GJ > 競馬ニュース > 充実一途の坂井瑠星「4勝」爆発で開幕ダッシュに成功! レモンポップ&フォーエバーヤングで見据える世界獲り
NEW

充実一途の坂井瑠星「1日4勝」で開幕ダッシュに成功! レモンポップ&フォーエバーヤングで見据える2024年世界獲り

【この記事のキーワード】, ,
充実一途の坂井瑠星「1日4勝」で開幕ダッシュに成功! レモンポップ&フォーエバーヤングで見据える2024年世界獲りの画像1
坂井瑠星騎手 撮影:Ruriko.I

若きリーディング候補の坂井瑠星騎手が開幕ダッシュに成功

 6日、京都競馬場で行われた6R・3歳1勝クラスは、1番人気のピューロマジック(牝3歳、栗東・安田隆行厩舎)が勝利。前走はゴール前でアタマ差競り負ける惜しい内容だったが、今回はその鬱憤を晴らすかのように鮮やかに逃げ切り、単勝1.3倍に応えた。

「このクラスではスピードが違うと思っていました。順当勝ちだと思います」

 またまた、坂井瑠星騎手だ。2024年の競馬開幕日となったこの日、1Rをいきなり勝利して“開幕ダッシュ”を成功させた坂井騎手だったが、その勢いのまま3、4Rを連勝。このピューロマジックとの勝利で、早くも今年4勝目となった。

「初日から積極的に前に行く競馬がハマっている印象ですね。昨年、キャリアハイの107勝を挙げ、自身初の100勝超えを果たした坂井騎手ですが、今年はいよいよリーディング争いに食い込んでくるかもしれません。

1Rを勝った際には、先日の能登半島地震を受けて『当たり前に競馬ができていることに感謝しながら、1鞍1鞍頑張っていけたら』とコメントするなど、もうすでにトップジョッキーの自覚は十分。今年最も楽しみな若手騎手の1人でしょうね」(競馬記者)

勝ち星だけでなく「内容」も充実

 昨年は勝ち星も然ることながら、レモンポップとのコンビでフェブラリーS(G1)とチャンピオンズC(G1)を勝利するダートG1統一制覇を達成。他にもレモンポップと南部杯(G1)、フォーエバーヤングと全日本2歳優駿(G1)を勝利するなど、内容面でも充実した1年を送った。

充実一途の坂井瑠星「1日4勝」で開幕ダッシュに成功! レモンポップ&フォーエバーヤングで見据える2024年世界獲りの画像2
昨年、坂井騎手と統一ダート王に君臨したレモンポップ 撮影:Ruriko.I

 また、坂井騎手といえば師匠の矢作芳人調教師の方針もあって、積極的な海外遠征が目立つことでも知られている。若手騎手の中では群を抜いた海外経験を誇り、昨年もサウジアラビアで1351ターフスプリント(G3)を勝利しただけでなく、ドバイ、アメリカ、韓国、オーストラリアと世界を巡った。

「昨年のリーディングがC.ルメール騎手の165勝なので、数字的にはまだまだ差があると思いますが、坂井騎手の場合、あれだけ積極的に海外で騎乗しての107勝ですから上積みは十分。真面目な性格で、ずっと競馬のことを考えていられるタイプなので今年、もう一段上に上がればリーディングも見えてくると思います」(別の記者)

 この日、ルメール騎手は騎乗せず、昨年のリーディング2位の川田将雅騎手も未勝利に終わった。無論、たった1日かもしれないが4勝は堂々のリーディングトップだ。昨年の大きな手応えを糧に、デビュー9年目の今年は、坂井騎手にとって、さらに大きく飛躍する1年になるかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

充実一途の坂井瑠星「1日4勝」で開幕ダッシュに成功! レモンポップ&フォーエバーヤングで見据える2024年世界獲りのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  4. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  5. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」