GJ > 競馬ニュース > 「当たりハズレ」が徐々に判明しつつある外国人騎手たち…押し付けられた現場からは悲鳴も…ついには「モレイラやムーアとは違う」と嘆き節
NEW

「当たりハズレ」が徐々に判明しつつある外国人騎手たち…押し付けられた現場からは悲鳴も…ついには「モレイラやムーアとは違う」と嘆き節

「当たりハズレ」が徐々に判明しつつある外国人騎手たち…押し付けられた現場からは悲鳴も…ついには「モレイラやムーアとは違う」と嘆き節の画像1
撮影:Ruriko.I

 年始から何かと話題になっている5人の外国人騎手たち。現在騎乗しているA.ルメートルL.モリス、R.キングスコート、R.ピーヒュレク、R.キングら5人の外国人騎手の全員がG1ジョッキーの肩書を持っている。短期免許で日本に来日するからには、それなりの実績を残している腕利きであることは間違いない。

 しかし、異国の地で結果を残すためには、いち早く現地のコースやレースの進め方に順応する必要があることも確かである。

 自国で好成績を残していたとしても、日本の競馬においてもそのまま信用していいのかとなると話は別だ。結果を残すためには、日本特有の馬場や道中の駆け引きの特徴を掴まなければならないだろう。騎乗馬の質に多少の差があるとはいえ、今年の開催で終了した5日間という短い期間でも、それぞれの成績に差が出始めている。

ルメートル騎手とキング騎手が存在感を発揮したが……

 現時点で頭一つ抜け出したのは、【4.3.4.30/41】のルメートル騎手と【3.1.7.14/25】のキング騎手の2人。前者はC.ルメール騎手と同じフランス出身の上に名前も似ていることから、ネットの掲示板やSNSなどで“偽ルメール”と茶化す声も出ていたのだが、人気馬でも穴馬でもコンスタントに好走しているため、「乗れる外国人騎手」としての注目も集まり始めた。

 また、キング騎手も積極的に狙ってみたい手腕の持ち主だ。3勝の内訳は1番人気と2番人気ながら、7~9番人気で3着に3度、二桁人気の大穴でも侮れない。8日の中山メイン・カーバンクルS(OP)では、15番人気アビッグチアを3着に導き、3連単の払戻が約48万馬券となる波乱に一役買った。JRAの女性騎手と違って斤量が減量される恩恵がない中での好成績なのだから、性別を越えたその実力は折り紙付きだ。

 そんな2人とは対照的に残り3人の外国人騎手は、まだ日本の競馬を手の内に入れられていない様子。先週の開催でようやく初勝利を挙げたピーヒュレク騎手だが、レース後のインタビューに最初はルメール騎手しか祝福の場に駆け付けていなかったらしい。

 最終レースでの勝利だったこともあり、既に現場を後にしていた騎手もいたと思われるが、なんとか嶋田純次騎手や石川裕紀人騎手、岩田望来騎手らが加わったことで取り繕えたという。

日本の競馬になじめなかった外国人騎手に現場では辛辣な声も?

「彼に対する日本人騎手の反応がよく分かる場面でしたね。実際、未だにピーヒュレク騎手とキングスコート騎手の区別がついていないジョッキーも多いです。

レース中はライバルとなる彼らだが、まだまだクセの強い中山の小回りに苦戦しているようで、他の騎手から『とにかく乗り方が雑』『隊列の決まったところで無駄に動く』『上手い外国人騎手ならすぐにアジャストしてくれるのに』といった厳しい声も出ているみたいですよ。

挙句には『カタカナなら誰でも上手いと思っている馬主もいるんじゃないか』という愚痴もこぼしていました」(競馬記者)

 そんな中、日曜中山4Rの3歳新馬戦で、ひと悶着あったようだ。

 このレースでは、先行争いの収まった3番手で落ち着こうとしたセイウンパイオニアだったが、1コーナー過ぎにヴァイザーブリックが内から馬体をぶつけながら入るシーン。隊列が決まった後の動くタイミングではなかったはずだが、砂を被るのを避けたのか抑えられなかったのか分からない強引な進路取りだった。

 さらには最終コーナーを綺麗に曲がれないまま、外を並走していたセイウンパイオニアとラフォンターナを外に弾き飛ばす始末。それぞれ4着、5着、6着に敗れたが、スムーズなら3着はあったかもしれないと思える不利だった。

「これにはセイウンパイオニアに騎乗していた江田照男騎手も『あんなことをされたら競馬にならない』と憤慨していたとのこと。当事者のキングスコート騎手は、土曜中山で1番人気ダノンティンパニーに騎乗していましたが、スタートで出遅れただけでなく直線で前が詰まって馬券圏外に飛ばしたばかり。劇的な改善でも見られない限り、このまま鳴かず飛ばずということもありそうです」(同)

 また、外国人騎手の騎乗で頭を抱えているのは、彼らに騎乗馬を用意する調教師や厩舎関係者も同じという話だ。

「各人には身元引受調教師がいるものの、言ってしまえばノーザンファームによる鶴の一声で決められただけともっぱらの噂。J.モレイラ騎手やR.ムーア騎手、W.ビュイック騎手など、既に日本で実績のある超一流の騎手なら喜んで受け入れますが、今回のような未知数の外国人だと扱いに困ってしまうという悲鳴も聞かれました」(別の記者)

 ルメートル騎手とキング騎手は当たりといってよさそうだが、残りの騎手は今のところ“ハズレ枠”の評価が濃厚。各陣営としても引き受けた以上は最低限の騎乗馬は用意しなければならないし、かといって期待している馬で中途半端に乗られても困ると頭を抱えているらしい。

 ところが、残された短期免許の期間はまだ1ヶ月以上。関係者の嘆き節は、もうしばらく続くことになりそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「当たりハズレ」が徐々に判明しつつある外国人騎手たち…押し付けられた現場からは悲鳴も…ついには「モレイラやムーアとは違う」と嘆き節のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」