GJ > 競馬ニュース > まだまだ「見限れない」ミックファイアに新たな選択肢、前走大敗からのリベンジマッチは国内か海外か…注目集まる無敗の三冠馬の次走
NEW

まだまだ「見限れない」ミックファイアに新たな選択肢、前走大敗からのリベンジマッチは国内か海外か…注目集まる無敗の三冠馬の次走

まだまだ「見限れない」ミックファイアに新たな選択肢、前走大敗からのリベンジマッチは国内か海外か…注目集まる無敗の三冠馬の次走の画像1

 地方重賞の羽田盃と東京ダービーが今年からG1に昇格し、中央との交流レースになる「3歳ダート三冠」へと生まれ変わった。旧体系での三冠は昨年がラストイヤーだったのだが、これをデビューから無敗で三冠を達成したのがミックファイア(牡4歳、大井・渡辺和雄厩舎)だ。

 三冠レースはいずれも圧勝を収め、地方の同世代では敵なしと言える強さを見せた同馬。年末は東京大賞典(G1)で初の古馬戦に挑み、中央所属のG1馬ウシュバテソーロ、キングズソードに続く3番人気に推された。

 しかし、レース前からイレ込みが見えた影響か、スタートで出遅れて中団を追走し、最後は7着のテンカハルからも7馬身離された8着で入線。先行して速い上がりを使う、らしさの見られない内容だった。

 レース後、鞍上の御神本訓史騎手は「状態が戻っていても、もうちょっと差は詰められたかなあ」と、パートナーの体調面を気にするコメント。確かに最終直線では余力のない状態で無理をさせたくなかったのか、鞭をほぼ使わないままゴールしている。

 とはいえ、この凡走はある程度仕方のなかったことかもしれない。というのも2走前に盛岡のダービーグランプリを勝利したが、御神本騎手も「危なかった」と振り返る辛勝。三冠でミックファイアが問題にしなかったヒーローコールに全敗中のマンダリンヒーロー相手に1馬身半差しか離せない姿に不安を感じられたからである。その後も予定していたJBCクラシック(G1)やチャンピオンズC(G1)を見送ったが、陣営としてもまだ本調子にないという見立てだったのかもしれない。

 デビューから激闘を続けた疲れが残っていた結果、本来のパフォーマンスを発揮できなかった可能性も捨て切れない。そんな状況での東京大賞典出走だっただけに、一度の敗戦だけでミックファイアの評価を下げてしまうのはまだ早いともいえる。

ミックファイアの気になる今年初戦は

 そういう意味でも復帰戦のミックファイアの巻き返しに期待したいところだが、次走の候補として名前の挙がったレースは、来月18日のフェブラリーS(G1)と24日のサウジC(G1)となりそうな雰囲気だ。

 世界最高の1着賞金・約13億円を誇るサウジCには、ダート路線の“2強”と言えるレモンポップとウシュバテソーロが参戦を表明。他にもウィルソンテソーロやドゥラエレーデなど、東京大賞典で差をつけられたメンバーも登録している。彼らが参戦するなら、前走のリベンジには絶好の機会だろう。

 ただ、名より実を取るならフェブラリーSの方が相手関係は遥かに楽になる可能性が高そうだ。まずはここで復活の狼煙を上げて、前走の汚名を返上してからライバルたちに挑戦するという手もある。

 海外でさらなる高みを目指すか、国内で堅実に戦うか。未来あるミックファイアはどの道を進むのか、陣営の決断に注目したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

まだまだ「見限れない」ミックファイアに新たな選択肢、前走大敗からのリベンジマッチは国内か海外か…注目集まる無敗の三冠馬の次走のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」