GJ > 競馬ニュース > ヤマニンウルスだけではない!? ダート路線に相次いで「新星」登場…古豪の引退で混迷極めるダート路線
NEW

ヤマニンウルスだけではない!? ダート路線に相次いで「新星」登場…古豪の引退で混迷極めるダート路線

ヤマニンウルスだけではない!? ダート路線に相次いで「新星」登場…古豪の引退で混迷極めるダート路線の画像1

 17日に開催された2歳マイル王決定戦・朝日杯フューチュリティS(G1)は、1番人気ジャンタルマンタルが優勝。前走のデイリー杯2歳S(G2)を制した勢いのまま、G1制覇となった。

 2着には武豊騎手騎乗の素質馬・エコロヴァルツが入った。復帰初週の武豊騎手だったが、復調を感じさせる好騎乗だった。

武豊騎手が復帰早々に好騎乗を見せた日に素質馬が快勝

 そんな中、朝日杯FSが行われた同日の最終レースに楽しみな馬が出走していた。それが12R・御影S(3勝クラス)を優勝したエンペラーワケア(牡3歳、栗東・杉山晴紀厩舎)である。

 同馬は芝1600mの新馬戦でデビューして5着だったが、半兄にダートオープン馬のサンライズラポールがいる血統。ダート替わりでの一変に期待されていただけあって、ダートに転向して5戦4勝。負けた1戦は大きな出遅れがあっての2着ということを考えれば、全く底を見せていない。

 もともと、育成牧場のチャンピオンズファームでは「化け物」と呼ばれていたというだけに、関係者からの期待も集めていた1頭だ。

 このレースでは、11番枠から好スタートを切った後、前半の3Fが33.6秒という決して緩くはないペースの中、4番手でレースを進め、3.1/2馬身差の快勝を見せた。3勝クラスで実績のある古馬を楽に突き放した内容は非凡といえる。

 レース後、騎乗していた川田将雅騎手は「ともにレースをしていたので、能力の高さは見ていました。その通りに良い走りができたのかなと思います」と同馬を絶賛するコメントを残した。

 時期的にも、来年の根岸S(G3)、さらには距離を延長してフェブラリーS(G1)を期待できそうなだけに今後も動向に注目したい。

今年の3歳世代ダート路線は新星が続々登場

 今年のダート路線は、夏から秋にかけて「新星」が相次いで誕生した印象が目立つ。

 春の実績馬では、UAEダービー(G2)を制し、ブリーダーズCクラシック(G1)で2着に好走したデルマソトガケや、UAEダービーでの2着や、先日のチャンピオンズC(G1)で3着に好走したドゥラエレーデなどが強豪古馬相手に顕著な活躍を示していた。

 さらに夏以降、オーサムリザルトやヤマニンウルス、サーマルソアリングなど、連勝街道を突き進む期待の3歳馬の登場が多く見られた。

 今年の秋には、「古豪」の引退も多くあった。フェブラリーSを連覇したカフェファラオや、G1を3勝したテーオーケインズなど、長く一線級で走ってきた古馬の引退もあった。

 古馬が強いと言われているダート路線だが、来たる「世代交代」から目が離せない。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

ヤマニンウルスだけではない!? ダート路線に相次いで「新星」登場…古豪の引退で混迷極めるダート路線のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  4. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  5. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  8. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  9. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  10. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野