計が目立たないだけに、時計勝負や決め手勝負になると厳しいか」と不安を感じているようである。このレースは、ここ3年1分33秒台での決着になっているだけに1分35秒台の前走は物足りなさがある。

 ただ特に2歳戦はそうなのだが、キャリアが浅い中で時計がないという理由だけで切ってしまうと、レースで思いも寄らないパフォーマンスを見せることがある。また、データ的には前走サフラン賞の勝ち馬も3頭が馬券に絡んでいるので、○カルチャーデイ同様無視できない。こちらも現状無敗でその割に人気がないので、馬券妙味もある。ぜひ押さえておきたい。


「△」は人気サイドだが7番アスコリピチェーノと、人気薄の15番ナナオの2頭とする。

 アスコリピチェーノの前走は新潟2歳S(G3)で、大外枠からのスタートだったが出遅れ。それでも中団前目までリカバーして追走。緩いペースで流れていき、直線でも逃げ馬が残る展開になったが、外目から脚を伸ばしていき、これを交わして勝利した。

 デビューは6月の東京1400m戦で、この時は後方待機策から上がり最速の脚で差し切り勝ちを収めた。前走は中団から差し切る競馬だったが、2戦とも差す競馬で着差のつく勝ち方をしたことは、前が残りにくいこのレースの傾向から考えても理想的。

 陣営は11月の半ばから栗東に入厩して調整をしてきたことで「予定通りに仕上がった」とコメント。物怖じせず「ワンターンの広いコースは歓迎」と強気なコメントをしている。

 新潟2歳Sの勝ちタイムは優秀で、このレースでも十分に勝負になる時計。33秒台の上がりタイムを平均して出せる切れ味も有利だろう。ただ、今回は3カ月半の休養明け。また過去10年の新潟2歳Sの勝ち馬で馬券になったのは10年前に2着に入ったハープスターのみで、データ面でも不利がある。その分割り引いての押さえ。


 ナナオの前走はもみじS(OP)で、6頭立ての少頭数レースを好ダッシュして先手を取り、そのまま逃げ切り勝ちを収めた。

 デビューは6月の函館1200m戦で、この時は中団から脚を伸ばしたものの僅差の2着に終わった。その後は未勝利を勝ち上がり、函館2歳S(G3)でも2着に好走。前走は休み明けだったが重馬場をものともせずきっちり勝利している。

 陣営は「ここまで道悪ばかり走っているが、パワー型ではなく良馬場の方がパフォーマンスは出せるはず」とコメント。前走はすんなり行けたことと余力残しで勝っており「距離延長も折り合いの心配はないだろう」と自信ありげである。

 今回は逃げるのか控えるのかが焦点になるだろうが、アスコリピチェーノの項でも触れた通り、差し追い込み勢が優勢のレース。控えつつ、前走のように上がり33秒台の脚を使えるようなら、一発が期待できる。展開次第ではあるが、期待値込みで押さえたい。


 今回は「×」として11番スウィープフィートも挙げておく。

 前走の上がり33秒1は特筆すべきタイムだが、全体的に推しポイントが少ない。そのため人気もないわけだが、デビューから騎乗してきた永島まなみ騎手のG1初騎乗である。もし勝利を挙げるようなことがあれば女性騎手初のG1制覇。可能性は低かろうが、応援を込めて押さえる。

 ということで、今回は5番、7番、13番、14番、15番の5頭で3連複BOX10点、これに11番の単勝で勝負とする。サフィラやアスコリピチェーノあたりが順当に来ると配当は期待しにくいが、残り3頭は人気薄。こちらが来れば10万馬券も夢ではない。

トーラス神田

トーラス神田

オグリ引退の有馬記念をリアルタイムで見ている30年来の競馬好き。ウマ娘キャラがドンピシャの世代。競馬にロマンを求め、良血馬にとことん目がない。おかげで過去散々な目に遭っている。そのくせ馬券は完全データ派。座右の銘は「トリガミでも勝ちは勝ち」。

【阪神ジュベナイルF(G1)予想】永島まなみのG1初騎乗・初制覇にも期待をかけて穴馬をチョイスのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か