GJ > 競馬ニュース > 武豊「一番強い」友道康夫師「とても気分が良さそう」の裏で自身は低空飛行…ドウデュース復活に貢献した戸崎圭太に同情の声?【有馬記念】
NEW

武豊「一番強い」友道康夫師「とても気分が良さそう」の裏で自身は低空飛行…ドウデュース復活に貢献した戸崎圭太に同情の声?【有馬記念】

【この記事のキーワード】, ,
武豊「一番強い」友道康夫師「とても気分が良さそう」の裏で自身は低空飛行…ドウデュース復活に貢献した戸崎圭太に同情の声?【有馬記念】の画像1
ドウデュース 撮影:Ruriko.I

 競馬ファンのみならず、普段は競馬をやらない層も注目した有馬記念(G1)だが、今年のグランプリを制したのは、武豊騎手とドウデュース(牡4、栗東・友道康夫厩舎)のコンビだった。

 秋の復帰戦となった天皇賞・秋(G1)で7着、2戦目のジャパンC(G1)でも4着に敗れ、一部では燃え尽きてしまったのかと心配する声すら出ていたが、暮れの大一番で見事な復活勝利を演じたあたりは、「さすがレジェンド」「それでこそドウデュース」といった称賛の声が相次いだ理由だろう。

 レース後のコメントでも、天皇賞当日に発生した想定外の負傷で戦列離脱を余儀なくされていた武豊騎手が、「ドウデュースが一番強いと思って乗りました」と振り返れば、管理する友道調教師からも「武豊騎手が乗っている時はとても気分が良さそうで、1週前追い切りにも乗ってくれて、動きが変わっていきました」と、ベストパートナーの復帰に喜びを見せていた。

ドウデュースの復活に貢献した戸崎圭太騎手の存在

武豊「一番強い」友道康夫師「とても気分が良さそう」の裏で自身は低空飛行…ドウデュース復活に貢献した戸崎圭太に同情の声?【有馬記念】の画像2
戸崎圭太騎手 撮影:Ruriko.I

 その一方で、主戦を欠いた秋2戦のドウデュースに代役として騎乗していた戸崎圭太騎手の存在も功労者として思い出しておきたい。

 結果的には凡走してしまったとはいえ、休み明けを2度使われたことでドウデュースの状態も着実にアップ。騎乗したレースでアクシデントやトラブルもなく、レジェンドにバトンを渡すことに成功した。武豊騎手が見事なエスコートでドウデュースを勝利へと導いたことは確かだが、戸崎騎手も「チームドウデュース」の一員として役割を果たしたはずである。

「レース後はいつもと変わらない感じで、豊さんやドウデュースの関係者に祝福の言葉を送っていましたが、内心は少々複雑な気持ちだったかもしれませんね。最終追い切りでドウデュースが格下の馬を相手に併せ馬で遅れるなど、まだ本調子ではないのではと疑う声も出ていました。

そういったこともあってか最終的にも2番人気。ところが、終わってみれば完勝だった訳ですから、豊さんへの乗り替わりが最大の勝因と考えるファンも少なくなかったと思います。ネットの掲示板やSNSでは、戸崎騎手も頑張っていたという意見もあれば、有馬記念に戸崎騎手が乗っていたら勝てなかったかもしれないという意見も見掛けました」(競馬記者)

自身はG1の裏開催で低空飛行が続いた

 こればかりは実際に騎乗していないのだから、どうなったのかは分からないものの、最近の戸崎騎手が好調と言い難かったのも確かである。

 秋G1で騎乗したのは、スプリンターズSのピクシーナイト、代打騎乗のドウデュース(天皇賞・秋&ジャパンC)、ライラック(エリザベス女王杯&有馬記念)の5回。クラシックや2歳G1にも騎乗することなく、ほぼ徹底して裏開催に腰を据えていた。

 トップクラスのジョッキーがG1で不在ということもあり、戸崎騎手クラスなら騎乗馬の質も自然と高くなるはず。ここで存在感を発揮しておきたいところなのだが、固め打ちはほとんど見られず、先週の段階で12月中山も5勝止まりの低空飛行。積極的にG1開催のある他場で騎乗していた横山武史騎手の勝ち数を下回っている。直近で重賞を勝ったのも8月新潟の関屋記念(G3)が最後だった。

「上位人気馬に騎乗する機会が多く、当然ながらコメントも求められる立場ですが、最近は一言二言の素っ気ないケースも増えてきたようです。突っ込んだ質問をしてきた記者にはノーコメントを貫くことも……。一部の記者からは、川田騎手に少し似てきたという話も出ていたみたいですよ」(別の記者)

 昨年は全国リーディングのタイトルを獲得した川田将雅騎手を押しのけて「MVJ」に輝いた戸崎騎手。以前騎乗したことのある馬が後のG1馬となるなど、今年は何かとツキに見放されていた印象も残る。来年は心機一転して巻き返しに期待したいところだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊「一番強い」友道康夫師「とても気分が良さそう」の裏で自身は低空飛行…ドウデュース復活に貢献した戸崎圭太に同情の声?【有馬記念】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か